東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

bs、csのアンテナ配線にはどういう違いがあるのか

これまではどちらも衛星放送と一纏めにされていましたが、地デジを導入してからbs、csとそれぞれ別の名称で呼ばれる事になりました。しかしこの2つの衛星放送に関して、どの様な違いがあるのでしょうか。番組の違い、そしてアンテナ配線の違いを説明していきたいと思います。ちなみにこの2種類だけでは無く、地デジとの配線も比較していきたいと思います。分配器がいくつか必要になる可能性があるので、取り付けを検討している場合は複数個、余分に所持するのが良いでしょう。


衛星放送ってどんなサービスなの?

地デジが普及する、少し前から耳にしていたbs、csと言う放送形態。単に番組が違うだけだと思っていたら、実は放送される衛生が異なるようですbsは放送衛星、csは通信衛星から発せられる電波をキャッチして番組を放送しています。ちなみに放送衛星は放送を目的にしているので、地デジと同じ様にドラマやニュースを提供している事が多いようですハイビジョン番組、高画質をウリにしているのも、このサービスになります。反対に通信衛星に関しては通信というカテゴリを中心にしているので、音楽番組やスポーツ、ドキュメンタリーと言った専門的な番組が多いと言われています。単に名称が違うと思ったら、内容自体も異なるとは驚きです。ちなみにアンテナ設置の際、どちらも受信出来るアンテナにすれば両方の番組を視聴出来るので、どちらの番組も楽しみたいと言う方は、両方の衛星に対応している製品を選ぶと良いでしょう。ちなみにcsは必ず契約が必要なので、設置しただけでは視聴出来ません。


地デジとの違いはあるのか

大まかな違いは理解できたと思いますが、今度は地デジとの違いを説明していきたいと思います。通信衛星は契約しなければ視聴出来ないので、その違いはハッキリしていますが、bsの限られたサービスと地デジの違いは何でしょうか?大きな違いはアンテナ配線だと言えるでしょう。地デジの場合は、アンテナを設置して分配器などを通して配線をすれば良いのですが、放送衛星の場合は専用のアンテナが必要です。もちろんcsも同じ事が言えます。簡単に言うと地デジの配線に新たなアンテナを追加すると考えると、分かりやすいでしょう。ちなみにそのアンテナは皆さんがよくご存知のパラボラアンテナです。これをブースターを介して、接続する必要があります。ブースターを介してアンテナ配線をしたら、専用の分配器を接続してそれぞれの回線を分けなければなりません。


アンテナケーブルの違い!設置の際は気をつけて

放送している衛星や、契約の有無とbs、csの違いについて理解して頂けたかと思います。しかしもう一つ重要な事項があります。それは各サービスのアンテナ配線の違いです。これらはアンテナの種類も異なります。配線に関しては大よそは同じですが、接続する機器が異なりますので、それを誤ると視聴出来ません。まずbsについてですが、どちらも地デジアンテナをブースターに介して、そこから各サービスのアンテナへ接続するところまでは同じです。しかしブースターにはそれぞれ決まった専用の差込口がありますので、ご注意下さい。ブースターに接続した後は、チューナーへ接続、後はテレビの差込口に接続すれば完了です。これらに関しても、専用の差込がついているので必ず確認しましょう。ちなみにアンテナに関しては、これまではどちらも受信出来る角度がありました。しかし数年前から同じ角度でも受信が出来る様になったので、両方の番組の際も対応しているアンテナであれば、同じ角度で構いません。