東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

部屋の雰囲気も壊したくないなら小型テレビアンテナを設置しよう!

ポータブルアンテナを利用して、大げさな工事をせずに地デジ視聴を楽しむためのポイントは何か、また、メリットとデメリットはどのようなものがあるのかなど考えつつ、最適な視聴環境とは何なのか、その特徴について確認していきたいと思います。


屋根裏施工は電波が微弱?

地デジの電波は遮るものがあると、電波が届きづらくなる傾向があります。その点から室内でアンテナを利用する場合は、受信電波がどうしても弱くなり、安定性に影響が出てしまいます。屋根裏も同様、建物の室内であり周囲が壁に覆われている状態になります。そうなると電波も弱くなる傾向になるのです。この条件では中~弱電地域では、特に不向きになる可能性が高まります。

逆に、東京など強電界地域では、電波自体が強いので壁に囲まれている屋根裏環境でも、ある程度の電波は得られます。コンパクトアンテナは、屋外のものより指向性が少なく、設置位置や方向を限られないので、設置も限られない点が優利になってくるのです。


小型でも強力電波!設置も困りません

小型アンテナは、コンパクトの割に感度が良く、魚の骨タイプのアンテナのように強い指向性もありません。設置時に電波塔方向を意識した方向や角度などをあまり気にせずに済みます。また、高感度でもあるので、一定量の値が得れる屋根裏部屋などでスペースが少ない場所への設置にも最適なアンテナになります。やはり、アンテナ設置で一番難しいのが、設置位置になるでしょう。どうしてもテレビ電波を発信する電波塔に向ける必要があります。

そのような点でも小型アンテナは全体的に受信できる指向性の低い使用になっているので優利になります。小型で高い性能は、ある意味で設置場所を選ばないオールマイティなアンテナになります。選ぶ対象に必ず入れておきましょう。


テレビアンテナの価格ももちろんコンパクト

小型アンテナはサイズもコンパクトならば価格もコンパクト、正に低価格で高性能、ハイコストパフォーマンスのアンテナといえます。因みに1000円台からあります。価格帯も1000~5000円台に集中している感じです。設置も含めて容易に設置できるので、無徳に強い電波地域では、とても有効なアンテナとなります。最低限にすると、小型アンテナと接続用のケーブルや端子で10000以内に納めることも可能になります。手軽さもあるので条件さえ良ければ利用してみるのも良いでしょう。

実際に小型アンテナを設置する部屋の電波状態はしっかりと確認しておいて下さい。買う前に調べる方法としては、ワンセグの受信状態で、どの程度なのかは確認できます。ワンセグもまともに視聴できない電波環境であれば設置は難しくなることは覚えておいて下さい。


まとめ

小型テレビアンテナは、室内用として考えれば良く、設置も個人でできてしまう唯一のものだといえます。置き場もご自身で考え、どの程度のケーブルなのかを把握すれば良いわけです。電波の強弱を調べて、設置の可否を最初に判断をしてください。最悪、設置ができない結果もでてきます。ワンセグなどの受信状態をみて、設置が可能であれば、一番費用を使わすに手軽に地デジ番組を見れるようになるのです。