東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

テレビの調子が悪い…アンテナの修理方法と費用の相場は?

古くなったテレビアンテナの処理方法には、交換、修理、撤去などがあります。それぞれに費用の面で違いがあるため、相場をよく見きわめたうえで状況に合った方法を選択しましょう。

場合によっては新品に交換するよりも修理ですませたほうがコストをおさえられることがあります。また、転居の際にはアンテナを撤去する必要がありますが、その場合の費用も設置の段階から見積もっておくとあわてずにすみます。交換、修理、撤去。それぞれの費用相場と注意点についてまとめました。


テレビアンテナの状況を調べる方法

ある日突然テレビが映らなくなる、という事態を防ぐためにも、日頃から定期的にアンテナの調子をチェックしたいですよね。チェック方法はタイプによっても変わってきます。

従来型の八木式アンテナの場合は、本体よりも先に周辺の固定金具のほうが劣化するケースが多いようです。屋外の目立つ場所に設置するタイプなので雨風にさらされやすく、どうしても劣化が早く進んでしまうんですね。目で見て劣化がはっきりとわかる場合はもちろんのこと、金具を手で触ってみて固定が甘くなっている場合は早急なメンテナンスを行いましょう。

固定が少しゆるくなっている程度であればセルフメンテナンスでも間に合いますが、表面がサビていたり結合部が明らかに腐蝕している場合は撤去および新品への交換をすすめられるケースが多くなります。

一方壁面設置タイプが主流のデザインアンテナはサビや腐蝕による影響が少ないかわりに、内部にホコリが溜まることによる感度の劣化が起きやすいため、こちらも定期的なチェックが必要になります。


アンテナの修理方法は?

アンテナを修理する際は、まず故障の原因を突き止めるために、状況を把握することから始めます。台風などによる傾倒や被雷などでアンテナ本体が破損した場合、状態によっては立て直して角度の調整を行い破損箇所の部品交換で修理する必要があります。ただ破損の状態が酷ければ、アンテナ本体の交換を余儀なくされることもあります。

気象に関係なく不調をきたした場合は、同軸ケーブルを繋ぐ部分の故障か接続不良が考えられます。また分配器やテレビのプラグやコンセントの不具合と言ったこともありますので、まずは手が届く範囲内のことは確認してみたほうが良いです。

また、戸建てのアンテナは、屋根の上など高所での作業になるため、危険回避の意味でもプロにお願いするのが正しい判断と言えるかもしれません。プロは各種のテスター類を駆使して不良箇所を特定するので、より早い復旧が望めます。


テレビ端子の修理方法は?

アンテナに異常がなかった場合、壁面のテレビ端子からテレビの背面にある端子までに接続不良がないか確かめてみる必要があります。特に、緩みや脱落がないか、ケーブルに劣化や破損がないか、一通り点検してみてください。また一つの端子から地デジとBS・CSを受信している場合、壁面からテレビまでの間に分配器を使用しているので、その不具合も考えられます。

テレビ端子の接続に不具合があった場合、業者に頼まずにDIYで修理することもできますが、最近では家電量販店やスーパーの家電売り場などで、テレビ端子や分配器を様々に組み合わせた同軸ケーブルが販売されているので、用途に合わせて購入すると面倒な手間が省けると思います。日頃から定期的に配線や接続をチェックするのも、トラブルを未然に防ぐ方法だと思います。


困ったらアンテナ業者に頼もう!その費用相場は?

思いつく範囲内で何とか修理を試みてみたけれど、どうしてもうまく行かない時は、無理をせずにアンテナ業者にお願いするも、賢い選択かもしれません。

なじみの電器店や業者があれば心強いのですが、アンテナの故障具合によっては新しいものを購入することになりますので、近所の知人のアドバイスやネットでの口コミを参考にして、業者選びをしたほうが良いでしょう。費用に関しては、本体価格によっても異なりますが、アンテナを交換の場合は20,000から50,000、テレビ端子を修理した場合部品代込みで5,000から20,000が相場なようです。

屋根の上のアンテナを修理する場合、屋根の修理業者に直接頼んだほうが中間マージンがカットされるのでお得になる場合もあるそうです。アンテナの修理は緊急性の高いものだからこそ、失敗のない業者選びをして欲しいと思います。


テレビアンテナを交換する際の費用を押さえるポイント

テレビアンテナの交換費用は、本体価格だけではおさまりません。ほとんどのケースで周辺の固定金具なども同時に取り替えることになるため、それぞれの部品の費用もトータルコストに含まれます。費用を少しでも抑えるのであれば、同じ業者に一貫して工事を依頼するのがおすすめです。

アンテナを設置した時と同じ業者に交換を依頼するとサービスとして工事料金や部品代を割り引いてくれる場合があります。同じ内容の工事を安い費用で依頼できるのですからお得ですよね。価格面での割引が受けられない場合でも、新規工事であれば必要となるオプション料金を実質0円にしてくれる業者もあり、アンテナを設置する段階で業者によく確認しておきましょう。

費用を安く抑えようと交換部品を最小限にとどめる人がいますが、あまりおすすめできません。部品の劣化は同程度に進むものであり、古いものと新しいものを併用すると新しいほうに過度な負担がかかりやすくなるため、すべての部品を同じタイミングで交換したほうが結果的に手間と費用を節約できます。


まとめ

テレビやアンテナに限らず家電製品の故障は、何の前触れもなく突然起こってしまうものです。いざと言う時に備えて、近所の電器店と懇意にしておくとか、身近で評判の良いアンテナ工事の業者を把握しておくのも、安心して暮らしていくための知恵だと言えるかもしれません。