東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

壁付けなら見た目もGood!テレビアンテナを設置するなら

壁に付けられるタイプ「デザインアンテナ」が販売されています。電波状態(弱電波地帯は不向き)や設置方向がある程度の制限はありますが、設置できるようであれば、絶対にお薦めであることは間違いありません。では、どのようなデザインのものがあり、設置するための条件は何が必須になるのかを分析して確かめてみることにしましょう。


テレビアンテナは屋根上だけではありません

どうしてもテレビアンテナと聞くと、皆さんは屋根の上に立ち並ぶ魚の骨のような形を思い浮かべると思います。もしかすると、円盤状のパラボラもイメージしてしまうかもしれません。どちらにしても「あれはアンテナだ」と確認できてしまうのが普通なのではないかと思います。

現在、テレビのデジタル信号受信して見るためには、いくつかの方法があります。先ずは代表的な屋根上に設置した魚の骨上のもの、屋内に設置するもの、地域のケーブル局から受信電波を受ける方法です。ケーブルによるものは、集合住宅やマンション系に多く採用されています。室内設置では、テレビ付近に設置するポータブルタイプや屋根裏の度に設置するものになります。そして、代表的な屋外設置では、屋根の上に設置するものと、壁に設置するデザインアンテナになります。


見た目もスタイリッシュでオシャレ

地上デジタル放送を見るための方法は様々ですが、屋外設置でもデザインアンテナは、建物の周囲、特に壁面に設置するので、住宅に溶け込みデザイン性も高いことから、違和感もなく、とてもスタイリッシュで、しかもオシャレに感じになります。もしかすると誰かにいわれないと、分からないかもしれません。それほどアンテナらしからぬ形容をしているのです。百聞は一見にしかず。。。ではないですが、実際にデザインアンテナをインターネットなどを利用して画像を見ていただければ「なるほど」と思われることでしょう。

見た目もとても良いのがわかります。デザイン性など優れているのですがやはり設置するには条件がありますので、事前に調査をしてみないといけません。また、持ち家ではない賃貸では、外壁に設置するので条件的に難しい側面はでてきます(設置許可が必要)。最近はベランダやマストに設置できるタイプもでてきているので、壁面設置に限定することはなくなってきています。


壁付けタイプの設置方法は?通常のアンテナと違う?

壁付けタイプ、いわゆるデザインアンテナと素子タイプでは、形状の違いから設置方法も異なってきます。その点を少し対比してみたいと思います。先ずは設置場所ですが、一般的な素子タイプは屋根上などにマストを立てて設置をします。屋根の形状も区々なので、マストを立ててからワイヤーなどで三方か四方を支線で固定します。デザインアンテナについては、平面アンテナとも呼ばれ、長方形で平たい形状をしています。設置もとてもしやすく、従来のものとは違いオシャレで人気があります。

平面アンテナは家の立地条件によっては、室内や屋根裏に置いても使うことができますが、主に壁面に設置します。ベランダの格子やポールでも利用は可能です。具体的な設置例などは、インターネットに画像が掲載されているので確認することができます。性能的には従来の素子型で弱から強電界用に多くのラインナップがあります。一方、デザインアンテナも性能向上していますが基本的に強電界地域向けである点は注意をしておきましょう。


まとめ

デザインアンテナは設置後もスタイリッシュなデザインなので利用することをお薦め出来ます。但し、設置条件が屋根上設置タイプに比べて、制約も出てくることは十分に理解しておく必要があります(条件次第では設置不可)。基本的な設置条件としては、別項で述べましたが中・強電界地域向けの製品が多いので弱電界地域の建物へ設置は難しくなります。また、対象エリアであっても環境によっては電波の十分な利得が確保できないと設置はできません。東京や埼玉ではデザインアンテナを設置するのには最適な地域になっています。先ずは、業者へ相談をしてみると良いでしょう。