東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

地デジアンテナの設置方法に悩む日々を解決!

今までのアンテナを新しいものに交換しようと思ったとき、設置方法で悩んだことはありませんか。電波の状況やテレビの台数、家のどこに取り付けるかによって付属品が変わります。きれいな画質で地デジを試聴するためには、すべてを業者任せにせず、依頼をする私たちが知っておいたほうがいい内容があります。

昔ながらの屋根に立てる工事を想像しているみなさん、最近は屋根だけじゃないようです。さて、その家の条件にあったアンテナの設置方法はどんなものがあるのでしょうか。


アンテナの設置方法は本当にそれでいいのか見直そう

周囲の家を見渡してみると、いろんな場所にアンテナが取り付けられているのを見かけます。よく見ると、向きや場所が同じではなかったりするのですが、本当にきれいな画質で地デジが試聴できているのでしょうか。設置場所一つで、ブロックノイズが発生したり、電波の状況が変わってしまいます。

取り付け方法が適切ではなく家が傷むことも考えられます。天候による損傷、台風などが原因で倒れ、家にダメージを受ける場合があるのです。工事の際に屋根の形状や建物の立地の関係で、場所を変更するケースがあります。手遅れにならないよう、取り付けを行う前に事前にどのアンテナが最適で、設置方法がいいのか、確認したほうが良さそうです。

従来の本瓦も、年数が経過したものであれば取り付けの際に傷むことも考えられます。また、取り付けができたとしても、鋼板のような金属が含まれる屋根が周辺に多いと、電波が干渉することもあるようです。長年使用してきたものを交換する場合はもちろん、新しく立てるときも、周辺の環境は常に変わっているので、もう一度見直しましょう。


他の設置方法があるのか検討しよう

誰もが一度は見たことがある、屋根にアンテナを設置するタイプ。さて、アンテナを屋根に設置できない場合は他にどんな方法があるのでしょうか。

まず、ベランダの設置が挙げられます。設置方法は、まず周囲に電波を遮るものが存在していないか、取り付けて障害にならないか確認します。ベランダでも手すりに付けるやり方があります。手すりがコンクリート製か格子手すりなのかで金具が違います。

次に家の壁面に取り付けるやり方では、種類や大きさによって支える金具が違い、壁面の材質も考慮したいところです。取り付けの際には壁面に穴を開けますので防水対策も考えましょう。もし、壁面に穴を開けたくない場合はどうするのか?軒下からケーブルを引き込むことになります。通気口やエアコンの配管を利用する場合もありますが、引き込んだケーブルから水が伝わってこないように配線をします。

さらに、受信電波の比較的強い「強電界地域」と呼ばれるところでは、室内アンテナでも充分に試聴できますが、周囲の環境によって変わります。屋根や壁面、ベランダに取り付けないときは、屋根裏に設置する方法があります。

このように、電波の受信状態や建物の条件、周囲の環境を把握したうえで検討しましょう。


これで解決!設置方法を改善しよう

建物のどこにアンテナを立てるかによって、様々な設置方法があることがわかりました。これだと決めてしまう前に、電波の受信状況を把握すること、家の条件を確認すること、周辺の環境を見ることが大事です。電波塔までの見通しが良い地域でも、思わぬものが障害になりテレビが映らないことがあります。素人判断せずに、プロに調査してもらいましょう。

取り付けが上手な業者は、電波の状況を調べて、その場所に応じて最適なものを選んでくれるはずです。一度取り付ければ自然災害がない限り、長い間使うことになります。映りがなんとなく悪いと気付いて、取り付け場所がすぐ手の届く場所なら調整ができますが、安易に素人が直せるものではありません。

今までテレビの映りが悪かったのは、機械の故障ではなく、実はアンテナの場所が間違っていたなんてことにならないようにしたいものです。電波の受信が強電界地区でも過信はできません。状況を知り、家に合う設置方法を見つけて改善しましょう。


まとめ

家の場所や電波の状況でアンテナの設置場所が変わります。取り付け方法も一つだけではありません。原因がわかれば条件に合わせて改善できることもあるのです。素人判断せず、プロにお願いして正しいアンテナの設置方法で、きれいな画質の地デジ放送を楽しみましょう。