【2017年最新版】デザインアンテナの種類について

地デジアンテナには、主に2種類あります。昔からよく見かける魚の骨のような形をした八木式アンテナと、デザインアンテナと呼ばれるものです。デザインアンテナは家の外観を損なわずに設置でき、アンテナ自体もスタイリッシュでおしゃれなものが多くなっています。平面アンテナ、壁面アンテナ、フラットアンテナと呼ばれることもあります。最新のデザインアンテナの種類や機能についてまとめてみました。

デザインアンテナの種類はどんなものがある?

昔からよく見かける魚の骨のような形をしたアンテナ。八木式と呼ばれるものですが、最近では、デザインアンテナが人気です。八木式アンテナと同様に、地デジ用のテレビアンテナですが、目立たずスタイリッシュでおしゃれなものも多く、家の外観を損ねないということで人気が高まっています。その形状から、平面アンテナ、壁面アンテナ、フラットアンテナとも呼ばれます。

従来の八木式アンテナは、屋根の上に設置しますが、デザインアンテナは壁面やベランダ、屋根裏、BS・CSアンテナのマストなどに取り付けられるものもあります。八木式アンテナに比べ、設置面のスペースも大幅に縮小できるのも嬉しいポイントですね。それぞれのタイプを詳しく見ていきましょう。

まず、一番多いのが壁面に設置するタイプ。ビスで固定するので、工事終了後、アンテナは家の一部となり、強度も非常に高くなります。次に、ベランダに設置するタイプ。こちらは専用の金具で手すりに固定しますので、ベランダの手すりの強度が重要になってきます。また、設置場所がひくくなるので、電波の強度にも注意が必要です。次は、屋根裏に設置するタイプ。屋内に設置するので、電波の状況など、条件が合えば可能です。外観にまったく影響を及ぼさないので、人気のある施工です。

さらに、BS・CSアンテナのマストに設置するタイプ。屋根の上にも設置できます。その他、自立柱がある住宅の場合、自立柱に設置することもできます。デザインアンテナの形状も様々で、設置を希望する場所によって、適切なデザインや形状がありますので併せて検討してみましょう。最近では、住宅の外観に合わせてカラーが選べるものも出ています。用途に合わせて選びましょう。

デザインアンテナの機能やメリット・デメリット

デザインアンテナにはいろいろな種類があることがわかりましたが、ではその機能、メリットやデメリットは何なのか考えてみましょう。デザインアンテナの最大のメリット。それはやはり、屋根に設置するタイプに比べて、外観がすっきりするということです。モダンでスタイリッシュな住宅にもなじみ、目立たない形状は、近年とても人気があります。また、デザインアンテナにすることで屋根の上の不安がなくなったという声も上がっているようです。

屋根の上に設置した場合、風雪の影響を受けたり、カラスなどの鳥の害を被ったりすることもあるようです。デザインアンテナならば、屋根の下の壁に取り付けることができるので、これらの心配がなくなります。そして、設置場所が屋根の上ほど高い場所ではないため、取り付けや修理がしやすいのもメリットです。

それでは、デザインアンテナのデメリットはどのようなものでしょうか。まず、費用。デザインアンテナの価格は、八木式アンテナよりも高くなります。また、デザインアンテナの設置場所は、壁面やベランダなどが多いのですが、屋根の上よりも低い位置への設置となるため、電波の感度が弱まります。強度が足りない場合は、ブースターを追加して対応することができます。

以上のようにデメリットもありますが、デザインアンテナの持つ魅力やメリットはそれ以上のものになります。「見た目」というのは、思っている以上に大きな影響があるものです。地域協定により、屋根の上へのアンテナ設置NGの地域、いわゆる全国の景観指定地区でも、デザインアンテナなら認可するという地区も増えているそうです。それ以外の地域でも、八木式アンテナからデザインアンテナへ移行する方も増えています。

いくらくらいの価格のデザインアンテナを設置すべきか

現在、様々なメーカーがデザインアンテナを出しており、それぞれに形状や特徴が異なります。サイズもまちまちですし設置場所によって適切なものとそうでないものとがあります。また、利得と言われる、電波を受信する効率の良し悪しを判断するための基準となる数値の表記もきになるところです。この数値は大きければ大きいほど、弱い電波でもキャッチできるのですが、大きければいいというものでもありません。設置する地域ではどのくらいの数値が適切なのか、業者などに相談してみましょう。

また、見積もりを出してもらうときに、お勧めのものを教えてくれるはずです。種類がいろいろあるデザインアンテナ。前述のとおり、八木式アンテナよりも高額になります。八木式アンテナが概ね10,000円から20,000円未満で購入できるのに対し、デザインアンテナは安いモノでも28,000円ほど。高額になると53,000円ほどになるものもあります。一般的には、30,000前後のものが多いようです。業者に工事を依頼される場合には、購入金額にさらに工事費が上乗せされるので、その点も考慮する必要があります。

また、デザインアンテナの場合、壁などへの設置が多く、取り付け作業も簡単なので、ご自分で取り付けされる方も多いようです。この場合、工事費は節約できますから、本体の購入代金のみで設置ができることになります。

ただ、デメリットの所でもお伝えしましたが、デザインアンテナは低い場所への設置となるため、電波状況が悪くなる場合があります。その際には、電波を増幅させるブースターの設置も必要となります。こちらのも購入金額が発生しますので、そちらも合わせた合計金額で考える必要があります。納得のいく金額で設置できるよう、予算も意識しておきましょう。

まとめ

家の外観を損なわず、それがアンテナであることさえも気づかないような、デザインアンテナ。住居の見た目が格段にすっきりとし、それ以外にもたくさんのメリットがあります。設置方法も比較的簡単で、自分で設置する方も多いようです。価格は少し高くなりますが、それを考慮しても余りあるほどの魅力があります。

これから新築の家を購入されるという方、また、屋根上タイプのアンテナから変えようかなと検討されている方は、デザインアンテナもひとつの選択肢として加えてみてはいかがでしょうか。