東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

地デジアンテナも進化!?今だからこそできるアンテナの選び方

地デジアンテナが出始めたころには、選択肢も少なくあまり選ぶということはできませんでした。しかし、近年では地デジアンテナもどんどん進化してきていて、そのデザインも、機能も実に様々です。選ぶことが可能になったからこそ、しっかりと特徴を理解して自分で選択したいですよね。

どのように選べば、より自分に合ったアンテナを選び、より快適にテレビを見ることができ、満足することができるのかご紹介します。


昔のアンテナから進化した新たな性能とは

アンテナは、ひと昔前の屋上や屋根につける大きな魚の骨のような形状から進化し、様々な種類が出てきています。

アンテナの性能として注目したいのは、素子数です。電波の弱い地域では、素子数が多く、感度の高いものを選ぶ必要があります。少し前までは、素子数の多いものを選びたいと思った際には、八木アンテナを選ぶしかなかったのですが、最近はデザイン性の高い平面アンテナでもある程度の素子数を確保できるようになって来ています。

より小さく薄型のものや、屋内でも電波を受信することができるものなども続々と出てきており、性能とデザインを兼ね備えたものが多く出てきているので、選択肢も非常に増えてきています。

自分の家や、設置したい建物の電界強度を知り、その電波状況に見合ったものの中から、自分の好みのデザインを選ぶことができるようになりました。


アンテナだけじゃない、地デジ環境の3つの種類とは

地上デジタル放送を見るためには、もちろん地デジアンテナは必要不可欠ですが、ただそれを設置しただけではテレビで放送を見ることはできません。

まずは自分の居る環境に地デジの電波が存在することが必要です。受信する機器をいくら揃えても、そもそも電波が発信されていない環境であれば残念ながらテレビを視聴することはできません。

次に、受信機となるテレビやパソコンです。放送を映し出す機器ですので、自分の見やすいものを選びます。最後に地デジ対応のチューナーです。最新のテレビやパソコンであれば、初めからチューナーが内蔵されているものも多く出ていますのでそれをお持ちの方は購入の必要はありません。


地デジ環境やアンテナの種類によっても業者の選び方が変わる?

地デジアンテナの工事を行う業者の選び方の1つの基準として、電波状況に合わせたアンテナの種類の提案をしてくれるかどうかという点があります。

電波の状況があまりよくない環境の場合、きちんと測定器を使用して調査をしてから設置してくれる業者を選ばなければ、上手く電波を受信することができずにテレビを見られないということがあります。また、電波状況によって設置可能なアンテナの種類も変わってきます。業者によっては、アンテナの種類の選択肢が非常に少ないところもあるので注意しましょう。

ある程度設置したいものや、種類が決まっている方は、それを取り扱っている業者であるかどうか、またそれを使用できるのかどうか事前に測定してくれるのかどうかを踏まえて、業者選びをしてください。


まとめ

形状や大きさ、取り付ける場所やデザイン、カラーなど、地デジアンテナの進化によって、選択肢が増えて選ぶ楽しみも非常に多くなってきました。好きなものを選ぶことができる環境にあるからこそ、しっかりと自分の求める条件にあったアンテナであるのかどうか、電波状況にきちんと見合った性能ももっているのかなどを事前にしっかりと把握をしてから選択し、設置するようにしましょう。