屋根裏での地デジアンテナ設置、可能な家にするには?

屋外設置にはない多くのメリットがある屋根裏へのアンテナ設置。しかしながら、すべての住宅の屋根裏に取り付けられるわけではありません。いくつかの条件を満たさなければ屋根裏への設置は不可能であり、また強引に設置したとしても後々予期せぬトラブルが起きる可能性があります。

アンテナを安全に屋根裏で稼働させるためのポイントを把握し、失敗のないアンテナ工事を依頼しましょう。通常の屋外設置とは料金も異なるため、費用相場についてもまとめました。

屋根裏にアンテナ設置するための条件とは

アンテナ設置を検討する前に、まずは屋根裏という場所の特性を把握しておきましょう。大前提として、遮蔽性が高く電波が通りにくい空間であることを理解する必要があります。そのため、もともと受信感度の弱い小型のタイプを取りつけてしまうと性能が充分に発揮できず、テレビがまったく映らないということになりかねません。

従来型はサイズが大きいため、設置を検討するのならスペースをあらかじめ広く確保しておくことが重要です。方角も重要で、電波を受信する方向に強力な遮蔽物がある場合、テレビを映すのに充分な電波が拾えないことになりますので、工事前に家の近隣に何があるかを入念に把握し、確実に電波レベルが高いと判断される場合にのみ設置を検討しましょう。

新築の場合は設計の段階からスペースを確保することができるため問題はありませんが、すでに住んでいる家でしかも密閉性が高い場合そのままではアンテナを置けません。正しくリフォームすれば置けるようになりますので、詳しくは専門業者に御相談ください。

屋根裏に設置できる地デジアンテナとはどんなものがあるのか

屋根裏に設置する場合、薄型でスペースをとらない小型タイプが標準的な選択肢となります。日本国内で現在販売されているものではデザインアンテナがそれにあてはまり、受信感度が一定レベル以上であることが条件となります。ここ数年主流になりつつあるブースター内蔵型であれば遮蔽性の高い屋根裏でも受信感度を保つことができ、従来型と変わらない電波レベルを確保することができます。

デザインアンテナならば機種によってはBSやCSも内蔵されているため、地デジ以外のチャンネルを楽しみたい方にはおすすめです。ただ、ブースター内蔵型であっても電波障壁が完全にクリアになるわけではならず、ブースターによって補強しても電波が一定レベルに届かない場合は屋根裏への設置そのものが不可能となる場合もあるため、専門業者のアドバイスをよく聞いておきましょう。

従来型のタイプを屋根裏に設置することも可能ですが、その場合はそれ相応の広いスペースが必要となり、なおかつ空間強度も求められるため、新築やリフォームの際に工務店と入念に打ち合わせをしましょう。

屋根裏での地デジアンテナ設置費用の相場は?

屋根裏へのアンテナ設置は、どこの業者もオプション工事として請け負っています。費用の内訳はアンテナ本体と固定金具の料金に屋根裏手当が加算されたもので、手当の項目は業者によって微妙に異なるため現地調査や見積もりの段階で業者に確認しておきましょう。

料金としてはベランダや屋上への設置と比較して格別に割高というわけではありませんが、屋根裏設置での標準選択となるデザインアンテナが従来型よりもやや高価なため、結果としてトータルコストがかさんでしまうようです。

そもそもの前提として、屋根裏へのアンテナ設置は現時点では特殊なケースであると理解しておきましょう。たいていの業者は屋根裏への設置をあまり積極的には勧めていません。理由は電波の不安定性にあり、ただでさえ電波の入りにくい屋根裏にアンテナを設置することは業者としては想定していないようです。

また、構造的にも屋根裏はアンテナを設置することを考えて設計されておらず、設置後にどのようなトラブルが生じるかはプロにも予測できない、というのが本音のようです。