東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

念願の新築!アンテナ工事やケーブルの準備は済みましたか?

新築だと全てが準備されていると思いがちですが、実はアンテナがないことが常識です。そのため、新築の場合、アンテナ設置の準備を整えておくのが必須となります。

立地の環境を踏まえて業者選択は完了させ、入居時には直ぐに地デジが見られるようにしておくのが一番良いのではと思います。

その際、建物がある地元の工事業者を選定することも大事な条件になってきます。


新築建設の際忘れがちなアンテナ工事

新築建設だと基本的にテレビを視聴する環境がないのが一般的です。新築であれば事前にテレビが視聴できる環境がどのような状態であるかは確認しておく必要があります。

例えば、アンテナ設置はないのですが、住宅内のケーブル配線などは完了していて、アンテナの設置と接続で可能になる場合やアンテナ設置からケーブル引き込み、壁への端子の設置まで行わないと視聴できない場合などがあります。地域的にケーブルテレビが引かれている場合もあり、新築の場合は事前に確認をして置く必要があります。

新築はテレビ視聴環境がないという認識をもっていただければと思います。後は、引っ越して住むまでにアンテナ設置を完了させておくのか、住んでから設置をするのかの選択になります。最善なのは、引っ越す前の家具などがない状態で設置工事をしておいた方が工事もスムーズになります。

また、ケーブルテレビから地デジ視聴をする選択だとアンテナ設置は必要なくなります。

集合住宅やマンションは概ねケーブルテレビによる地デジ視聴が一般的です。


アンテナ設置に必要な部材はどれ?

アンテナを設置する場合にどのような部材が必要になるかを考えてみましょう。インターネットで検索しても確認はできます。先ず、一番の主役は、アンテナになります。電波状態や設置場所を考慮して選択します。

次に、一つの部屋だけに引き込むことはないと思いますので、ケーブルを分岐させるための「分配器」は必須でしょう。また、分配することで受信した信号の減衰がおこるので、ブースター装置を設置して分配による出力低下を避けます。

ケーブル(3C-FBなど)も必須ですがデジタル放送用など、高品質で信号の減衰しずらいものを使用します。もしBSデジタルなども同時に視聴を考えると、地デジ用とBS用の信号を混合器で混ぜて一本の線にして、末端で分波器で信号を分けて、テレビなどの個別端子に接続します。

アンテナ自体を固定するポールやスチール線など固定に必要な部材が必要になります。


業者ですべての部材が用意可能!

アンテナ設置業者へ依頼すれば、必要な部材は全て準備をしてくれて設置となりますので、特にご自身が何かを準備する必要はありません。

工事業者は、設置前、見積段階でアンテナ以外にどの程度の部材が必要かを割り出しますので、個人で何か準備をするようなことはなく、全てをお任せすれば必要部材は揃えてくれます。

設置を依頼してお任せするだけで良いことになります。ご自身は費用を出すだけと言う事です。一つ、ポイントになってくるとすれば、新設ではなく交換などの場合は、既存のものを流用したりできると、費用面では軽減される場合もあるでしょう。

とにかくアンテナ工事に必要なものは全て任せられるので、視聴が可能になるのを待つだけです。


まとめ

地デジのアンテナ設置を依頼して視聴可能にする場合は、特に個人で何かを準備する必要はありません。

設置で必要な部材で、これを使って欲しいと思わなければ、何かをする必要がないので安心です。また、使用する部材の代理店をしていたりすると、工事費が減額されたりプラス面もあります。

見積時に使用される部材なども確認できると思いますので、特にケーブル類やブースターの有無、種類や品質は確認しておいておくと良いでしょう。