東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

何故新築住宅でアンテナ工事が必要なのか

新築に住む場合に、どのようにアンテナ設置を事前にしておく必要があるのか、新築建物の状態などを考慮して、設置を準備して入居後、直ぐにでも視聴できる環境を作っておきましょう。どのタイミングが良いかも含めてみてみましょう。


どうして地デジ視聴できないの?

視聴できない理由は、新築住宅では基本的にテレビ視聴環境を持っていないことが見られない理由です。単純ですが新築でしたらアンテナ設置の準備はしないといけないと考えてください。但し、注文住宅でしたらご自身の要求もいれておけるので、テレビ視聴環境も予め入れておけるため、住宅完成時にはテレビ視聴環境も既に出来上がっていると考えます。新築でもマンションなどの場合は、入居後に直ぐにテレビ視聴は可能な場合がほとんどです。

どうしてもマンションなどの集合住宅は、それぞれ屋根があったり壁があったりしないので、後の設置が難しいことがあります。必要な装備としてインターネット環境やテレビ視聴環境を含めて販売されています。マンションの地デジ視聴環境は、主に値域のケーブルテレビが引き込まれているのです。


新築だからこそ外観を重視すべし

新築で見栄えも良いところに、屋根にアンテナではちょっと見栄えも良くはないでしょう。そうなるとアンテナ選びは、デザインアンテナ(フラットアンテナ)なります。屋根上ではない設置になることで、低い位置になり電波の感度は低下しますが、そこは東京、地の利(地デジにとって)で強い電波値域だから条件を満たせているので設置が可能になります。

デザインアンテナは、外観はとてもアンテナに見えず、それを壁面などに設置するので、違和感もないので適したものになります。東京は電波状態が強い傾向にあるので、設置条件としては地方にはない好条件になります。なので、外観重視であれば、魚の骨タイプではなくデザインアンテナを設置することで、外観を崩すことなく、地デジ視聴が可能となります。


気になる料金相場はどのくらい?

他でも工事費用相場には触れていますが、幅があって4~8万程度になります。設置規模で料金は変動しますので、しっかりと事前に見積を立てて、設置工事の中で追加などがでないか確認をしておくことが大切になってきます。アンテナ工事で多いトラブルは、最初の予定価格に対して、追加装備がでてきたとの名目で、料金加算されて最終的には数万も高くなってとまうことです。

実は、この数万のブースター一つ追加するだけで1万以上の増加につながります。設置後に分配した部屋の測定をしたら、信号レベルがひくいことがわかり、ブースター追加が必要になった結果です。ブースターは、1万~3万の価格になります。また、工事内容で工事するのに1名増員ということでも、万単位の料金が派生してします。この分は注意をしておく必要があります。多くても10万は超えることはないと思っておいてください。何より見積をしっかりとしてください。


まとめ

新築でも集合住宅やマンションは個別にアンテナ設置が難しいことで、ケーブルテレビが導入され入居後に即時、視聴はできるところが多いです。ただ、一戸建ての場合、基本的にアンテナなどは、完成後に住居者が設置するのが常識です。このことを認識しておき、地デジ視聴の環境を準備することで入居後に視聴が可能になります。早めに業者を決めるなり、小型の室内アンテナで対応するなり考えておくことが大切です。「新築はアンテナ工事が必須」という言葉を覚えておいて欲しいと思います。