東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

テレビが受信不具合!?アンテナ点検で必要な事

映りが悪くなった時、いつもは真っ先にテレビの故障を疑います。いくら調整をしても直らず、点検して原因を追究してみると、実はアンテナの故障だったということがあるのです。一度立てると何年くらいもつと思いますか?環境にもよりますが、10年が目安だと言われています。

少しでも長持ちさせたいと思うなら、アンテナの点検は欠かせません。業者へ頼んでテレビのチェックを受ける際に、私たちが知識として必要なことを確認しましょう。


受信不具合になっている原因のチェックポイント

受信の不具合にはいくつか原因が考えられ、チェック次第では業者にお願いしなくても解決できるものがあります。テレビ本体だけを見るのではなくて、周囲も含めてどこに故障があるのか自分で点検して探すことから始めましょう。身近なところから見ていきます。

まずは背面のアンテナ同軸ケーブルの端子が本体から抜けていませんか。コンセントは大丈夫ですか。普段から触る場所ではないので見ることが少ない部分ではあるのですが、意外に全く映らない原因がこれだったりすることもあります。必要なケーブル、端子を確認してみてください。

次に、電源は入るのだけど映像が出ない、そんなときに考えられるのは、設定が変わっているケースです。ちゃんと「地デジ」になっていますか。録画したものを見ているときや、チャンネルを変えたときにリモコンで知らずに触れてしまうのが地デジ以外のボタンです。端子や本体の設定に異常がなくて映らないときは、他の部屋にあるテレビを確認してみてください。点検しても映らない場合はブースターやアンテナの故障が考えられます。

このように、それぞれの場所で事前に確認することが正確にどこが故障しているのかを把握するポイントになります。


各ポイント毎の対処法

テレビに接続されているケーブルや周辺機器に注意して、原因が考えられる部分を自分で点検、アンテナの端子とコンセントについては、本体に確実に接続されているかを見ます。端子の部分は壊れていると映らないのでそこも見ておきましょう。主電源も入っているかどうか改めて確認、地デジのボタンを押して、映像が映るかチャンネルを変えてみます。

放送局によって映りが悪い時は、どのチャンネルが映らないか書き留めておくと業者へ頼む時に話がしやすくなります。ビデオや外部入力に設定が切り替わっていないか設定を見直します。ここまでで改善がなければ、本体ではなく、ブースターやアンテナ部分、ケーブルの断線や分配器の故障を疑うことになります。

自分でできる範囲での点検は、テレビ本体や周囲の状況を把握しておくだけでなく言われるままに修理されることのないよう、予備知識として知っておくことが大事なのです。


アンテナ点検を頼む際の注意点

出来る範囲で自分でチェックしたけど、端子もテレビ本体にも原因が見当たらないというのであれば、アンテナの点検を業者へお願いすることにしましょう。ここで、業者へお願いする際に気を付けたいことをいくつか挙げてみます。

ブースターや分配器などは専門家へ任せて、素人が触らないようにします。中には知識があって、自作したり自分で取り付けを行ったとブログなどで紹介している人がいますが、何かあっても全てが自己責任になります。

また、屋根に上ってうっかり他のものを壊したり、周囲に迷惑をかけてしまったり、万が一怪我を負うことも考えられます。取り付ける機器によっては家の条件を見直し、電波の受信レベルを測って取り換えることがあります。家の周囲や電波の状況は当時取り付けたときと変わっていることが多々あるのです。

アンテナも含めて触らずに業者へ点検をお願いしたほうが賢明です。どのような条件でテレビが映らなくなったのか、他の部屋では写るのか話が出来るようにまとめておきましょう。


まとめ

急に映像が映らなくなっても、故障したと慌てずに点検してテレビが故障したのか、接続している端子やアンテナが悪くなっているのか一つ一つ確かめてみることが大事です。他の部屋も確認して受信に影響があるときは、素人判断でむやみに機器に触れないこと、どんな状況で映らなくなってしまったのか、説明できるようにしておきましょう。

アンテナの耐年数は約10年が目安と言われ、環境によって左右されるので注意したいものです。快適な地デジ生活を送るためにも専門の業者にテレビとアンテナの点検をお願いしましょう。