東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

かっこよい壁面アンテナ!東京でも設置できない場所ある?

少し前までは、地デジアンテナというと魚の骨のような形の大きなものが一般的でしたが近年はデザインを重視したものも多く出てきています。壁面に付けるタイプの目立たないアンテナも非常に人気があります。

しかし、電波状況が他地域に比べてよいとされる東京にも、電波状況の良くないところはあります。そのようなところでは見た目よりの性能で選ぶ必要が出てきます。電波状況とアンテナの関係性とはどのようなものなのでしょうか?


家の外観を損ねないアンテナとはどういったものなのか?

家を建てた後の作業で、アンテナはどちらかというと家の雰囲気とは別物で考えられてきました。設置場所は屋外では屋根や壁面、ベランダに屋根裏と取り付ける場所は条件によって決まります。テレビを視聴するためには当然各世帯にあるものとして室内、屋外関係なく特別な事情がない限り設置していました。

近年、テレビ事情が変わり、スマホで気軽に動画視聴できることやケーブルテレビが普及し、景観を考えてあえて設置しないという選択も出てくるようになりました。そこで、考えられたのが家の雰囲気を壊さない壁面アンテナです。あの大きな骨組みのものでなく、平面で板状のものや見た目が全く分からない個性豊かなものが出てきました。家の雰囲気に合わせて選べます。


壁面アンテナを設置する際のメリットやデメリットを理解しよう

壁面に設置する、薄型のアンテナはデザイン性が高く人気があります。従来のものよりも軽くて小さいので、設置が比較的に簡単で、アンテナの調整も比較的しやすいというメリットもあります。また、外壁に取り付けることで屋根の形状を問わず導入が可能なこと、バルコニーへの設置、屋根に上らず修理がしやすいこと、何より見た目がいいことです。雨や風に強く、倒れる心配がなく、鳥の糞の被害が軽減します。

しかし、その分価格は高額で、形状から電波を受信しやすい屋上に設置するには向いていないため、電波を受信しにくい欠点があります。ここで注意したいのは、設置場所です。非常に強い電波状況の家であればベランダや外壁でもそれなりに受信することはできますが、あまり電波状況の良くない環境の場合には、電波を受信できずにテレビを見ることができません。デザインにこだわって、壁面アンテナを設置する場合は、設置場所の電波状況の確認が必要になります。次に、東京でも電界強度の弱い場所や地域があるかご紹介します。


東京でも電界強度の弱い場所や地域がある?

ある地点で、届いている電波の強さを表す一つの指標として電界強度というものがあります。東京都内には、電波塔があり電波環境は悪くないと思われています。しかし、そんな東京都内であっても電界強度の弱い場所や地域はあります。地上デジタル放送は特に、受信する場所が放送局から遠くなればなるほど電界強度が弱くなる傾向にあります。電界強度は地域ごとに変わってくるので、その強さに応じて適切な地デジアンテナを選ぶ必要があります。

弱い地域であれば、感度がよく大きなアンテナが必要になりますし、強い地域では小さいものでも十分に受信することができます。電界強度は計測器を使用して調べることもできますが、手っ取り早いのは周辺住民や地域の電気屋などに聞いてみることです。また、周辺の家についているアンテナが八木式ばかりの場合には、自分の家も電界強度が弱いと捉えて、それなりのアンテナを用意する必要があります。


壁面アンテナの設置にかかる費用は?

屋根への設置と、壁面へのアンテナ設置費用はどちらがかかるのでしょうか。金具の数などを見ると屋根のほうが費用が高いような印象がありますが、家のどの部分に設置するかによって使用する金具が違いますし、壁への取り付けが安いとも限らないのです。また引き込み線の同軸ケーブルのグレード、長さでも金額が変わります。

工事代金は業者が設定するものですが、費用を安くしようと思ったら機器のグレードを安いものにすることになります。電波の受信状況によってブースターを使用し、テレビの台数で分配器が必要ですから、安さよりも、工事の正確さと質を求めたほうが良さそうです。

壁面アンテナは屋根置きのものより割高になるぶん、費用もかかります。その点も踏まえて、導入を考えましょう。


まとめ

地方都市の比べて、電波状況が良いとされている東京でさえ、その受信できる電波の強度には場所によって大きな違いがあります。デザイン性を重視して、かっこいい壁面アンテナを付けたいと考えても、それが叶わない場合もあります。自分の家の電界強度を調査し、壁面アンテナでは受信できないほどの電波の強さであれば、違った形状のアンテを付けることを考えなければなりません。