東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

テレビアンテナは正しい方角で置かないと損をする?

新築物件では最初からテレビアンテナが付いていません。そのため、施工している建築会社や工務店などにお願いするか、後から自分の気に入った物を付ける事になります。ですが、きれいに取り付けたとしても方角が悪ければ映らないことがあります。無駄足にならないためにも、アンテナの方角を把握するにはどうしたらいいのかを紹介していきます。

テレビアンテナには方角が大切

新しいテレビアンテナを購入して設置したけど映らないという人は、方角が悪いのかもしれません。電波の発信所は全国にゆきわたっており、まずは一番近い発信所を見つける事が大切です。東京の電波塔以外にも各地に散らばって立っているので、その方角にテレビアンテナを向ければ電波の受信ができます。山あいの地域などでは山頂に立っている事が多いのでわからない人は近所の方に聞いてみると良いでしょう。また、どこに発信所があるかはインターネットで調べる事ができます。「地デジ 発信所」などで検索すると、お住まいの近くにはどこに発信所があるかが分かります。衛星放送をご覧になりたい人は、場所が異なりますので、契約している衛星放送の会社に連絡してみましょう。

ご近所さんのテレビアンテナの方角を見てみる

テレビは同じ発信所から電波を受けていますので、ご近所付き合いがあまりなくて聞きづらいという方は、周りの家と同じ向きにしてみるというのも一つ手です。ほとんどのお宅が同じ向きになっている場合は、その方角にテレビの発信所があると考えて良いでしょう。地デジのアンテナにはUHFアンテナを使いますが、その向きを見てみると、おおよその方角の見当がつくのではないでしょうか。アンテナを発信所に向けても電波が弱い場合は、ブースターを使う必要があるかと思います。ブースターには屋外型と室内用がありますが、屋外型の方が強力です。ご近所を見てアンテナの下の方に四角いブースターがある場合は、屋外に付ける必要があるかもしれません。その際、別途工事が必要になってきますので、よく考えてから設置しましょう。

テレビアンテナの方角によって利得が違う

発電所から自宅までの間の地形や距離などでも、テレビアンテナの受信強度は変わってきます。間に高い山があったり、高層ビルなどで阻まれている場合は、テレビアンテナの方角を合わせたとしても、うまく地デジの電波を受信する事ができない場合もあります。発電所と発電所の境界に住んでいる人は弱電界地域と呼ばれ、電波が弱くなる場合があります。その際にはテレビアンテナについているギザギザの数が多いアンテナを用いる事で解消できます。ギザギザは素子数と呼ばれ、数が多いほど利得(受信できる幅)が多いとされています。また、発信所から距離が遠いところにお住まいでしたら、利得の多いアンテナを使い、ブースターも付ける必要があるかもしれません。新築物件を購入して、どのテレビアンテナを付けるのかわからないという場合は、まず近くの家を見てみてみましょう。利得の多いアンテナやブースターを使っているようなら同じような環境にしないと、うまく映らないかもしれません。

テレビアンテナを設置するのに適した方角を知りたい場合は、まず発信所の場所をインターネットやスマートフォンアプリなどで確認します。そして、ご近所さんが使っているテレビアンテナやブースターの有無を見ましょう。発信所から近くても、自宅との間に遮蔽物がある場合は、ノイズが入ってしまい見られないチャンネルがあるかもしれません。それを改善するためには利得の高いアンテナを設置したり、ブースターを使ったりするといいでしょう。また、屋外型のブースターは別途工事が必要ですので、付けたいのであればアンテナを立てる際に同時に付けておきましょう。そうすれば後で工事費用がかかる事はないのでお得に設置することができます。