東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

相場はどれぐらい?アンテナ修理にかかる費用!

急にTVが視聴できなくなった、画質が悪くなったといった場合には、アンテナの不具合を疑う必要があるかもしれません。アンテナ工事の依頼など、そう何度も経験するものではないので、よく分からないといった方が多いかと思います。そんな方々の参考になるように、ここでは本当に修理が必要かどうかの見極め方、修理に関して、費用についてなどについてまとめています。TV視聴、アンテナの状態に不具合を感じている方はご覧ください。


本当に修理が必要?

TVが見れない、画質が悪いといった場合、確かにアンテナの不具合が原因となっているケースも実際よくあるパターンです。アンテナの寿命なのかもしれませんし、外的要因でアンテナが壊れてしまったのかもしれません。ただ、アンテナが原因だと断定する前に確認していただきたいことが2点あります。 まず1つは、すべてのチャンネルで不具合が生じているのか、1つまたはいくつかのチャンネルに限定したことなのかという点です。TVの買い替え、設定がリセットされてるといったタイミングであれば、追加登録すべきチャンネルが未設定になっている場合もあります。2つ目は、自宅内の他のTVでも同様の不具合が生じているかどうかです。1台のみの場合は、アンテナが原因でない可能性が高いです。ケーブルが抜けている、ケーブル等配線の接触不良、もしくはTV自体が壊れているなど考えられます。その他、自宅内のすべてのTVが写らないといった場合には、ブースターの電源がきちんと差し込まれているかどうかも確認しましょう。 上記に当てはまりそうにないのであれば、やはりアンテナに原因があるのかもしれません。特にもし、台風や落雷等の天候に要因があると考え得る状況ならば、アンテナの不具合を疑っても良いかもしれません。可能な限りで、アンテナに傾きがないか、破損がないかなど、確認しましょう。ただし、屋根などに上ってまで確認するのは控えてください。やはり素人が高所に上って確認するのは危険です。見た目に明らかな不具合が確認できるとも限りませんし、専門業者へ依頼することをおすすめします。点検のみでしたら数千円程度で済みますし、プロに任せましょう。依頼する際に、自身で確認したTVやアンテナの状態について説明できるとスムーズかと思います。


保証内容をチェック!

業者に問い合わせをする前に、もう1点確認しておきたいことがあります。それは、取り付け工事を行った業者による保証の有無についてです。もしかすると、保証の範囲で修理することができるかもしれないからです。業者によって、設定される保証期間は異なります。多くの業者では、5年保証が設定されています。中には8~12年保証など長めに設定されているところもありますので、実は保証の対象だったということがあるかもしれません。保証書等、アンテナ設置工事に関する書類があれば内容を確認してみてください。 内容については業者によって細かな違いがありますので、そのあたりも確認しましょう。書面で分かりづらい場合には、直接電話で問い合わせされると良いでしょう。「TVの写りが悪い」といったケースでも、有償か無償かはその業者の保証制度によって異なります。ただ一般的に、保証の対象とならないことが多いケースもあります。それは自然災害等によるものです。台風や落雷、大雪、地震などの災害が要因だと考えられる場合には、保証対象外とする業者がほとんどです。しかし中には、保証内とする業者もいるようなので、詳細は直接訪ねてみるのが良いでしょう。 また、保障期間が過ぎている場合には、新たに業者を探してみるのも良いでしょう。その際には、取り替えするケースも想定して、アンテナ設置工事後の保証期間や内容についてチェックしておかれると良いでしょう。少し余裕があるのなら、複数の業者を比較してみると良いですよ。修理・取り付け工事費用の相場も分かりますし、良心的な業者とそうでない業者との違いも見えてくるはずです。


自分で修理できる?

アンテナの傾き程度なら自分で修理できるのでは?と思われるかもしれません。業者に依頼すると費用がかかりますし、アンテナ工事に必要な資格というものはないので、なんとか自分でと考えるのもよくあることです。しかし、アンテナ修理となると基本的に高所作業です。危険が伴うため、やはりおすすめできません。プロでも2人作業、3人作業がより安全と言われる工事です。自分で修理するというのはリスクが高いのは言うまでもないでしょう。 ちなみに、アンテナ設置工事の初期費用相場は約3万円から8万円程度だと言われています。アンテナ本体の価格自体は数千円から1万円程度の製品が多いのにもかかわらずです。他の電化製品等でも業者による設置工事サービスを行うことがありますが、そんな中でもアンテナ工事にかかる費用は高額と言えます。それはやはり、高所作業という危険が伴うからと考えて良いでしょう。 また現実問題として、素人が不具合の原因を突き止めて修理するというのは容易ではありません。やはりアンテナ修理や設置には知識や経験が必要なのです。下手に素人が触って故障させてしまい、修理でなく買い替えになってしまったという場合もあります。プロに任せてしまうのが賢い選択だと考えましょう。


修理にかかる費用

アンテナ修理にかかる費用については、業者、条件によって大きく異なります。費用相場は紹介しておきますが、あくまで1つの目安として捉えてください。まず点検・調整等でしたら、3,000円程度から1万円以内で収まる程度になるかと思います。取り替え工事になると、アンテナ設置工事にかかる費用とほぼ同等と考えておかれると良いでしょう。約3万円から8万円程度とされていますが、業者や工事内容によってはそれを下回ることもあります。 点検や工事費に加えて、出張費、時間外料金等追加でかかる場合もあります。TVやアンテナの状態によって工事内容やかかる費用も大きく変わってきますので、やはり業者に依頼してまずは見積もりを出してもらうことです。その際、複数の業者に依頼しておくと適正価格が見えてきます。とにかく安ければ良いとするのではなく、きちんと作業してくれる業者なのか、保証サービスが充実しているのかなどについても比較してみてください。説明がないまま追加料金を請求されたという料金トラブルもよくあります。慎重な業者選びは欠かせません。




まとめ

アンテナ修理、工事など、そう何回も経験することではありません。そのためいざその必要性が出てきたときに慌ててしまう、十分な業者選びをせずに決めてしまうといったことがあります。まずは修理の必要性について可能な範囲で確認し、いくつかの専門業者へ問い合わせをしてみましょう。保証期間内であれば、対象の業者へまず連絡です。点検についてもそうですが、費用を抑えるために自分でやろうとするのは危険です。実績や保証内容についてもしっかり確認する必要はありますが、いざ依頼してみると思っていたよりも安く修理できることもあります。点検・調整程度で済むこともありますし、プロの力を借りてみてください。

この記事をシェアする