東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

アンテナ工事を行うべきベストなタイミングとは?

テレビアンテナもまた一種の消耗品です。故障した場合にはその時点で新品に交換しなくてはなりませんが、できればあわてずに余裕をもってアンテナ工事のタイミングを見きわめ、トータルコストを最小限におさえたいものです。基本的にアンテナ工事の料金相場は、一般的な需要に反比例します。つまり、多くの人がアンテナ工事を望む時期には業者側も1件あたりの料金をそれほど高く設定しなくても採算がとれるため、料金の相場が自然と安くなるのです。業界の仕組みをある程度把握しておくことで、工事の適正料金がおのずと見えてきます。


2018年の本放送が狙い時?

2018年はテレビ業界にとって地デジ導入に次ぐ大きなターニングポイントと見ることができます。というのも、2018年には現在でも大いに話題になっている「8K放送」が実用段階に入るためで、このタイミングを見てアンテナ工事を依頼しようと考えている人も少なくないようです。ちなみに8Kとは1000を省略した単位表記、つまりは8000のことで、映像技術においては表示できる画素数を表しています。すでに導入されている4Kが縦4000、横2000という画素数を実現しており、8Kはさらにこの4倍もの画素数になると言われています。

画素数が多いということはひとつの画像を切り分ける単位がそれだけ細かくなるということですから、4Kよりもはるかにクオリティの高い画質で映画やバラエティを楽しめるようになります。8Kが本格導入される2018年にはアンテナ工事の需要も急増するでしょうから、それにともなって工事料金の相場が下がることは充分に予想されます。


2020年の東京オリンピック時が狙い時?

2020年の東京オリンピック前後は、テレビおよびテレビアンテナの買い替え需要が急増するタイミングだと言われています。東京オリンピックの開催時期にはもうすでに8Kによるテレビ放送が定着していると見られており、18年の本放送開始に間に合わなかった人たちがオリンピック前にあわせて8Kの画像を楽しむべくアンテナ工事を依頼すると考えられます。工事の需要が高まるタイミングでは当然料金相場も落ち着いてくることが予測されるため、東京オリンピック前後がアンテナ交換の絶好のタイミングではないかと考えられているのです。

振り返ってみれば、前回の東京オリンピックではカラーテレビの買い替え需要が急増し、同時に、白黒テレビ時代の終わりを告げました。時代を超えてオリンピックでふたたびテレビの歴史が大きく変わるというのは、何となくロマンを感じさせますね。


アンテナ工事をやりたいときに手早くやっておくのも良いかも

アンテナ工事に最適なタイミングは、この先も定期的におとずれるでしょう。しかしながら、あまり極端にタイミングにこだわりすぎると目先の安さにつられてしまい、かえってトータルコストがかさんでしまうことにもなりかねません。昭和の時代とは異なり、現代ではテレビの在り方がきわめて多様化しています。今後は8Kやフルハイビジョンをさらに超える16K、32Kテレビなどが登場するかもしれませんし、一方でテレビそのものの小型化も進んでいくことでしょう。アンテナの寿命はおよそ10年と言われていますが、使用状況によってはそれよりも早く故障してしまう場合もあります。

また、ライフスタイルの変化によってテレビとの向き合い方が変わってくることもあるでしょう。タイミングを慎重に見きわめることももちろん大切ですが、「こういうテレビで番組が見たい」というニーズを基準にしてアンテナを選ぶこともまた意味のあることです。


まとめ

アンテナ工事のチャンスは、2018年、2020年におとずれると言われています。いずれも映像技術にとっては大きな転換点であり、歴史的に見ても重要なターニングポイントになるであろうと見られています。そのため、自分の中でどういったテレビを必要としているのか?そしてどのような性能が必要であるのかをしっかりと見据える必要があります。時代と共にテレビとの向き合い方が変わっている今、その点を自身が考えることが重要となります。