東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

地デジアンテナ調整の費用を押さえるテクニックとは?

屋根に上って地デジアンテナを動かして調整しテレビで確認をする、この一連の動作は自分でするには場所によっては危険を伴うし、限界があります。業者へ頼むのは簡単ですが、費用がどの程度かかるのか心配です。テレビで映りを確認しながらの作業なので一人では時間も手間もかかります。

そこで、頼む前に具体的な地デジアンテナの調整方法を事前に調べて、自分でできることはあるのか、費用が安くなる方法があるのか見ていきたいと思います。


地デジアンテナの調整って何を調整するの?

テレビを試聴するうえで、画質を左右するのは電波の受信レベルです。費用を抑えるためには、調べられる範囲で電波の状況を知ることです。住んでいる地域がどの電界地域になっているのか、中継局の場所を知らないと調整は難しいのです。

しかし、近所を見渡すと地デジアンテナの向きをある程度知ることができます。また、周辺に電波を遮るものがないか確認しましょう。向きが定まっていない地域は、反射波などを利用していることがあるので注意が必要です。

受信レベルを上げるには、高さと方向がとても大事なのです。現地調査後に、その家に最適な地デジアンテナの高さと向きが決まります。実際にテレビで各チャンネルの受信レベルを確認しながら調整していきます。外と室内の両方で作業を進めます。費用を抑えるといっても、最低限の調査は必要だということが分かります。


調整するために業者がやるべき作業の内容

調整のためといえ、地デジアンテナの向きだけに注目するのはいい方法とは言えません。周辺の環境は常に変わっていて、電波も環境に合わせて変動しています。業者へせっかく費用を出してお願いをするのですから、専用の機械を使ってより正確な電波の測定をして受信状況を教えてもらいましょう。受信の状況が把握できれば、次の方法がその場で判断できます。

高さと向きのほかに、テレビの受信レベルを見ます。どのチャンネルも均一に電波を受信しているか、偏りがないかチェックします。家のすべてのテレビで確認し、分配器やブースターがあれば調子を見ます。業者へ頼めば、屋根の上や外壁へ設置した地デジアンテナだけではなく部屋の引き込み線の状態や機器に不具合がないか、日ごろ見えない部分のチェックと調整をしてくれるはずです。

費用は数千円から、その程度に応じてかかりますが、むやみに部品を取り換えるよりも安くできます。


費用を押さえられるポイント

業者へ頼む費用を安くしたい!と思うなら、前もってテレビの状態を自分でチェックできるところはしておきましょう。今はインターネットで住んでいる地域の中継局の検索や電界地域を調べることができますので方向と地域を把握します。地デジアンテナの調整の前に受信設定が間違っていないか、端子が外れたり壊れていないかを確認しておきます。

例として掃除の際に引っ掛けてしまい気付かずにいたとか、いつの間にか不具合につながっていることがあるのです。大抵はちょっとしたことが原因でテレビの映りが悪くなることが多く、滅多に触らない場所でも確認をしておくと安心です。

近所に建物が建ったとか、周辺の環境が変わったことや台風が来たこと、天気が悪い時に電波の受信が安定しないなど、どのような状態になるのかを業者へ話すと解決の近道になります。地デジアンテナの調整の前に、費用をかけたくないなら事前に出来るセルフチェックをお勧めいたします。


まとめ

住んでいる地域の電波状況を知ることで賢く費用を節約。何も知らずに業者へ頼んで後悔する前に、出来る範囲でチェックをしましょう。地デジアンテナのしくみや予備知識があると、安心して調整作業を見守ることができます。業者を呼ぶ前に自分で解決することもあるのです。

地デジアンテナや見えない機器の調整は、専門の業者にお任せ。費用に見合った作業なのかどうかを見極めて快適な地デジ環境を手に入れましょう。