東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

おすすめのケーブルはどれ?地デジアンテナ業者が語る

黒くて曲がりづらいケーブルといえば想像がつくと思います。現在のデジタル放送では、見た目は同じ同軸ケーブルになるのですが、導線素材が低損失なものが使用されています。地デジなどを良質に見るのであれば、ケーブルも専用を使用することが大切です。実際、どこで区別することができるのでしょうか。


地デジアンテナを高品質で視聴するなら?

地デジアンテナを利用して高品質に番組を視聴することを考えれば、やはり十分な受信データが得られるような対応をしておく必要があります。特にデジタル放送は、信号レベルが一定値を割ると画像すら写らない状態になります。設置環境の電波状態の調査をしっかりと行い、最適な感度が得られるアンテナの選択と室内に引き込み取り回すケーブル類も信号損失の少ないものにしたり、対策を講じる必要があります。

また、受信信号を多くの部屋に分配するとなれば、十分な出力が必要になりますので、ブースター装置なども設置して分配による損失を軽減することで、高品質な映像による視聴が保証されることになります。設置場所の電波状態の確認と調査結果に基づいたアンテナや部材により工事をすることが高品質を得られるために必要なことになるのです。


グレードの高いケーブルがよいのか?

地デジやbsデジタルなどなるとデータ量も多くなり高品位な受信波を損失なくテレビへ接続する必要があります。そのような意味ではアナログ時代の主流であったケーブル(3C-2Vや5C-2V)は、現在の地デジ環境ではあまり適していないといえます。

現在は、デジタル放送の電波受信から伝送に適したケーブルが使用されています。因みにケーブルを「3C」とか「5C」の形式がありますが、この数字は高いほど同軸ケーブルが太くなります。また、アナログ時代のケーブルと違い、信号損失を低減させた素材をしようしています。形式では「5C-FB」「5C-FB」となり「-2V」の部分が「-FB」になっているとこで区別ができます。見た目は変わりないので、形式や特性を確かめて最適なケーブル選択することが必要です。一定のレベルであればケーブルグレードが高いことの影響より、アンテナやブースター、分配器などによる品質影響の方が高いといえます。


業者が語るおすすめケーブル

地デジ用とかデジタル用の「5C-FB」のケーブルを使用していればまったく問題はないでしょう。ただ、3Cに比べて5Cは太く、取り回したりする際に、曲がりづらい点はあります。但し、単純なことですが太ければ太いほど信号は流れやすくなるので、長い距離を引き回したりする場合は、とても有利になります。ケーブルについては、一定の性能があれば、グレードが高くても、品質にそれほど大きな影響はでません。おすすめのケーブルとしては「5C-FB」タイプのものでコネクターもしっかりしたF型のものであれば、全く問題はありません。実は、強電地帯ではコルクター部からも電波が入り干渉し合って、視聴に影響が出ますのでケーブルとコネクターを含めて考えると良いでしょう。


まとめ

ケーブルについて触れてきましたが、基本的に同軸であることと、地デジ全盛になりケーブルは少なくとも「3C-FB」以上のものであれば、視聴も高品位が保てます。見た目がほぼ同じである「3C-2V」などにしないように注意をして下さい。また、もしアナログ時代のケーブルを使用しているのでしたら、交換をおすすめします。見られていてもより高品位な視聴が交換することで可能になります。ケーブルのコネクター形状も含めて、デジタル対応としているものを選択することが大切です。