東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

屋根裏でも電波強度問題なし!地デジアンテナを設置するコツ

アンテナを設置しようとする時、通常は屋根の上やベランダやもしくは壁面を想像すると思います。最近では屋根裏に設置することを希望する人が増えてきて、スペースが確保できてその他の条件を満たすことができれば、何の遜色もなく機能を発揮できる事が実証されています。

業者によっては積極的におすすめするところもあって、一見何かの節約を狙っているかに見えるこの屋根裏設置のメリットとデメリットを、あらゆる角度から踏み込んで調べて見たいと思います。


屋根裏に設置するアンテナはどんなものが良いのか?

屋根裏にアンテナを設置する場合、屋外に設置する魚の骨形状のものはスペースの問題もあり不向きです。そのため、屋根裏のアンテナ設置には、デザインアンテナ(フラットアンテナなど)になります。しかし、尾根裏も室内になるので、屋外にくらべれば強度は低下してしまいます。その分、高感度なタイプを設置したりブースターで増強したりして、十分な電波感度を得る調整をすることになります。

また、設置も屋外ほど強固にする必要はなくなります。屋外の気候変化にさらされることがないためです。注意する点としては、屋根裏の電波強度と設置するスペースがどの程度あるかになります。屋根裏があっても物置化して色々と置いてあると設置が難しくなってしまいます。屋根裏設置に向いているデザインアンテナで高感度なものは、値段も高くなる点も注意も覚えておく必要があります。


屋根裏にアンテナ設置するメリット

尾根裏へのアンテナ設置の最大のメリットは、屋外設置では当然の天候(風雨)による影響を受けないため経年劣化に強くなるので、屋外アンテナに比べて高寿命となり、ランニングコスト低減効果がとても高くなります。また、外観上、アンテナ設置されていること自体が全くわかりませんので、戸建ての景観を損ねることがありません。

さらに、アンテナの方向修正も容易にできることから、業者に頼まずにご自身でも対応ができてしまいます。定期的なメンテナンス時も屋根の上、高所での作業にはならない点で、費用もそれほどかからずに済んでしまいます。屋根裏に設置するデザインアンテナは価格も高くなるのですが、反面、長寿命になるので初期投資で高くついた分は相殺されてしまいます。


屋根裏にアンテナを設置する前にチェックしておくべきこと

屋根裏にアンテナを設置するその前に、チェックしておかなければならない事があります。

最も重要な事は、点検口などを利用する事で屋根裏に容易に出入りすることができるかということです。その次に設置できるスペースが屋根裏にあるかということです。新築なら前もってそのスペースを作る事ができますが、既存の住宅では空きスペースがない事も予想されます。最後に屋根裏でも十分に電波を受信する事ができるかということです。空きスペースがあったとしても、角度によっては受信できない事も有り得るからです。

これらの事を全てクリアできれば、問題なく屋根裏に、経年劣化にも気象条件にも煩わされないアンテナを設置できるというわけです。


屋根裏でのアンテナの立て方

屋根裏にアンテナを立てる場合、デザインアンテナや平面アンテナといった薄くてコンパクトなアンテナを選ぶ必要があります。

配線はその家を建てた時の状態にもよると思いますが、屋外の入線口からの同軸ケーブルが屋内の分配器に屋根裏を通って繋がっているか否かです。万が一通っていないとしても、屋内からは壁の隙間を利用して分配器から屋根裏に配線します。屋外に入線口がある場合は軒下に目立たないほどの小さな穴を開けてケーブルを取り込んで配線すれば、無事アンテナに接続されます。

つまり、アンテナ→入線口→分配器→テレビ端子という道順で間違いなく繋がっていればテレビは無事に映るのです。実際の工事に携わるのは業者の方だと思うので、仕組みだけでも理解していると工事の概要が手に取るようにわかるはずです。


まとめ

アンテナを屋根裏に立てるということは、業者に頼めば当然それなりの出費も否めませんが、経年劣化を防ぎ気象現象によるトラブルも回避でき耐久年数を延ばすことができるので、長い目でみればお得な方法だと言えるかも知れません。新築でアンテナを設置する際には、是非検討してみてはどうでしょうか。その価値は大いにあると思います。