東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

アンテナケーブルが違う?bsと地デジの設置を分析

bsと地デジのアンテナ設置については、電波的に衛星波か地上波という違いがあります。その信号の性質の違いから受信方法も異なり、アンテナ形状も違ってきます。そうなると視聴をするための設置工事も違いがでてきます。実際にどのような点が異なることのか、その異なりにより何に注意をするのかを明確にしておくと、視聴できないなどのトラブルを未然に回避することができるのです。


アンテナ設置工事といえど種類がある

地デジのアンテナ設置からみると、形状による設置工事方法の相違がでてきます。形状については大きく二種類に分けることができます。一つ目は、アンテナといわれると想像できると思いますが、魚の骨のような形状(UHFアンテナ)のもので、骨にあたる素子の部分が多いほど高感度になり、屋外用になります。もう一つの種類は、デザインアンテナと呼ばれ、長方形のボックス状のもので近年、種類も増えて利用が増えています。

室内外兼用も多く、一見するとアンテナに見えないことも特徴です。設置工事の内容も前者の屋外用は、基本的に屋根の上にポールに立てた設置により、後者のものは壁面に本体を引っかけるように固定をします。また、ポールに立てる設置や屋根裏などの設置も可能なタイプとなります。本体価格も魚の骨タイプのが安価で、デザイン系は安いものから高いものと幅があります。


スタンダードな地デジの引き込み工事

一般的(スタンダード)な地デジを視聴するための引き込み工事について、理解をしておくと実際の設置をするに当たり、見積書などでどのような点が特別に必要になりプラスの費用となったのかを知ることもできます。ご自分で設置するケースをのぞき、業者へ工事を依頼することで次のような流れで工事が行われ、テレビへの接続までの地デジ引き込みを行うことになります。

現地の調査から始まり、設置環境を考慮したアンテナ選択と工事となります。とても重要なのは、実は現地調査(電場状態)はとても需要で、その調査次第で形状や設置方法が選択されるのです。普通に考えると、先ずはアンテナを選んでからとなりますが、地デジの場合、電波状態の調査結果を見ないと、最適なアンテナ選択はできません。お住まいの設置環境が弱電界なのか、中強電界となるのか、まだ、周囲に遮へい物となる建物などがあるかです。引き込み工事では、アンテナからケーブルに室内へと引き込むことになります。


ケーブルによってbsの視聴品質が異なる?

アンテナに接続されたケーブルについて、少し触れて見ましょう。一般的に75Ωの同軸ケーブルを用いて地デジやbsのアンテナから室内へ引き込まれます。このケーブル種類としては、形式として「3C-2v」とか「5C-FBxx」となり、地デジ以前の地上波時代の主流は「3C-2V」や「5C-2V」でした(3Cと5Cの違いは太さ)。その後、デジタル放送となり信号の高密度化により、アンテナでキャッチした電波を室内へ取り込むため引き回すと従来のケーブルでは損失が大きく、画質が低下するなどの状態になってしまいました。そこで登場してきたのが損失の少ない「3C-FBxx」「5C-FBxx」なのです。

bsも同様です。アンテナから短い距離で接続しても大きな損失にはなりませんが、家中を引き回すとなると従来のケーブルでは、最悪、視聴ができないことにもなります。「-2V」系のケーブルを使用せず、「-FB」系であれば、視聴品質には影響はでることはありません。より損失を軽減するのであれば、3Cより太い5Cの使用をお勧めします。「-2V」系と比べれば、視聴品質に違いは確実にてできます。


まとめ

アンテナに接続されたケーブルは、地デジ用などであればbsでも使用できますので、特に意識する必要はなく、また、製品によっては「デジタル放送用」などと記載もあるので、そのタイプは「3C~5C-FB」となり問題なく使用もできるので視聴への影響はないと考えて良いでしょう。受信した信号を長い距離、勢いを落とさずに終点(テレビ)まで届かせるためには、太いほど通りが良いという考え方になるわけです。現在のデジタル信号は1300MHz滞と高いため、地上波アナログ時代と比べて、高品質なケーブルの使用が必須となるのです。見た目は同じでも地上波アナログ時代のケーブルを使用しているのでしたら、交換することをお薦めします。