東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

地デジの工事費はいつどれくらいまでに用意すべきか

施工をすると決意したのは良いですが、施工の流れや仕組みが分からないと依頼した側としても、何をして良いのか分かりません。また工事費に関しては当日の支払いになるのでしょうか?いつまでに準備し、支払いをすべきなのか迷いますよね。また支払い方法に関しても、いくつかの選択肢があれば嬉しいのですが、その点はどうでしょうか。地デジを今すぐ視聴したいと思った時に、最短で施工する際の支払いのタイミングについて見極めていきたいと思います。


施工費はどのくらいかかるのか

地上波を視聴する為に、テレビを購入したのでさっそく地デジアンテナの施工をしたい。そう思ったのは良いけれど、業者へ依頼をかけた場合にどのくらいの工事が発生するかわからない。そういった場合もあるでしょう。依頼方法は大きく分けて2通りで、1つが家電量販店での申し込み。そしてネットから業者へ直接申し込みとなります。その2つを比べても、工事費に違いはあるのでしょうか?エリアや、部材費にもよりますが家電量販店へ依頼した場合は、8万円程度と言われています。それに比べてネットでの依頼だと5〜10万円とかなり開きがあるようです。サービスや品質に違いはありませんが、単に地デジアンテナ設置に必要な部材のグレードの違いがあるようです。但し、どちらにも客引きの為に低価格で宣伝しているケースもあります。それにつられて申込みしたところ、一部のパターンのみの説明であり、結局相場の金額が発生したと言う場合もあるようですまずは見積もりを取り、比較する必要があります。


支払いのタイミングを知る

実際に業者へ設置工事を依頼したが、料金の支払いはいつ行うのかわからない。施工が終わったと同時に工事費を支払いしても良いが、下請けの業者になると少し心配。かと言って、業者へ直接聞きづらい。またマイホーム建築を考えている段階で、地デジアンテナの工事に発生する費用は、いつまでに貯めておけば良いのか、模索しているケースもあるでしょう。費用を用意するタイミングですが、業者へ依頼した時に既に所持していれば問題ありません。前払いのケースは少ないですが、業者によっては有り得ます。多くの場合は施工が終わった後に手渡しか、振込みがメインと言えるでしょう。ちなみに工事が終わり、地デジが問題なく視聴出来る事を確認してからの支払いと言う業者もいるようですあまり無いケースではありますが、申込み後にキャンセルをすると場合によってキャンセル料が発生する場合もありますので、支払いのタイミングについては事前に確認しておくべきです。


ネットで依頼するとクレジットもOKな場合も有り

ネットで業者へ依頼をした場合は、工事の後に支払うのではなく、クレジットカードでの支払いを受付している事も多いようですというのは、ネット申込みの場合は企業が、下請けの業者へ指示を出して地デジ工事を行うので、そのタイミングで工事費を渡されてもどうにもならないのです。その為にクレジット決済が一番スムーズに進むと言われています。また最近は業者によっては、様々な支払い方法を提示しているところもあるそうです。現金の手渡しはもちろんの事、振込みやクレジット決済、大手ポイントサービスを使った決済方法などがあるので、依頼する前にその旨を確認すると良いでしょう。ちなみに最低でも、工事が始まる前日までに工事費を用意しておけば問題無いですし、念の為、提示された料金より多く見積もると良いでしょう。実際に施工が始まった際に、思ったよりも配線を長くする必要があったり、分配器の有無、ブースターを取り付けなどの問題が挙げられる為です。