東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

地デジアンテナはどうやって取り付けているのか

様々な種類やタイプのある地デジアンテナですが、業者へ依頼すると結構な金額がかかります。出来る限り、出費を減らしたいのなら自身で取り付けるというのも、一つの選択肢です。しかもその方が安くなるケースもありますし、業者へ依頼をするにしても、どの様な流れで設置しているのかを知る事で、万が一のトラブルでも安心出来ると思います。単にアンテナだけが必要ではなく、必要な部材もいくつかありますが、一体どこで手に入れれば良いのでしょうか。


取り付けの前にまずは電波強度から確認

アンテナを取り付けたいと思ったら、すぐに部材を購入!これではうまく設置出来ない可能性があります。すぐに取り付けしたい気持ちは山々ですが、まずは自宅のどの場所であれば、電波が強いのかを確認しなければなりません。周辺の住宅を見渡すと、どのアンテナもほぼ同じ向きをしていると思います。その方角こそが、電波局のある向きになるのです。続いては電波強度です。これは目には見えないので、専用の機器を使う必要がありますが、ホームセンターやネット通販で購入が可能です。一度しか使わない機器にお金をかけたくない場合は、地デジアンテナを設置している、業者へ依頼するのも一つの手段でしょう。電波強度によっては、満足に地デジの視聴が出来ない可能性もありますし、天候に左右される事も考えられます。その場合は、ブースターと言った、電波強度を上げる機器を設置する必要があるようですもちろんブースターに関しても、実店舗や通販で販売しています。


設置の前に必要な部材を確認

取り付けしたい場所の電波も問題が無かったら、さっそく部材を用意しましょう。まず地デジを視聴する為に必要なのがアンテナです。アンテナはUHFと呼ばれる魚の骨の様な細いタイプや、ボックスタイプがあり値段は5000〜15000円程度が相場です。また、アンテナのグレードによっても異なります。そしてアンテナを支えるアンテナマスト、マストジョイントや壁を支える部材が必要です。これら全て合わせた場合は、30000〜50000円程度発生すると言われています。ブースターがあれば更に金額は大きくなります。これらを用意出来たら、後は取り付けを行うのみです。壁に穴を開けて固定するので、インパクトなどの工具があればよりスムーズに進むでしょう。ちなみにこれらは全てネット通販、実店舗のどちらでも手に入ります。しかし実店舗の場合は、価格相場が異なったり在庫切れの可能性もありますので、いち早く地デジを視聴したい場合は、全てまとめてネット通販で購入すると良いでしょう。


これで地デジを視聴出来る!

環境、部材が揃ったら後は施工をするのみです。ベランダへ取り付ける場合は、手すりの部分にアンテナマストを固定して、アンテナを設置するのみになります。その際にビスで強く固定すると、台風や悪天候でも倒れる心配はありません。続いての設置方法ですが、屋根上になります。屋根上での設置は高所作業になりますので、トラブルが生じたり場合によってはケガをする恐れもあります。少しでも自信が無い方や、設置の知識が無い場合は、業者へお任せするのが良いでしょう。目的の設置場所に移動したら、まず壁にアンテナマストを打ち込んでしっかりと固定します。後はベランダに取り付けた方法と同じで壁面金具やマストジョイントを使って固定していけば良いのです。固定したら、実際に地デジ視聴が出来るか確認しましょう。場合によってはうまく映らない事もあるので、その時アンテナの向きを動かして調整すると改善する事もあるので、設置に関しては2名以上で行うのがベターです。