東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

【アンテナ関連知識】限定受信システム・方式とは?

限定受信システムと限定受信方式。聞きなれない言葉ですね。何やらお堅い雰囲気も。しかし、これらは、テレビを視聴する時に欠かせないものなのです。少し耳なじみのあるB-CASカード。これはいったいどういうカードなのでしょうか。限定受信システムとB-CASカードの関係。切っても切れない関係にありました。


限定受信システムとは?

限定受信システム。聞きなれない言葉ですね。デジタル放送の、コンテンツの管理方法のひとつで、契約した人だけがその放送を受信、視聴できるようにするシステムが限定受信システムです。

英語の表記ではCONDITIONAL_ACCESS_SYSTEMとなり、頭文字をとってCASと呼ばれることもあります。有料チャンネルは、当然のように契約した人しかその番組を見ることはできません。契約し、料金を払った人だけが視聴可能であることは、当たり前のことですね。このように、限定受信システムには、契約者以外の人に視聴されることを防止する狙いがあります。

デジタル放送における限定受信システムには、スカパー限定受信方式、日立方式、松下CATV限定受信方式など、様々な限定受信方式が存在します。中でも身近なものは、B-CASです。B-CASカード、というカードの存在を知っている方もいるのではないでしょうか。地上波デジタル放送はこのカードをテレビにセットしなければ視聴や録画ができません。これが、限定受信システムのひとつなのです。

限定受信の仕組みは、コンテンツを暗号化して流し、正しい鍵を持っている受信機だけが映像コンテンツを視聴できる」というものです。地上デジタル放送では、コピー制御データと、放送データの暗号化が行われています。放送コンテンツを暗号化したのち、制御信号を追加した上で暗号化し、放送しています。

一方、受信機側(テレビ)には、暗号を解くための鍵が知らされています。これを使って暗号を解除し、番組を表示します。この暗号の鍵が納められているのが、B-CASカードというわけです。この仕組みは、放送局側にはたくさんのメリットがあります。「許可を与えない人には見せない」ということが可能だからです。また著作権管理も可能になったため、放送局にとっては嬉しいシステムだと言えます。


テレビ視聴には限定受信システムが欠かせない?

さて、有料放送と契約をした場合には、放送局と契約した方だけが番組を視聴できるようにしなければなりません。手続きも必要となります。適切な限定受信方式を使って、それぞれに手続きを行います。このような仕組みを、限定受信システムと呼ぶわけなのですが、実はもっと身近なものがあります。

英語表記ではBS_ CONDITIONAL_ACCESS_SYSTEMSと言われるものです。頭文字をとると、BCAS。見覚えのある方、気づかれた方もいらっしゃるかもしれません。B-CAS(ビーキャス)というと、ああ~と頷けるのではないでしょうか。テレビやチューナーを購入すると、B-CASカードが必ず入っていますね。

では、このB-CASカード、何のためのものなのでしょうか。地上デジタル放送では、NHK以外の民法は無料で視聴できます。限定受信方式にする必要はなさそうです。しかし実は、ここには番組のコピーを制御する仕組みが導入されています。番組を録画することは、私的利用でない限り、著作権違法となります。

かつてチューナー内蔵のパソコンが多く出回り始めたころ、パソコンで録画された映像がインターネット上に送信されることが相次ぎました。これは、著作権違法です。民法で放送される番組は、全て放送局の著作物です。放送局の著作権を保護するための取り組み。それが昨今の限定受信システムなのです。前述のB-CASカードは、この目的のもとに発行されています。

パソコンでもB-CASカードが導入され、これに対応した端末も販売されています。インターネットが普及し、デジタル通信が当たり前となった現代では、民間放送の無料の番組も、そのままでは見られないのです。地上波デジタル放送、BS放送、CS放送を視聴するためにも、限定受信方式による受信が必須となっています。


アンテナ工事だけでなく、B-CASカードも忘れずに

ところで、B-CASとは、ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ社(B-CAS社)が提供する限定受信方式のことです。また、ARIB受信方式とも呼ばれることもあるそうです。今や、無料で視聴可能な番組も限定受信システムのもとで視聴しなければならないのです。そのために必要なのが、B-CASカード。このカードにはICチップが内蔵されており、カードごとにID番号と暗号が格納され、個別の識別が可能なのです。

受信契約情報はカードごとに記録されているので、テレビを買い替えたときなどは、ずっと使用していたカードを使えば、それまでと同じように視聴や録画ができます。また、複数の有料放送事業者が1枚のカードを利用することができます。

B-CASカードには、赤いカード、青いカード、オレンジ色のカードの3種類がありますが、赤いカードは、地上デジタル放送、BS、CSのカード。このように、複数の事業者が利用しているのです。ちなみに、青いカードは地上デジタル放送専用カード、オレンジ色のカードはケーブルテレビ専用カードです。

新築を建てたり、テレビを新たに購入したりしたら、アンテナ工事だけでなく、B-CASカードのセッティングも忘れないようにしましょう。B-CASカードなしでは、テレビを見ることができないのです。アンテナと同じくらいに大切なカードですね。セッティングの仕方ですが、テレビ本体にB-CASカードを挿入する挿入口があるので、そこにカードを挿入します。挿入口の位置などは、テレビによって異なるので、テレビの取扱説明書をよく読み、正しく挿入するようにしましょう。


まとめ

限定受信システムは、かつては有料番組を契約している人にのみ関わりのあるものでしたが、今では無料の地上デジタル放送を視聴するに際にも関係してきます。アンテナをしっかりと設置して電波をキャッチしても、B-CASカードをテレビにセットしなければ、番組を視聴することはデッキないのです。アンテナと同じくらい重要なアイテム、それがB-CASカードです。