激安でアンテナ工事を依頼する場合の工事料金はいくら?【東京編】

uhfアンテナで受信可能な放送を視聴するためには、設置が必要なのですが、いったいどんなものなのでしょう。uhfアンテナを利用することについて、少し調べてみました。この呼び名の場合は、魚の骨のようなタイプを指している場合が多いようです。

uhfアンテナってどんなもの?

uhfアンテナは、既に少し触れていますが地デジアンテナそのものです。言い方だけの相違といえます。地デジ用アンテナイコールuhfアンテナなのです。但し、概ね魚の骨タイプをuhfアンテナと解釈する向きは強いでしょう。昔ながらの言い方となります。アナログ時代のvhfアンテナより高い周波数対を受信可能にしているのです。

アナログ放送主流の時代でもuhfアンテナはあり、専用のテレビ局が放送をしていました。もっぱら地方局が多かった印象です。チャンネル数も少なめでした。以前よりuhfアンテナを使っていれば、そのまま地デジも受信できて視聴もできています。感度の調整は必須なので、現在だと東京スカイツリーへ向けて使用しています。

業者によって料金は変わる?

工事関連の費用はは1人頭で規準が地方毎に違っています。とりわけ全国で見ても一番高いのは東京になります。この規準はどの凝視でも一定の範囲で差はありません。そうなると他の部分、つまりアンテナを含む部材や出張料(移動距離)などで、違いがでてきてしまいます。業者毎の設置ノウハウの違いも費用にでてきますので避けられません。

そのため参考程度ですがおおよそ4万~8万という幅がありますが平均費用というものがあります。この平均をベースに工事をするに当たり、確認してみると良いでしょう。特に、必ずやって欲しいのは、複数業者に見積を頼むことです。この見積が適当な業者や拒む業者は、安い費用でも避けることが大切です。

特にアンテナ工事は、設置してから年単位で使用していくものですから、しっかりとした工事内容が求められるのです。

電波が弱い場合も心配無用です

東京では、強電界地域にはなりますが、逆に人口密度が高く、家屋が密集していることも少なくありません。周波数の高い電波である地デジはその性質上、アンテナを遮るような物体があると、電波が反射されてしまい届きにくくなります。低く影になるような場所でも電波が弱まり、それを引き込んで複数の部屋に分配するとなると、安定して見られる状態ではなくなることもしばしばです。

そこで登場するのがブースターです。アンテナ配線の分配前に、ブースター装置を返して信号の増幅を行い対応をしていきます。アンプといった表現でも良いかもしれません。例えば弱くなって30db程度になってしまってもブースターを利用することで50sb以上にしたり、安定した視聴レベルを可能にしてくれるのです。

まとめ

少しでも安く、できれば激安にしたいのであれば、uhfアンテナの設置環境次第で可能な場合もありますが、安定して長期間、地デジを楽しみたいと考えれば、ある程度の費用はどうしても必要になります。少しでも費用を抑えて確実なアンテナ設置をしたいと考えれば、地元の複数業者へ見積書作成をしてもらいましょう。また、業者が代理店になっているかなど、部材などの入手形態でも費用は抑えられます。様々な対応で安価に確実な業者選びができると思います。事前にしっかり調べることを怠らないことが大切になります。