東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

衛生放送を視聴したい場合にテレビアンテナの工事はどこへ依頼すべき?

衛星放送を視聴する場合は、衛星放送用の専用チューナーも必要になってきます。最近のテレビは、衛星チューナーも標準で搭載されているものが多いので、衛星用のアンテナさえ設置できれば、直ぐにでも視聴は可能になります。

では、アンテナ設置をして視聴をするためのポイントを見てみましょう。


そもそも衛星放送とは何か

衛星放送とは地デジと違い次のようなものとなります。電波自体は赤道上空36,000kmに静止している人工衛星を利用し、各家庭(地上)に直接電波を送ります。

衛星放送は、上空からになるので山など障害物が多い地域にも電波が届くことで地上波放送とは大きく違う点の一つです。衛星放送が地上波放送と違うことでの特徴は次のようなものがあります。「効率よく広域に放送が可能」「大容量の情報伝達力がある」「災害時に強い」「電波が建物や地形の影響で乱れない」など、こんな特徴を持っているのが衛星放送になります。

衛星放送は、はるか上空から微弱な電波をだしているので、パラボラ型のアンテナで確実にキャッチしないと視聴ができないわけです。


地デジのアンテナ工事との違い

衛星放送は、地デジアンテナ設置に比べて大きな相違はありませんが、高層マンションなどのベランダに設置したりと、地デジのアンテナ設置にくらべて、容易な面もあります。個人で設置すると安いこともあります。また、地デジと同時に設置することもあり、アンテナから伸びるケーブルなどの引き込み方法は、同一と考えて良いでしょう。

注意する点は、衛星放送で利用するパラボラアンテナは電源が必要になることです。ですので、ケーブルを通してチューナーからアンテナ作動用の電流を流して動作させます。おわん型でキャッチした微弱な電波を、電源作動させたアンテナ自体の受信部で捉えます。

この点は電源の必要ない地デジアンテナと大きく違う点かも知れません。但し、地デジも衛星もブースター設置をすれば、電源は必要になってきます。


工事はどのような流れか?

衛星放送は、視聴したい衛星放送会社に加入することでパラボラアンテナの設置まで含まれますので、そのサービスを利用すると安価で設置ができる利点があります。設置については、上空に向けて一定の角度(bsやcs衛星の位置)で設置します。

また、パラボラアンテナ前方に、遮るものがない位置に設置をすることになります。設置する場所を特定して、ケーブルを接続して引き込む工事です。設置後は、角度や方向を調整して高感度な位置を決めて、最終的に固定して工事は完了します。

住宅街を歩いているとベランダに設置しているケースが多いことに気づきます。地上波のアンテナ設置より容易であることがうかがえる光景です。角度と方向さえ調整できれば、全てのチャンネルが視聴可能になります。

地デジはチャンネル毎の周波数違いから、全てが視聴できるようにする調整が必要になります。


まとめ

衛星放送を見るためのアンテナ設置は、地デジなどのアンテナ設置に比べて容易であり、また、衛星放送会社が加入と同時に設置サービスをしているので、別に工事業者を選定する必要がない点はとても便利です。

地デジアンテナ設置と同時に衛星放送用アンテナを設置して、同時に地上波放送と衛星放送を視聴できる環境にすることも可能です。

それから衛星放送だと地域のケーブルテレビを利用するのも一つの手です(とても安定した視聴が可能です)。