東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

失敗例から学ぶ新築を生かすアンテナ設置方法

アンテナの工事は、新築で家を建てたとき、ほとんどのケースで必要になってきます。アンテナさえ購入すれば、自分で設置できると考える人も中にはいらっしゃいます。しかし、何にも知識がない状態でただアンテナを購入し、設置すると思わぬ事故を招いたり、テレビが映らないなんていうトラブルが起きてしまうこともあります。せっかく新築の家で新たな暮らしをスタートさせるのですから、テレビ環境も快適にしたいですよね。

失敗しないためのアンテナ設置方法とは、一体どのようなものなのでしょうか。


引っ越す前にアンテナ設置を考えよう

アンテナ本体の種類は多様化していますから価格だけをみて飛びつくのは非常に危険です。なぜなら設置する場所によって地デジの電波をきちんと受信できるかどうかが決まってくるため、きちんと検討することが大切です。
その地域が電波の強いエリアなのかどうかは周りの家にすでに設置してあるアンテナの種類を見ることでも知ることができます。自宅にどのようなアンテナを設置すればいいのか分かったら次はどのようにして設置するのかを考えましょう。
設置工事を依頼するのであれば、その業者さんによって工事費用は大きく変わってきますから見積もりを比較しながら慌てずに検討した方がいいでしょう。


自分でできる?DIYでのアンテナ設置で犯した失敗例

地デジアンテナの工事は思った以上にお金と手間がかかるので、 自分で行おうと考える人も多いのではないでしょうか?実際にインターネット上でも、自分で設置するための方法や必要なものなどについて掲載しているページがいくつもあります。しかし、専門知識を持っていない人や、経験のない人であればそれは避ける方が無難です。

アンテナ設置の失敗の例として、落下してケガをするということがあります。アンテナは、ほとんどの場合屋上に設置しますので、足場が悪く不慣れな場所で作業を行うことは非常に危険が伴います。

また、設置技術のなさによる問題も出てきます。見よう見まねで設置して、見た目はなんとなくできているように見えても、強度不足により、強い風や雨でアンテナが落下してしまうこともあります。また、電波の強さをしっかりと調査せずに設置することで、上手く設置しても、放送を見ることができないということも起こります。

このようなことから、なるべく業者に依頼するほうが懸命と言えるでしょう。


新築の外観にこだわりすぎて失敗したアンテナ選び例

アンテナ工事において、何より外観を重視したいと考える人は少なくありません。外観を重視するあまり遠くからは綺麗に見えても配線が非常に手抜きであったり、適切でなかったりということも考えられます。また、デザインばかり気にして選んでも、実際には自宅の電波状況には性能面で合っておらず、映像を見ることができなかったというトラブルも起きています。

見た目にこだわりたい気持ちは良く分かりますが、業者がきちんと細部まで調査して、手を抜かずに作業をしているのかどうかを自分でチェックすること、デザインだけではなく性能面から考えて、自分にふさわしいものであるかどうかをしっかりと見極めましょう。


業者選びで失敗した例

ホームページなどで激安を売りにしている会社もありますが、よく見てみると、分配工事などが含まれていなかったりする場合もあります。ホームページの金額を鵜呑みにして、後々高額請求されたなどのトラブルが発生してしまいます。

アンテナ工事に関する費用の相場は、八木式アンテナと呼ばれる一般的なアンテナの本体価格は4,000円~、デザインアンテナ/平面アンテナと呼ばれるスタイリッシュなタイプは10,000円~となっています。アンテナ工事については、設置工事、分配工事、ブースター工事を合わせて40,000円~が相場なようです。したがって、合わせて50,000円程度必要と言われています。
また、BSやCSを設置する場合は、別途4000円~8000円程度の本体と工事費用が10000円~20000円程度かかることに注意してください。


失敗しないアンテナ選び&設置とは?

地デジアンテナの種類として一般的に使用されているものは屋根の上などにつける八木アンテナと、薄型で邪魔にならず室内や屋根裏、壁面にも設置することができる平面アンテナがあります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、それを理解した上でアンテナを選んで設置するようにしましょう。

八木アンテナのメリットは、設置費用が比較的安いこと、感度が非常に良いということが上げられます。デメリットは、設置工事や、工事後の調整やメンテナンスがしにくいこと、雪や雨風など天候の影響を受けやすいということです。一方で平面タイプは、設置やメンテナンスを簡単にすることができ、スリムなので室内に設置することも可能というメリットがあります。反面、八木アンテナと比べ高価であるデメリットもあります。

アンテナ形式の他に電波の強度にあわせたものを選択することも重要です。電波強度の弱いところでは、感度がよく大きなものを設置する必要があります。平面アンテナだと、電波をうまく受信できずに、テレビを視聴できなくなる可能性があります。逆に、電波の非常に強いところで高感度なものを使用してしまうと、かえって受信状況に悪影響を与えるということがあります。

また、アンテナ工事を依頼する業者についても、工事費用の相場を把握したうえで、複数の業者に見積もりを依頼してみましょう。複数業者から見積もりを取ることで、どの業者が一番妥当か判断しやすいためです。


まとめ

せっかく新築で家を建てて、テレビを楽しむためにアンテナ工事をしたにも関わらず知識もないままに自分で設置工事を行ったり、見た目ばかりを気にして本来の工事の本質を見ないと、後々トラブルが起きて、後悔することになってしまいます。自分の家の電波状況にはどのようなアンテナが必要で、どのような向きで付ければいいのか、信頼できる業者を見つけて、一緒に工事に参加していくことが一番良いのではないでしょうか。