東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

地デジアンテナの値段は安すぎてもダメ

地デジのアンテナ工事は会社によって値段がかなり違ってきます。何を基準に選べばいいのかわかりませんよね。せっかくなら安心してアンテナ工事をお願いしたいものです。それにはアンテナ工事代金の金額だけではなくいろいろな要素を総合的に考える必要があります。ここではアンテナ工事の際にかかる諸費用の内訳や、安い理由などを紹介していきます。

地デジアンテナ工事の保証と値段

不動産会社や建設会社、工務店などと提携しているところは、地デジアンテナ工事の際に屋根を傷つける事なく工事を行ってもらえます。屋根や外壁などを傷付けてしまうと、破損部から浸水し、雨漏りの原因になる事があります。外壁でも同じです。外壁から雨漏りする事もありますし、ベランダから雨漏りする事もあります。そのため、アフターケアをしてくれる、保証のついたところにお願いしましょう。雨漏りは気づいた時にはすでにかなり進行している事が多く、床板や柱、天井裏が腐ったりカビたりすると、かなり大掛かりなリフォームが必要になって来ます。節約したいからと値段が安すぎるところにお願いしたために、後から大きなしっぺ返しがきてしまっては工事の意味がありません。必ず保証のついた会社を選んでください。また、アンテナ工事後にひび割れなどがないかどうかきちんと確認しましょう。

新築物件の地デジアンテナ工事、そのお値段は

また、新築物件にはアンテナがついていない事が多く、地デジアンテナを設置する必要があります。アンテナを無線化していくつかの部屋でテレビを楽しみたい場合は、分配器などを使うか、さらにブースターを利用して電波を補強する事になるかと思います。通常、アンテナ工事は安くて1万円台から行ってもらえますが、ブースターをつけると数倍の値段になりますので、一括で割引がないかどうか聞いてみましょう。また、せっかく新築にアンテナをつけるなら値段も安く、おしゃれな物の方がいいですよね。それに、衛星放送なども見るのかどうかによって、つけるアンテナも変わってくるかと思います。万が一アンテナ設置工事で雨漏りが発生したとしても、2006年以降に建てられた新築物件は、雨漏りの10年保証が法律で決まっていますので、建築会社やハウスメーカーなどに連絡しましょう。

地デジアンテナを自分で取り付ける際は値段を把握しよう

屋根に取り付ける主なアンテナは数千円から売っていますが、必要な工具などを揃える必要があるかもしれません。家電量販店やホームセンターなどで確認しておきましょう。屋根に登る際には、足元に十分気をつけましょう。さらに、戸建の住宅で、地デジアンテナを無線化して各部屋で楽しみたい、という場合は、分配器やブースターなどが必要になるかと思います。その際には衛星放送などを見るのかどうかによって購入するべきアンテナやブースターなどが違ってきますので、きちんと計画を立ててから購入するようにしましょう。うまくいけば業者に頼むよりも半額以下の値段でできるかもしれません。安全性や保証はありませんが、取りつけに自信のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

地デジのアンテナをつける際には、建設会社や工務店などと提携している会社で、さらに保証が付いているところにお願いすれば確実です。目先の値段にとらわれすぎると、後で故障や雨漏り被害等で余計に費用がかさんでしまう場合があります。また、新築物件にはアンテナがありませんので、工務店などに聞いてみるのも良いでしょう。自分で付ける際にはどの部屋のどの位置でテレビが見たいのか、それには分配器やブースターをいくつ用意すればいいのかなどを把握してからとりかかりましょう。高い場所での作業になりますので、周囲の安全を確かめてから行うようにして下さい。