東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

新築戸建ての場合は要確認!アンテナ工事の手配を忘れないで!

家でテレビを見るためには、いくつかの方法があります。中でも1番一般的なテレビの視聴方法としてはアンテナ設置でしょう。アンテナを設置することで、各放送局や中継局から発信されるテレビ電波を直接受信することができます。屋根だけでなく壁面に設置するタイプもあり、特に新築戸建て物件を購入する際には設置の手配を行う必要があります。依頼のタイミング、見積もりから工事までの流れ、一般的な費用相場についてまとめています。スムーズに新生活を送るためにも知識として知っておいてくださいね。


アンテナ工事の手配は誰がする?

戸建てを建てる場合、新築物件を購入する場合には、アンテナ工事の手配をする必要があります。基本的には、自身で見積もり依頼したり申し込んだりしなくてはなりません。また、工事の依頼先は豊富にあるので、それぞれの特徴やかかる費用を自ら比較する必要があるでしょう。 たとえば、戸建てを建てる際に利用する不動産会社、工務店や施行店といったところを通じて依頼する方法があります。自ら電気工事関係の業者を探すよりも、手間がかからないと言えるでしょう。もう1つ、手間がかからないものとしては、引っ越し業者を利用するという方法があります。引っ越し業者のオプションサービスとして、アンテナ設置やその手配を行うようなサービスを行っている業者があります。ただ繁忙期などタイミングによっては、希望日時で工事を依頼するのが難しいこともあります。いずれの場合にも、プラスアルファで工事を依頼することで、割引してもらえる場合があるので1度確認されてみると良いでしょう。 自ら業者を探す方法で言えば、家電量販店や街の電気屋に依頼するということが挙げられます。仲介手数料がかかること、保証内容が充実していることから、他の方法よりも高額となりがちなのが一般的でしょう。その分、比較的すぐに希望日時で対応してくれる業者が多く、工事後のアフターサービスがしっかりしている場合が多いと言えます。また、直接アンテナ工事を請け負っている業者を探すのも1つの方法です。デザインアンテナ工事対応や24時間対応などの条件、予算に応じて様々な業者を比較できるメリットがあります。リーズナブルな価格で即対応を売りにしている業者、アフターサービスの充実を売りにしている業者など、ネットであらゆる業者を比較検討できるという良さもあります。


どのタイミングで依頼するのがベスト?

テレビアンテナの設置を行う業者、依頼先はたくさんあります。諸条件や費用を比較して決めるのが賢い方法ですが、いずれの場合にも、早めに見積もり依頼から手配を進めておかれると良いでしょう。依頼先にもよりますが、新居への引っ越しギリギリのタイミングで手配してしまうと、希望日時で工事してもらうのが難しいこともあるためです。また、テレビアンテナには数万円の初期費用がかかりますので、少しでも費用を抑えようと考える場合には、様々な依頼先や業者を比較する必要があります。そう考えると、やはり早めの準備が欠かせません。 不動産業者や引っ越し業者を通じて依頼する場合には、あらかじめ申し込みをしておくと、新生活を始めるのにベストなタイミングで手配ができます。家電量販店、工事業者などへ依頼する場合でも同様で、新居での生活が時始まる時期が明確になった時点で見積もり依頼をしておくのが良いでしょう。 また、アンテナ設置を行うための資格等は必要ない為、アンテナを自身で設置する方もいます。ただ、高所作業や電気工事関係の仕事をしている方などでない限りはおすすめしません。その理由としては、高所作業に伴うリスクが大きいこと、テレビ電波を受信させるために必要な知識が求められること、ケーブルの引き込み、アンテナ固定等、設置工事を行うにはやはりそれなりの知識や経験が欠かせないことなどがあります。DIYで挑戦しようを思われる場合には、改めて、アンテナ設置工事の手順や方法等についてきちんとリサーチしてみてください。失敗例なども読んでおかれると良いでしょう。


依頼から工事までの流れ

アンテナ設置の具体的な流れについても知っておきましょう。まずは、依頼先、業者の比較検討が重要です。そのためにも、いくつかの業者で見積もりを出してもらうことをおすすめします。不動産業者や引っ越し業者にアンテナ設置を依頼できるのであれば、事前に費用等を確認しておかれるとスムーズでしょう。新築戸建てへの引っ越しを機に家電の買い替えをお考えならば、その際にアンテナ設置工事について尋ねておくのも良いでしょう。専門業者に依頼する場合には、電話やメールフォームから問い合わせするのが一般的な方法となります。 見積もり金額、保証サービス等を比較したうえで業者を絞り込んだら、今度は電波状況の現地調査から最終的な見積もり金額の提示となります。電波状況をはじめとした諸条件によっては、最初の見積もり金額との違いが出る場合もありますので、そのあたりはきちんと確認しておきましょう。最終見積もり金額に納得がいけば、初めて契約となります。この時、保証内容については改めて確認をしておきましょう。そこまで済んだら、あとは実際にアンテナ設置工事を行ってもらうのみです。


費用相場について

アンテナ工事の費用相場について、他のテレビの視聴方法と比較しながら紹介したいと思います。アンテナ設置が最も一般的な方法と言えますが、中には「CATV」や「光TV」といった方法を利用する方もいます。CATVは「ケーブルテレビ」のことで、テレビ電波のような無線接続ではなく、有線で繋がります。CATVを利用してテレビを見る場合には、自宅のエリアに対応のケーブルテレビ局へ申し込みをして、初期工事をすればテレビ視聴が可能となります。対応エリアによってサービス内容が異なりますが、初期費用に加えて月額費用がかかるので、トータル的に費用は高額になりがちです。 光TVは、光ファイバーを使ってテレビを視聴するもので、インターネット回線とセットのため、CATVと同様に多チャンネルを楽しむことができます。インターネット回線と同時に申し込むことで初期費用を抑えることができる場合も多いのですが、やはり月額費用は必要となります。CATVと光TV共通のメリットとしては、アンテナ設置をする必要がない点、チャンネル数が多いという点が挙げられます。 メリットも多いCATVや光TVですが、費用面で言えば「アンテナ設置」という視聴方法が最も経済的です。初期費用こそ3~8万円程度と、CATVや光TVに比べて比較的高額ですが、月額費用は一切かかりません。1度設置すれば、自然災害等でアンテナが壊れない限り10~20年程度は使えます。新築戸建てを購入した場合には長くそこに住むと思われますので、アンテナ設置によってテレビを視聴するのが1番コストを抑えられる方法となります。テレビ電波の安定性という面でもメリットがあります。

まとめ

新築戸建ての場合には、ランニングコスト0円のアンテナ設置によるテレビ視聴が最も経済的です。ただしアンテナが故障してしまうと取り替えの必要が出てくる場合があります。設置後の保証期間や、どういった場合に対応してくれるのかなど、契約前にきちんと確認しておきましょう。新築戸建て物件の場合には、自らアンテナ工事の手配を行わなければなりませんので、業者を比較検討する際には、費用面と保証サービスを中心にしっかりと選びましょう。

この記事をシェアする