東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

地デジアンテナのケーブルにはどれくらいの種類があるのか

量販店やネットで、アンテナケーブルについて調べると、いくつかの種類があります。詳細を確認すると3C-2V、 5C-HFといった暗号の様な表記がケーブル自体に印字されているのですが、何を表しているのでしょうか。仮に、自身で設置するとなった場合、そのグレードや種類に気をつける必要がありますが、一般家庭で地デジアンテナ工事をするには、どのグレードやタイプを選べば無難、トラブルを回避出来るか確認しています。また注意事項も合わせて紹介したいと思います。


ケーブルにも色々な種類があります

地デジアンテナを設置する際、いくつかのケーブルがある事が分かります。差込口が違うものや、二股になっているものと実に様々です。家庭用として使う場合はどの種類が良いのでしょうか?ではまずタイプ別に紹介していきたいと思います。まずS-5CFBが最も一般的な製品です。これは地デジはもちろんですが、BS、CS、更には光通信のテレビにまで対応しているものなので、幅広く利用されているようです続いては3CFV。この型番は地デジに特化したものですので、衛星放送は視聴出来ません。しかし比較的安価な金額で購入出来るので、衛星放送を見ないという場合はお勧めの製品となります。300オームフィーダー線と言う二股に分かれた製品もあります。この製品は地デジに対応しているのですが、外部から阻害となるノイズを拾いやすいので現在はあまり使われていません。他にも200オームフィーダー線といったものもありますが、ポピュラーなのはS-4CFB、3CFVでしょう。


グレードを確認して快適にテレビを見よう

ケーブルと言えど、様々なタイプや種類があるので購入する際には気をつけて頂ければと思います。ちなみにこれらの製品には、グレードがある事は知っていますか?電波や信号と言うものはどうしても外的要因を受けやすいです。従って、グレードを間違えると、いくら地デジアンテナを設置してもうまく視聴出来ない可能性があります。その場所にあったグレードのケーブルを使う事で、快適にテレビ視聴が出来るのです。ちなみにグレードは2.5C-2Vが一番低いのですが、これはVHF用なので今は使われていません。3C-FVだと32dB、S-4C-FBだと24dBの損失となります。この場合100m辺りの損失を現しており、数値が低い程性能が良い事になります。最高級のグレードになると100m辺り6dBしか損失しないと言うものも存在します。これらをうまく組みあせて使えば、電波が微弱な地域でも視聴出来る事もあるでしょう。ちなみに5C-FV〜S-4C-FB辺りが一般的なケーブルのようです


購入する際の問題点や気をつけるべきポイント

意外と種類やタイプ、そしてグレードが豊富な地デジアンテナのケーブルですが、購入する際に気をつけるべき点はあるのでしょうか。ここまで確認した情報によると、グレードが高いものが良いと思いがちです。しかし、同軸線に関してはグレード高くなると、比例して太くなります。しかも地デジアンテナ工事の際には、一定の長さも必要になりますのでかなりの重さになる事が考えられます。その重さに合った固定方法をしなければなりません。またアンテナへ接続する際に、うまく接続、設置しなければケーブルの重さで、アンテナが傾く事もあるので一概にグレード高ければ良いというものでもありません。そうなると一般家庭で使用するのなら4C〜5C辺りが良いでしょう。3Cを使うケースもありますが、短いのでテレビと他の機器を配線する時であったり、分配器への配線へ使うのが主です。7C辺りになると集合住宅向けとなるので、その点に注意しながら購入して頂ければと思います。