東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

こんな業者には気をつけて!地デジテレビアンテナトラブル事例集

地デジアンテナの工事施工業者は、非常に沢山ありますが、どの業者をえらぶかによってその明暗はくっきりと分かれてしまうと言っても過言ではないでしょう。良くない業者にあたってしまうと、思いもよらないトラブルに巻き込まれてしまうことにもなりまねません。

事前に、どのようなトラブルの事例があるのかを知っておくことで少しはそのトラブルを回避することができるかもしれません。業者が絡んだ地デジアンテナのトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか。


自分に知識がないことで起きるアンテナ工事トラブルとは

地デジアンテナ工事において、自分に知識がなく業者に任せっきりにしてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。

まずは、アンテナの付け方や、付ける向きが電波の状況とあっておらず、実際にテレビを見ようとするとテレビが映らなかったり、ノイズがひどくて不快な思いをしたりすることがあります。自分に知識があれば、業者がきちんと電波状況を見てアンテナの位置や向きを考えているかどうかということを見極めることができます。

また、料金面でのトラブルも考えられます。何も知識がないと分かった時、悪質な業者に当たってしまうと不必要な機器を付けられたり、不当な名目で追加料金が発生したりしてて、結果高額請求をされるということも考えられます。

このようなトラブルを避けるために必要なことは、自分自身でしっかりと知識をもって、業者をチェックするということが大切です。


アンテナ工事自体がトラブルになる?業者によるトラブルとは

テレビが映らなかった、ノイズがひどかった、すぐに破損してしまったとうトラブルは、設置の際の調査や技術の不足が原因です。

しかし、アンテナ工事自体で問題が起きてしまうこともあります。例えば屋根にアンテナを設置する際に瓦や屋根板が破損してしまったり、デザインアンテナを壁面に付ける際の作業が雑であったため雨漏りや腐食が発生したということがあります。これらは、工事が終了した時点では気がつかず、気がついた時には保証期間が終わっていたなんてことになってしまうこともあります。それを避けるためには、工事が終了したあと、きちんと映像が映るかどうかの確認だけではなくその他の部分にも問題が無いかどうかを自分の目で見て確認する必要があります。


アンテナ工事後にも起きるトラブル事例とは

工事が終了して、実際に視聴を始めると思いもよらないトラブルが起きるということがあります。

まずは、テレビが映らないということです。これは電波状況や、障害物の有無などを考慮せずに設置することによっておきます。また、一部のチャンネルのみ映らなくなってしまうということもあります。

その他にも、特定の時間や天候の時に、受信できなくなったりノイズが発生する場合もあり、これらはアンテナの角度がずれていたり、受信レベルが下がっていることが原因です。その他、コネクター部分の配線の劣化によって、一部の部屋でのみノイズが入っていることもあります。

ほとんどのトラブルは、事前も電波状況のチェックと、丁寧な設置によって回避できることですので工事時にきちんと確認することが大切です。


まとめ

地デジアンテナの工事には、様々なトラブルの可能性があるということをご紹介しました。その原因は様々ですが、事前に知識を持ってしっかりとチェックしていれば、避けることができるものがほとんどです。信頼できる良い業者をみつけることも、もちろん大切です。そのためにも、トラブルを未然に回避するためにも、自分自身で知識をしっかりと身につけておくことが必要なのです。