東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

新築だからこそこだわりたい!テレビアンテナの種類を教えて

家を新築する際、家具やインテリアはもちろんの事、「リビングに大型テレビを!」と夢見るお父さんは少なくないと思います。設置するテレビのことばかり関心が向いてしまいがちですが、テレビを視聴するためには、アンテナが必要となります。

アンテナには、地上デジタルをはじめBS・CSの電波を受信できるものや、またその形状によっても様々な種類があります。数ある中から満足できる機種を選ぶために、我が家にぴったりの最新のテレビアンテナをご紹介します。


アンテナ工事を依頼する前にアンテナについて学ぼう

テレビアンテナの種類には、屋根や屋上に設置する骨組みのような形状の屋外型と、壁面やベランダに設置する平面型の屋外型と、室内に設置する室内型になります。建物の外観に拘りがある人は、平面型のデザインアンテナを設選択する場合が多いです。また、室内型は工事をしなくても簡単に設置できるので、主にワンセグなどに用いられます。その他地上デジタルを受信できるものに加え、BSデジタルやCSを受信するものもあり、組合せて設置する事で視聴可能なチャンネル数が増えるわけです。

また、地デジとBS・CSアンテナをセットで設置する事で、コストダウンすることが出来るので、新築で設置する場合は、セットでの設置をおすすめします。アンテナ工事の業者によっては、工事代金が無料サービスだったり、設置から5年間の長期保障が設定される所もあるので、慎重に比較して賢く業者を選定するようにしてください。


電波とアンテナの関係とは

アンテナには、電波を発信するものと受信するものがあります。発信するほうは、高周波の電流を空中に電波として多く放射させるのがその役割で、受信するほうはその放射された電波を出来るだけ多く取り込むことが役割となっています。

電波の放射はアンテナの長さに大きく関係があるため、高層ビルが林立した都心では、その影で電波が届きにくいところがあるようです。そのためにテレビ塔として東京タワーよりもさらに高いスカイツリーを建設することで、ワンセグやマルチメディアといった携帯機器での快適な視聴も望めるようになりました。

目には見えないけれど、私達の周りには多くの電波が飛び交っているようですが、それぞれが定められた周波数の電波をきちんと受信して、私達の日々の生活に情報や娯楽を届けてくれているのです。


UHFだけじゃない!アンテナの種類いろいろ

一般的にアンテナといってまず思い浮かべるのはテレビ用アンテナでしょう。現在、地上波放送受信用でもっとも広く使われているのは、八木・宇田アンテナです。これは日本の研究者によって開発されたもので、シンプルで画期的な構造であることから今もなお東京を中心に多くのテレビ用アンテナとして採用されています。

ラジカセやポケットラジオにはバーアンテナと呼ばれるループアンテナが内蔵されています。コイルの部分にフェライトが使われているため電波をとらえやすく、本体の小型化が可能になりました。日常生活であまりなじみのないアンテナとしては、自衛隊が使う無線機に組み込まれたログペリオディック・ダイポール・アンテナや、消防署などの固定局アンテナに採用されているグラウンド・プレーンアンテナがあります。

また、アマチュア無線家が独自に開発したヘンテナも安定したニーズを確保しています。アンテナ工事でも取り付けるアンテナの種類や工法が変わってきますので、くわしくは施工業者に御相談ください。

家に合ったアンテナの選び方

マンションで生活していると、テレビの視聴は自宅の壁面テレビ端子からの受信によるものとなります。最近ではほとんどのマンションで地デジとBSデジタルが視聴できるよう設定されています。しかしまれにマンションの許可等が必要になることもあり、各戸でベランダにCSアンテナを設置しているのを見かけます。

新築の戸建てなら誰に遠慮をすることもなく、家族の希望に合わせて好きなように設置できるので、その家にあったものが選べるわけです。しかし、メーカーや形状や種類、そしてその性能や価格といった多くの選択肢の中で、迷う事や戸惑う事もあるかもしれません。悩んだ時こそ専門家のアドバイスが大いに参考になると思うので、信頼できる業者との出会いも、満足できる選択の大事な鍵になると思います。


デザインアンテナのメリットと注意点

地上波放送用としてアンテナ工事でも主流なのは八木アンテナですが、現在ではまったく新しい見た目のデザインアンテナが注目されています。八木アンテナは安定した性能をもつものの、魚の骨にも似たぶっきらぼうな見た目が弱点といえば弱点でした。オシャレな一戸建てにはとくに、その外観に調和するようなアンテナを取り付けたいですよね。

デザインアンテナは平面の薄型タイプなので、まわりから見てもほとんど目立ちません。性能そのものは八木アンテナと変わらないので、家そのもののオシャレさにこだわりたい人にはおすすめです。ただ、従来型よりコストが高い、東京などの都市部でも現時点では取付可能エリアが少ないなどのデメリットがあるので、お住まいの地域の状況などをよく調べたうえでどちらのアンテナが良いかを考えましょう。

まとめ

思い入れを持って建てる新築のマイホーム。家族との団欒をより一層楽しいものにしてくれるはずだから、テレビアンテナはこだわりを持って選びたいと思うのです。家族みんなの笑顔の向こうには、一生懸命電波を送り一生懸命電波を受信するアンテナの働きがあるのです。だからこそ我が家にあった最高のものを選びたいと思うのです。