東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

テレビ映りとアンテナの向きは関係あるの?

テレビの映り具合は、電波の受信状態に関係します。また、電波の受信状態は、アンテナの立て方、その位置や方向に密接に関係があります。アンテナを立てても、きちんと電波をキャッチできなければ意味がありませんね。しっかりと電波を受信できるように必要なことはどんなことなのか、また、電波そのものについてもよく考えてみましょう。


電波の発信所はどこにあるの?

地デジの視聴をする場合には、アンテナの設置が不可欠です。また、受信が乱れることなどがあった場合も、アンテナの設置場所や方向を微調整することで改善されたりします。方向を変えたり、場合によっては高さを変えることで、受信状況が良くなることがあります。

アンテナは基本的に高い位置に設置することが望ましいのですが、まれに発信所の方面に高架などがある場合には、アンテナの高さを低くすると改善するケースもあるようです。しっかりと電波を受信することで、私たちは快適にテレビを見られるのです。

電波は、電波塔などの発信所から発信されています。その電波をしっかりキャッチする、つまり、感度を高めるためには、アンテナの向きを発信所に向ける必要があります。これは、アンテナの指向性という性質によります。アンテナの方向を微調整するには、二人以上で取り組むと良いでしょう。一人がアンテナを調整し、もう一人はテレビの画面で受信レベルをチェックします。

感度を高めるためには、発信所の場所を知らなければなりません。では、発信所はどこにあるのでしょうか。発信所は全国各地にあり、現在はほとんどの地域で十分な電波を受信できるようになっています。発信所には電波塔以外にも中継局があります。電波塔や中継局は、全国各地をカバーでできるように配置されています。

また、発信所の規模にも様々あり、発信所ごとにカバーできるエリアが異なります。山がある地域では、発信所は山頂にある場合が多いので、地方では山の上を見てみると見つかるかもしれません。快適にテレビを視聴するためには、電波の発信所の場所、方向を把握することが不可欠です。まずは近くの発信所がどこにあるのかを調べてみましょう。


電波の発信所はどうやったら調べることができるの?

しっかりと電波を受信するためには、アンテナを電波の発信所の方向に向けることが重要です。そのためには、近くの発信所の場所を把握しなければなりません。しかし、見渡せる範囲内に電波塔などの発信所が見つからない場合、電波の発信所の場所はどうやったら調べることができるのでしょうか。

近隣に住宅があれば、それらの住宅の屋根上を見て、アンテナをチェックするのも良いでしょう。どの家庭のアンテナも、同じ方向を向いて設置されていませんか?つまりは、近隣のアンテナが向いている方向に、電波の発信所があるということです。その情報をもとに、おおよその方向を決め、微調整を行っていけばよいでしょう。

近隣にアンテナがない、もっと正確に発信所の方向を知りたいという場合には、インターネットを使っての検索をお勧めします。「放送エリアのめやす(http://apab-tv-area.jp/)」こちらのページを使えば、最寄りの発信所を簡単に調べることができます。郵便番号や住所、局名からなどの情報からあっという間に検索することができ、地図上に最寄りの地デジの電波塔の位置と、放送エリアを表示してくれます。

ちなみに放送エリアとは、概ね放送が受信できる範囲を示すものです。受信エリアの表示により、十分に電波が届いているエリアなのか、弱いエリアなのかもわかります。なおこの検索サイトは、スマートフォンからでも使えまるので便利ですね。

また、実際にアンテナ設置の作業をする場合には、スマートフォンのアプリがとても便利です。Androidのアプリ「地デジアンテナ調整」をお勧めします。使い方はとても簡単で、GPS情報、または住所の入力だけで、最寄りの電波塔と現在地を結ぶ線を表示してくれます。この表示を見ながら、アンテナの方向、位置の微調整が可能です。


電波は強ければよいというわけではない

最寄りの電波の発信所の場所がわかったら、しっかりとアンテナの方向を微調整して、無事にテレビの視聴が可能となります。電波の受信レベルも十分であれば、快適なテレビライフが送れますね。ところで、電波の強さについてですが、電波が弱いとテレビが見られない、ということはもうご存知ですね。電波は強いに越したことない!強ければ、天候の影響なども受けにくくより安心なのではないか。そう考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実は電波というのは、強ければよいというわけではないのです。電波塔のすぐ近くの地域などは十分を通り越して、電波が強すぎるという状況。そして、電波が強い、つまり電波の受信レベルが高すぎると、テレビは視聴できなくなります。発信所の近隣は強電界地域と呼ばれます。電波が強いため、アンテナの方向が多少ずれていても電波を十分に受信することが可能です。それどころか、電波が強すぎて、電波を弱めないとテレビが映らないという状況になることがあります。

電波が弱い場合には、ブースターを設置することで対処ができます。逆に強すぎる場合には、電波を弱めるためのアッテネーターという部品を使用することで、定説な電波強度に調整することができます。強電界地域では、アンテナを屋内用のものにして対応するというのも一つの選択肢です。

地デジ放送が始まってから、強電界地域だけではなく、マンションなどの集合住宅でも電波が強すぎて受信状況が悪くなるといったケースが相次いだそうです。集合住宅では共同アンテナやブースターを使用しているので、その調整の仕方で部屋によっては電波が強すぎる状況に陥ってしまったそうです。


まとめ

テレビを快適に視聴するためには、なんといっても電波状況が重要です。しっかりと電波を受信することは、地デジを楽しむための第一条件。そのためには、アンテナをきちんと正しい方向に設置することが必要不可欠です。最寄りの発信所の場所を把握し、ただ行くそちらの方向へ向けてアンテナを設置しましょう。また、電波は弱すぎても強すぎてもテレビが映りません。何事も、ほどほどにちょうどいいという範囲があるものなのですね。