東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

アンテナが折れた?撤去工事をするための注意点

撤去については設置に比べて、費用面では格段に安いのとは確かです。但し、撤去した後の建物などへの設置していた部分もメンテナンスをしておかないと、後々、別の問題にも発展します。建物などの対処も含めて考えておきたいところです。


自分で撤去するのは非常に危険

撤去だけだと、ただ取り外すだけだから業者を使わなくてもご自身でできそうなのでと思うことも多いでしょう。確かに設置した場所から取り外してしまえば良いのです。設置場所が屋根の上や壁などですし、高所の設置も多いので簡単に撤去するのは難しく、危険な作業にともないます。また、建物への影響も考えられますので、取り外した後の建物への補修も必要になることもあります。知識と準備がそれなりに必要なのです。

これらをまとめると、リスクとしては、取り外しの場所が高所などで危険、設置場所により建物への補修が必要になる、撤去した部材の処理が大変、室内配線のチョイスも必要など、ただ、撤去とはいきません。業者を利用することが色々な面で安全な撤去策となります。


アンテナ工事のプロへお任せするのがおすすめ

アンテナ設置はどうしても取り付けてお終いではなく、多かれ少なかれ建物への加工を施すことも多く、それを撤去するとなると、建物に影響をあたえていた部分も補修が必要になることがあります。単純に撤去すれば良いというものではないので、やはり工事をすることが可能な業者へ依頼しておくのが、後々の建物リスクを回避することができる訳です。

具体的にリスクといえば、建物にしっかりと設置しているので建物や尾根に加工をしている部分をしっかり修繕しておかないと、雨漏りや水の浸食などで、建物に大きなダメージを与えてしまう、というものです。また、室内配線もそのままだと同様のリスクにつながります。プロに頼むということは、設置していた建物部分の確認と必要な手当が含まれてくるのです。


設置だけじゃない!撤去や修理も頼んでみよう

工事となると設置だけを連想しますが、後のことを考えればご自身で撤去するよりプロに頼むのが一番安心できると思います。設置されているものをキレイに撤去し、建物に影響している箇所の手当も含められる訳です。また、撤去した廃材の処分、これが大変です。まず、普通のゴミではないので、清掃業者引き取りもしてくれない場合も多いですし、してくれたとしても費用がそれなりにかかります。工事業者に頼めば、廃材も回収してくれます。

また、アンテナも長く使用していると、何かと不都合もでてきます。工事をやっている業者ならメンテナンスから修理もしてくれます。設置している部分も問題ないかを確認し、必要なら補強やや修理もしてくれます。設置だけではなく、撤去や修理などにも利用するのもお薦めの利用法になります。


まとめ

設置工事にだけと思わず、アンテナや引き込まれたケーブル類などを撤去や修理すめ場合も業者を活用することで、撤去後の住宅のトラブルの回避や修理による視聴回復が可能になります。ご自身でするのは費用もかからないのですが、祖二分リスクは大きくなります。プロに依頼することで、次への対応も早くなり良い結果としてなります。但し、業者選びでは必ず一つの業者だけでなく複数の業者に見積書作成を依頼して、内容の確認はしっかりとすることを忘れずにしてください。