東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

アンテナ線を自分で用意したい!値段はいくらくらいするの?

自分でアンテナ設置する場合、アンテナは大よそどのくらいの値段で購入出来るのでしょうか。アンテナ本体の価格はもちろんですが、必要な部材であるアンテナ線や分配器、そして必要な工具なども合わせて紹介していきたいと思います。ケーブル自体は、そんなに高価ではありませんが、グレードもありますしアンテナからテレビの設置場所までの距離で、随分金額が異なります。また安価な製品と、高価なもので映りに地デジの違いはあるのでしょうか?


どのくらいの値段で購入出来るのか

アンテナの相場を知るのは簡単だけれど、部材やアンテナ線に関しては見落としてしまう事が多いと言われています。自分で設置する場合はどれだけ安く、品質は高くというのがモットーになると思いますので、事前にこれらの部材の値段を調べておく必要があります。特にケーブルに関してはグレードや、太さなどもありますので設置する場所によって、金額が大きく異なります。一般的に利用される4Cのケーブルであれば、5m辺り1000円程度になります。しかし通常は5mあれば足りる事は少ないでしょう。地デジアンテナからブースターまでは5mでも、そのブースターから分配器、各テレビやモニターまでのアンテナ線が必要になります。一般的な住宅であれば約15〜20m程度あれば、足りるのではないでしょうか。どうしても長さの把握が難しい場合は、業者へ見積もりを取ってもらいそこから長さを把握するのも良いでしょう。足りないとどうしようも無いので、出来れば長めに用意しておくのがベターです。


アンテナ線の値段で映りが変わる?

一般的な家庭で使われる、アンテナ線は4Cで5m辺り平均で1000円程度だと申したのですが、それより高いグレードの製品もあります。ちなみにそのグレードが高い製品を使うと、損失以外に何か影響はあるのでしょうか?実は、あまりにも細いケーブルだと電気の通りが悪く、場合によって品質に影響されてしまう可能性があります。ここで言う細いケーブルと言うのは3C辺りのケーブルを指します。これは4Cが5mで1000円程度に比べて、3Cは20mで1000円程度だといわれています。値段が安いからといって、細いケーブルばかり使っていると損失を受けますし、電気の通りが悪くキレイに映らない可能性があります。かと言って、あまりにもグレード高いと重さや太さが出るので配線が難しくなりますので、全体を見据えた上で配線するのが良いでしょう。また長年テレビを視聴している中で、最近映りが悪いと感じたらアンテナ線の劣化が考えられるので注意して頂ければと思います。


用意したらさっそく設置!

自宅に適したアンテナ線を用意したので、さっそく設置を試みる。短くて届かないのが嫌なので、長めに配線すれば良いかな。ちょっと待って下さい。無駄に長く配線をすると、品質に影響する可能性が考えられます。あまりにも弛ませると電気の通りが遅くなりますし、その通っている間にも損失を受けます。値段によってその損失の有無が違うとは冒頭で申したのですが、長さにも気をつけなければなりません。たかがアンテナ線と思うかも知れませんが、大事な要素ですので自身で設置する際には金額と、そのグレードをしっかり見極めて頂ければと存じます。ちなみにあまり一般的な住宅では現実的ではありませんが、高い伝導率、低劣化、低ノイズを実現している10Cのケーブルがあるそうです。この製品は2mで約14000円程度と大変高額ですが、品質には自信があるらしく人気を呼んでいます。アンテナ線以外の部材に関しては、3000円程で購入が可能ですしこの部材にはグレードはありません。