優良なアンテナ工事業者の選び方

業者選択

こんな業者に要注意!悪質業者の見分け方

ほとんどのアンテナ工事業者は良心的な営業を心がけていますが、なかには利益最優先の悪徳業者も存在します。見分け方としてもっともわかりやすいポイントは、現地調査をきちんと行うかどうか、です。アンテナ工事の場合は通常、周辺の電波状況をチェックするために事前に現地調査を行います。ただ悪質な業者の場合、電話やネットで大まかな依頼内容を聞いただけで見積もりを出し、実際の工事に入ろうとします。これは利益が得られない事前の現地調査という工程を省く目的と同時に、工事がキャンセルになるリスクを回避する意味も含まれています。仮に現地調査で電波の不具合が見つかった場合、アンテナ工事そのものが行えないケースがあります。業者にとっては痛手なわけで、そのリスクを避けるためにも早い段階で契約させようとするのです。現地調査はアンテナ工事の基本です。原則をおろそかにするような業者に安全な施工はできません。東京近郊のいくつかの悪質業者はネット上で実名をさらされているので、こまめに情報をチェックして優良な業者を見つけましょう。

グレーゾーン業者に要注意!

悪質さを前面に出してくるアンテナ工事業者は、実はそう多くはありません。はっきり悪質とは言えないけれど、何となくあやしいような気がする。そんなグレーゾーン業者が何割かを占めていて、実際にトラブルを起こしているのです。いくつかの施工業者をピックアップしたら、必ず連絡先の電話番号をチェックしましょう。携帯電話を連絡用に使っている業者は要注意です。この手の業者は音信不通になる可能性が高く、トラブル発生時の対応も行わない場合があります。固定電話の番号であっても留守がちであったり、すぐに携帯電話へ転送されたりする場合は架空のオフィスであることが考えられるので注意が必要です。バーチャルオフィスが増えている東京ではとくに最近、携帯電話だけで営業を行う施工業者が増えています。

理想の施工業者に出会うには

東京近郊だけでも、何十というアンテナ工事業者が営業しています。そのなかで本当に良心的な信頼できる施工業者を探すにはどうすれば良いのでしょうか。一番の近道は、自分自身がとにかく勉強することです。悪質業者は知識のない素人の足もとを見て、法外な工事料金や不必要な追加工事を要求しています。また、まっとうな業者にとっても、知識豊富で話の通じる賢い顧客は大歓迎で、作業が進めやすいものです。アンテナ工事は理系の知識も必要で、女性やお年寄りには少しとっつきにくいかもしれませんが、せめて、今の状況でどの工事が必要かをはっきり見分けられるようにしておきましょう。必要な工事と不要な工事を区別できれば、悪徳業者の言いなりになって必要以上の工事料金を支払うこともありません。まずは、賢い消費者になることを心がけましょう。