東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

東京でも必要?地デジブースターの役割と正しい選び方講座

地デジ放送を見るためには、アンテナだけでなく地デジブースターが必要になる場合があります。そもそもブースターの役割りは電波の増幅なので東京都内のように電波が非常に多く飛んでいる環境では必要のないものなのではないかと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、都内であっても環境によっては必要になる場合もあります。どのような時に必要となり、数ある種類の中からどのようにして選べば良いのでしょうか。


地デジブースターの効果と必要になるパターンとは?

地デジブースターとは、電波環境が良くない場所でテレビを見ようとする際に、電波を増幅し、高感度な地上デジタル放送を受信することができるようにするための機器です。しかしブースターは全ての環境で必要なものではありません。

ブースターが必要になるパターンは、屋外に設置してあるアンテナが電波塔の方向を向いていない、障害物があり電波が弱くて放送を見ることができない場合です。地上デジタル放送は、電波が弱くなってくると、映らなくなってしまうのでテレビを全く見ることができなくなってしまいます。ブースターを使用すれば、アンテナに電波が届いてさえいればどんなに微弱な電波であっても、テレビを見ることができるレベルにまで電波を増幅してくれます。


地デジブースターが効果を発揮する設置場所の確認方法

ブースターの機能を最大限に発揮させるためには、基本的には設置したアンテナに近い部分に取り付けることが大切になってきます。最も良いとされる設置箇所は、アンテナのすぐ下です。

屋上に設置されたアンテナの場合には雨や雪など天候による害から守るために、防水型の地デジブースターを使用することをおすすめします。分配器やケーブルなどよりも、アンテナに近いところに設置した方が良いとされておりますので、場所を考える時には、まずその他の機器の場所を把握するようにしましょう。


正しい地デジブースターの選び方とポイント

一口にブースターと言っても実に様々な種類があります。いったいどのような選び方をすれば良いのでしょうか。

まずは、使用帯域を確認します。フィルターが付いているので、増幅することが可能な周波数帯域とできない帯域があります。次に、入力した信号をどれほど増幅できるかを表す数値である利得です。この数値によって増幅するのか、増幅せずに通過するのかを見極めることができます。

そして、ブースターに適切なテレビ信号を入力するための標準入力レベルを見ます。テレビ信号が低すぎれば雑音ばかりになり、高すぎれば増幅した信号に歪みが出てきます。ブースターの機能をしっかりと果たすためにはこの数値を見ておくことも必要になります。最後に受信品質を損なわずに増幅することができるレベルの確認です。これらのポイントと、自分の必要な条件とが、合致しているかどうかを見極めて選ぶようにしましょう。


地デジのブースター選びで迷う価格帯

地上デジタルの電波は、東京スカイツリーの電波塔から送信されていますが、電波塔から遠く離れていたり、高層ビルや山などに阻害されてうまく電波を受信できない場合には、ブースターを利用するのが良いでしょう。微弱になった電波を強化し、テレビのノイズや映りの悪さを解消してくれます。ブースターを設置する事で、見られなかった地デジが見られるようになるかもしれません。家屋内で何台かのテレビを見る場合などには、分配器を使って割り振りする必要があるのですが、そうすると電波が弱くなってしまう場合もあります。そういう時にもブースターを使うようにしましょう。分配器を使って増幅する場合に用いるブースターの価格は1000円〜2000円代と手軽に購入出来ます。テレビの近くに取り付ければ電波状況を改善する事ができます。

地デジやハイビジョンレコーダーなどのブースターの価格は高め

地デジでUHFやBS・CS放送なども楽しみたい、番組を綺麗に録画したいという方には入力端子や出力端子がいくつかついたブースターをおすすめします。少々価格が高いかと思いますが、防水機能もついていれば屋外・屋内両方で使えるかと思います。ブースター音が少ない、消音設計のものがおすすめです。家電量販店などで、ご自宅のテレビの台数や、電波状況などを相談してみるのも良いでしょう。また、取り付けが簡単なものなら、女性でも安心です。屋外に取り付ける際には、足元に十分気をつけましょう。UHFだけのものを購入してしまうと、BSやCS放送がうまく見られないかもしれないのでBS・CS放送なども楽しみたいという人は対応しているかどうか、確かめてから購入しましょう。

地デジ以外にCATVを見られるブースター、価格帯は?

地デジ以外にケーブルテレビなども楽しみたい、という人はVHF/UHFアンテナを設置していると使用できない場合がありますので、購入の際には注意しましょう。いずれにしろネットでは数千円の価格で購入出来ますので、仕様に注意して選ぶようにしてください。一口にブースターと言っても、ノイズキャンセリングのためのものや、衛星放送を楽しみたい人のためまでいろいろあります。無線のテレビアンテナとブースターを使って、置きたい場所にテレビを設置出来たり、各部屋でテレビを楽しむ事が出来るようになります。また、パソコンに取り付けてパソコンでテレビ番組を楽しむ事が出来るものなど、いろいろな仕様のものがありますので、ご自身の用途に合ったものを選ぶようにしましょう。ノイズ混じりだったテレビが綺麗に映ったら嬉しいですよね。

まとめ

電波状況の良いイメージの東京ですが、その電波状況は地域や周辺環境によって実に様々です。電波が弱い場合には。ブースターを使用して電波を増幅する必要があります。そしてそのブースターにも多くの種類があり、電波状況によって選ぶべきものが変わってきます。テレビを見ようとしている環境に合わせて必要なものを選べるように、事前にきちんと調査することで、ブースターの機能を発揮させ、快適な視聴ができるようになります。