東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

地デジテレビは安い値段のものでも映るのか

地上波を視聴するべく、テレビを購入を検討している。製品を吟味すべく家電量販店や、ネットで調べると地デジ対応しているテレビの価格に差がある様に思えませんか?これは一体何が違うのでしょうか?同じテレビだとしても、電波の受信状態や品質に差があるとしたら、テレビ値段だけで決めるわけにも行きません。また仮に地上波のクオリティが同じだとした場合、その価格差は何を示しているのか、気になりますよね。そのテレビ値段について分析してみましょう。


テレビ値段の違いで映りが違う?

テレビを購入しようと、家電量販店へ行くと価格にかなりの差がある事に気づくでしょう。その店舗だけかと考え、いくつかのテレビをピックアップし、ネットで価格帯について調べると、やはり同じ様に差がある。ほぼ同じ大きさなのに、どうしてこんなにも価格差があるのか不思議でなりません。ちなみにどちらも地デジに対応しているテレビなのですが、映りに影響が出るのでしょうか?ご安心下さい。テレビ値段の差で、地デジの映りに影響はありません。その為「最近、テレビの映りが悪い。」「ジャミングや、ブロックの様な表示が出る様になった。」と言う場合は、テレビが安いからと言う訳ではないのです。もちろん、テレビ自体になんらかの不具合が生じている可能性はあります。ただテレビ値段で変わる事は無いのです。ですので、これから地デジ対応のテレビ購入を検討している方は、価格帯で映りが変わる事はありませんので、その旨は安心してテレビを選んで頂ければと思います。


テレビの値段の違いの理由は?

しかしなぜ同じ大きさ、ブランドのテレビなのに、こうもテレビ値段に差があるのでしょうか。それはやはり性能差だと言えるでしょう。地デジの映りに関しては差はありませんが、搭載されている機能に差があるのです。例えばテレビは液晶なのかプラズマなのか、液晶であった場合はバックライトがLEDか、それ以外でもテレビ値段は変わるものです。ちなみに稀に液晶テレビでも、テレビチューナーが搭載されていないものも存在します。この場合は、当然地デジの視聴は不可です。こういったテレビはパソコンに繋げてモニター代わりに使用するため不要と言うケースで利用されます。もし他のテレビと比べて、かなり価格が安い製品があった場合、テレビチューナーの搭載有無を確認する必要があるでしょう。更に、入力端子の数や種類、LANやUSBの対応可否についても価格が大きく異なる場合がありますので、どちらにしろ性能をしっかり確認するべきでしょう。


テレビよりもアンテナの性能を重視すべき

地デジを視聴する際にはテレビチューナー内蔵のテレビ、あるいは外付けのテレビチューナーを購入する必要があります。そしてもう一つ、気をつけて欲しいのがアンテナの性能です。冒頭で、地上波を視聴している際に映りが悪くなってしまったり、ブロック表示やジャミングが生じる際には、アンテナの不具合の可能性があると紹介しました。全ての不具合がアンテナにある訳では無いですが、テレビ値段よりもアンテナの品質にこだわるべきだと言えるでしょう。極端な例を言えば、安いテレビでもアンテナのグレードが良く、設置さえしっかりしていれば長年トラブルを起こす事無く、テレビ視聴が可能です。また最近ではテレビチューナーと一緒に、ブースターが内蔵されている、テレビも存在するようですこれならアンテナのグレードがやや劣っていても、電波感度を高めてくれるので、ハイクオリティな状態で視聴が出来ます。テレビ値段の差はテレビの性能にあるといっても過言ではありません。