東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

意外なところにもつけられる?地デジアンテナの設置例

地デジアンテナを設置する際にイメージするのが屋根の上だと思います。しかし住宅の形状によってはそれが難しいケースもありますし、住宅の外観を壊したくないと言う場合もあるでしょう。そんな時には、まず依頼している業者へ、屋根上以外の設置場所について確認してみましょう。屋根裏や、ベランダ、手すりや壁に貼り付ける等と様々な設置例があるようですそれを参考にしながら、住宅の形状にあったアンテナを設置出来ればと思います。


せっかく立てたマイホームに地デジアンテナを屋根上には設置したくない場合は?

念願のマイホームを建てて、テレビ視聴の為に地デジアンテナを立てる。ちょっと待って下さい。せっかくキレイな外観にしているのに、屋根上にアンテナを立てると雰囲気が崩れてしまうし、洋風の住宅なら不釣合いに。近年では洋風、特に欧風の住宅の建築が増えているので、この様な問題が生まれつつあります。確かに屋根上に地デジアンテナを設置しているのは、和風住宅と言うイメージがあります。しかしそれ以外の住宅は、どの様にしてアンテナを設置しているのでしょうか?まさか立てていないという事は無いでしょう。電波強度の兼ね合いで、屋根上でないといけないケースもありますが、いくつかの設置例を調べると、必ずしも屋根でなくとも構わないのです。請け負う業者によっては、様々な場所に設置してくれる場合もあります。せっかくマイホームを建てたのですから、外観にもこだわりたいのは当然です。そういった場合は、地域の業者へ屋根上以外での設置が可能か相談をしてみましょう。


何も屋根上だけではありません!設置例を紹介

屋根上以外の設置例をいくつか挙げていきたいと思います。まず挙げられるのが屋根裏です。住宅に屋根裏スペースがあり、且つ電波が入りにくいので事前に感度調整や、電波強度の確認は必須です。その調査に関しても、業者へ依頼して頂ければ問題ありません。屋根裏だと、外から全く見えないので外観を損ねる事はありません。続いての設置場所ですが、ベランダやその手すりに地デジアンテナを設置している場合もあるようです外から見えるのですが、屋根上の様に目立たないのが特徴だと言えるでしょう。ちなみに地デジアンテナにもいくつか種類があります。皆さんが良く知っている、魚の骨の様なアンテナや箱型になっているボックスタイプ。そして卓上タイプに壁掛けタイプといった製品も存在します。これらを住宅の形状やイメージに合わせて設置する事で、地デジを視聴しながら外観を損ねる事もありません。他にも住宅に合わせた設置例がありますので、まずは業者へ相談することをお勧めします。


家の外観がすっきり見える地デジアンテナは?

家の外観がすっきり見える地デジあんてなとしてまず挙げられるのが、壁掛けの地デジアンテナ。このタイプは複数のカラーがありますので、住宅の色に合わせて設置が可能です。かと言って、ショッキングピンクやビビッドカラーのタイプは少ないので、あくまでも住宅の色に合わせるという考えが望ましいでしょう。このタイプであれば、他の地デジアンテナよりも、すっきりスマートに見せる事が出来るでしょう。他にもデザインアンテナと呼ばれる、凝ったデザインのアンテナもありますので、住宅の雰囲気とあわせたい場合に最適です。また意外な設置例として屋根裏の様に、自宅の中に設置するパターンもあるようですこの場合、アンテナな卓上タイプや、ボックスタイプである必要がありますが、一見地デジアンテナには見えませんし、置くだけで電波受信をしてくれるので、自身で取り付けたいと考えている方には良いでしょう。