東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

テレビアンテナの受信レベルとは

テレビで地デジの番組を見ている時、急に映りが悪くなったり、画面に横線やモザイクのようなものが現れたりすることがあります。画面が静止したり、音声が途切れることなども。

このような場合、一時的にアンテナレベルが低くなっていたり、電波にノイズが入ってしまっていたりといった状況に陥っていることが考えられます。どのような時にアンテナレベルが低下するのか?その原因と対処法などについて確認していきましょう。


アンテナレベルって何?

アンテナレベルとは、受信する電波の強度を表したものです。最大レベルは72ですが、50以上のレベルがあれば問題なく視聴できるとされています。地デジの番組は、アンテナが電波をキャッチすることで視聴が可能となります。アンテナを設置する際にも、電波の状況を調べた上で、しっかりと受信できる場所、一定レベル以上の電波を受信できる場所に設置されていると思います。

しかし、普段は問題なく視聴できているのに、突然画面の映りが悪くなったり、画面に横線やモザイク状のものが現れたり、場合によっては画像が静止してしまったり音声が途切れたりしてしまって、視聴が困難になる場合があります。このような時は、電波の受信環境が悪くなり、電波にノイズ(雑音)が混ざってしまっていると考えられます。一時的にアンテナの受信電波が弱くなっているのです。

受信状態が悪いなと思った時は、まずアンテナレベルを確認してみましょう。アンテナレベルの確認は、テレビの画面で確認することができます。「受信設定」などの項目の中に、受信レベルを確認する項目があります。現在の受信レベルと、受信状況を表す赤・黄・緑のバーが表示されます。緑のゾーンであれば、電波状況は良く問題なく視聴ができるレベル、黄色はやや電波状況が悪いものの視聴はできるレベル、一方、赤のゾーンの場合には、電波状況が悪く視聴ができないレベルであると考えられます。

またE201やE202といったエラーも表示されます。この時、アンテナレベルが0となっていた場合には、接続そのものに不良があるのではと疑いましょう。また、0ではないが基準値に満たないという場合は、アンテナの向きなど、周りの環境に何かしらの問題があると考えられます。


テレビアンテナの受信レベルが悪い時にやるべきこと

では、アンテナレベルが低くなってしまう原因にはどんなことが考えられるでしょうか。また、その対処法についても確認していきましょう。

アンテナレベルが低くなってしまう原因として、まずは接続不良が挙げられます。アンテナで受信した電波を、ケーブルでテレビへと繋げているわけですが、その接続に問題があるケースです。ケーブルが外れていないか?テレビ側のケーブル端子の場所が間違っていないか?ケーブル端子内部の芯などが曲がったり破損したりしていないか?ブースターを使用している場合、ブースターの電源がちゃんと入っているか?まずこれらの確認を行ってみましょう。引っ越しや、大掃除や模様替えよる移動などでテレビの位置を変えたりするとアンテナレベルが低くなることも考えられますので、まずは接続の確認から始めましょう。

次に考えられる原因は、住宅周辺の環境の変化です。電波の妨げになるような、大きなビルが建設されたり、大きな木などが植えられたりはしていないでしょうか?障害物があると、当然のように電波は届きにくくなります。さらに考えられる原因としては、地デジ受信の設定方法に誤りがある場合です。住所設定を変更していないと、もとにいた地域の放送局から電波を受信しようとして、結果、アンテナレベルが低くエラーとなってしまうのです。引っ越しをしたら、必ず登録住所を変更しましょう。

以上3つについて、すべて問題がないという場合には、天候が原因であると考えられます。雨や曇りの日は、電波状況が悪くなり、一時的に届きにくくなることがあるのです。この場合は、自然が相手ですので、ひたすら天候の回復を待ちましょう。また、強風の日はアンテナの方向が変わってしまうこともあります。嵐の翌日はアンテナもチェックしましょう。


どうしても解決できない場合は、業者に相談しよう

テレビアンテナの受信レベルが悪くなった時に確認すべき点について確認しました。接続不良、住宅の周辺環境の変化、地デジ受信の設定方法の誤り、そして天候と、主な原因4つをお伝えしました。住宅の周辺環境の変化については、高い建物だけでなく、湖や水田などが原因となる場合もあります。電波の発信所の位置と方向を調べて、湖や水田などが間にないかも確認してみましょう。

また、併せて、送電線や鉄塔などがないかも確認してみてください。いずれも、電波を反射する電波障害を起こす原因となります。その他、アンテナレベルが十分なのに映りが悪いといった状況になることもあります。これは、混信電波を受信していると考えられます。複数の中継局からの電波を同時に受信してしまった場合に起こります。

こちらの2つの原因も、アンテナの位置や方向を変更することで対処できます。その他、アマチュア無線が原因で電波障害が起こっている可能性もあります。本人が使用していなくても、近隣でアマチュア無線を使用しているかもしれません。しかし、ご近所のアマチュア無線使用の有無はなかなか知ることは難しいと思います。一つの可能性として頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

ここまでの対処法どれを試してもやはり改善されないという時は、テレビ自体の故障も疑いましょう。また、アンテナや周辺機器の故障が原因かもしれません。いずれにしても、電波障害の原因が特定できない、対処法がもう見つからない、状況が変わらない、という時は、アンテナの専門業者に相談しましょう。近隣の電気屋さんやケーブルテレビの会社などに問い合わせてもいいかもしれません。とにかくプロの目と手で、改善してもらいましょう。テレビが視聴できないという不便さは、想像に余りあると思います。


まとめ

テレビの視聴中に視聴ができなくなる。なんともストレスのたまる現象ですね。何かしらの電波障害が起こっている可能性があるので、その原因を探りましょう。電波障害の起こる原因はいくつか考えられますが、その多くは、接続不良や天候によるもの、また、アンテナの方向を変えれば対処できるものだそうです。現在においては、電波障害はよほどのことがない限り起こらないとされているので、どうしても原因がわからないときには専門業者に相談し、快適なテレビライフを一日でも早く取り戻しましょう。