東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

室内アンテナで地デジテレビはどこまで観られるのか調べてみた

管理会社を通してオーナーに許可をもらう必要もなく、割と低価格で手に入るとなれば室内用のアンテナを選択したくなるのは自然の流れです。しかし、電波というものは様々なものを突き抜けて一直線に届くというものではないので、室内に設置するならそれだけたくさんの妨害を受けることになるのです。
せっかく室内アンテナを設置しても地デジテレビが映らないということも多々あるのです。そうならないようにするために気をつけたい点について紹介していきたいと思います。


室内型簡易アンテナでテレビを見よう

室内設置型の簡易テレビアンテナは、マンションやアパートなどにお住まいで映りが悪い場合などに活躍します。まずは大家さんなどに掛け合って、相談して改善すればいいのですが、高層ビルに阻まれていたり、山あいなどで電波が届きにくい場合には、各自でブースターなどを購入する必要があるかもしれません。

また、アンテナを立てても積雪などですぐだめになってしまう場合には、無線のアンテナを各部屋に設置した方が、工事費用がかからないのでお得かと思います。費用も1つ数千円からあり、衛星放送やハイビジョンテレビ、録画などをする場合は、それ相応のアンテナが必要です。オーナーの方であれば、アンテナやブースターを設置する事で、入居者を募集する際に衛星放送視聴可、などと記載する事ができます。

室内アンテナでどこまで視聴可能か?

あまり好評とは言えない室内アンテナですが、手ごろな価格で手に入りますから一度試してみる価値はあるのかもしれません。設置環境によっては何の問題もなくテレビが見られるかもしれないからです。
部屋の中で電波が受信できなかったからと言ってすぐに断念することはありません。そんな時はアンテナだけを外に出してみるとテレビが映るようになる場合もあるのです。地デジの電波はアナログに比べると受信しやすくなったと言いますから、テレビが見られる確率も高くなったということでしょう。しかし電波塔に背を向けるようにして建っている鉄筋コンクリートのマンションなどは、室内アンテナを設置するだけで地デジを視聴できるようになる可能性は低いかもしれません。

マンションやアパートなどの場合には、やはり屋外にアンテナを設置して、さらに屋内のアンテナとブースターも完備すると万全です。アンテナは向きによって感度が変わり、映りが悪くなる事もあります。

室内用のものはそれぞれ置きたい場所にテレビを設置出来るというメリットはありますが、部屋によっては見られないチャンネルやノイズの入った画面になってしまう可能性があります。せっかく入居したのにテレビの映りが悪いとがっかりしてしまうことでしょう。

積雪が心配な地域であれば、棒状のものではなく、縦型のアンテナもありますので、業者や工務店などと相談して設置するのが良いでしょう。あくまでも屋外アンテナがあって、簡易アンテナは、その補助程度に考えた方が良さそうです。


室内アンテナの設置場所を探す方法

部屋の中でアンテナを設置する場所、電波状況のいい場所を探すためにはどのような方法があるのでしょうか?まず一番簡単だと思われるのは、スマートフォンなどで「ワンセグ」が見られるかどうか確かめるという方法です。こちらはあくまでも目安という程度の簡単なものなので、「ワンセグ」が映るからと言って喜んでいられません。
「ワンセグ」ではなく「フルセグ」の視聴が可能であれば地デジも視聴できるということになります。電波塔が見えているのならそちらの方向にアンテナを向けるというのは最も重要なことですので、近くの家のアンテナの向きに合わせてみるのもいいでしょう。
そうでない場合にはここでもスマートフォンが活躍します。アプリを使って電波塔の位置を知り細かく調整していくのです。


室内アンテナの種類と価格

室内に置いた場合、できるだけおしゃれで小さくてインテリアの邪魔をしないものがいいという方も多いと思います。しかし、利用する場所で電波が安定していないと室内用のアンテナで地デジを見ることは難しいのです。
少しでもそんな悩みを解決するために日々商品開発は進められ、今ではブースター内蔵型の室内アンテナも販売されています。室内アンテナには様々な価格のものがありますが必ずしもその性能が価格に比例しているとは言い切れません。電波状況によっては安い物でも十分に対応できるのです。ご希望の場所でテレビが視聴できるかどうかは設置してみないと分からないというのが現状と言えそうです。


まとめ

屋外にアンテナを設置することはできないという理由から室内用を設置したとしても、地デジテレビを確実に視聴できるようになるとは言えませんし、電波の測定器は専門的なもので一般の人では手に入りません。地域に密着した販売店なら試供品を貸し出すことで受信状況を確認するサービスを行っているお店もあると言います。
こうしたサービスやスマートフォンのアプリなどを上手に活用しながら室内アンテナでも電波を受信できるように工夫してみましょう。