東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

地デジアンテナ工事業者はこうやって決める!東京編

テレビアンテナ設置の工事業者を選ぶうえで欠かせない判断基準は料金です。安いかどうかだけでなく、相場と比較してあまりにもかけ離れていないか、適正価格で請け負っているかなどのポイントをきちんとチェックする必要があります。特に初めてのアンテナ設置の場合は情報を入手するプロセスがわからず、広告などで目についた業者にとりあえず依頼してしまうケースが多いようです。グレーゾーン業者にひっかからないためにも、おおよその料金相場やクチコミの上手な活用法などを解説します。


Contents

まずはアンテナを選ぶための基準を知ろう

地デジアンテナの性能は、電界強度と電波利得によって比較できます。電界強度とは電波を拾う力の強さのことで、この数値が高いほど必要なサイズは小さくなります。お住まいの地域の電波強度を知るには、近隣のマンションなどに設置されているアンテナの種類を観察するのが手っ取り早い方法です。ただし同じ地域でもマンションの構造や部屋の階数などによって電界強度は微妙に異なるので、工事前に業者によく確認しておきましょう。

電波利得とは感度のことで、こちらも数値が高いほど電波を効率よく拾えることを表しています。電波利得は必ずしもサイズに比例するわけではなく、小型のタイプでも本体の性能がよければ電波効率もよくなりますので、そのあたりも専門スタッフに相談しましょう。これ以外に性能を比較する指標としては素子数があります。基本的に素子数が多いほうが性能がよいと言えますが、電界強度によって最適なサイズと素子数がきまってきますので、自分だけの判断で必要以上に高価なものを設置しないようにしましょう。


地デジアンテナ工事ができる業者の種類と選び方

地デジアンテナの工事をする選択肢は、自分で行うこと、大手電気屋にて依頼すること、アンテナ工事の専門業者に依頼すること、地元の電気屋さんに依頼すことの4つが考えられます。

まず、自分で行うのはよほどの自信がない限り行わない方が懸命です。ケガの危険などもありますし、知識がない状態で設置を行うと様々なトラブルが起きてきます。アンテナを購入した際に、大手の電気屋さんでそのまま依頼するという場合もあると思います大手電気屋さんの工事は、地元の電気屋を通して行われることが多く、その分値段も高くなることが多いです。

低価格に、安心して任せたいという方にはやはり専門の業者をお勧めします。電波状況の調査もしっかりと行ってくれますし、設置の知識や技術も十分に持っています。

それぞれにメリットとデメリットがありますのでよく検討することが必要です。


東京エリアのアンテナ工事の料金相場とは

テレビアンテナの設置料金は都道府県によって微妙に異なりますが、東京都はやはり工事料金はやや割高に設定されているようです。一般家庭向けのテレビアンテナ設置工事は大きく地デジ、BS、CSに分かれ、それぞれに相場があります。

もっともポピュラーな地デジアンテナ工事で本体と同軸ケーブルなどの周辺機器込みでおよそ2万円~3万円程度、3種類すべてを同時に取り付けた場合6万円~8万円あたりが適正な相場のようです。料金にばらつきが出る要因としては、提供する商品のレベルや固定器具の品質、あるいは人件費の割合が業者によって違うためと考えられます。

実際に工事を依頼する前にはネットのクチコミを入念にリサーチし、その地域でのおおよその適正価格を把握しておきましょう。近々にアンテナ工事を依頼した知り合いがいれば、その際の工事料金を聞いておくのも賢い方法です。適正公示価格を理解しておくことで、万一実態と会わない不正な金額を請求されたとしても毅然とした態度で拒絶することができます。


アンテナ工事業者を選ぶ際の注意点とは

工事業者を比較するうえでまず目につくのは料金面の違いではないでしょうか。工事業者は各社ともに料金で差別化をはかるため、業者ごとの特色が表れやすいポイントではあります。ただし、単純に料金だけで比較すると安い業者ばかりをピックアップしがちです。
工事のトータルコストをできるかぎり低く抑えることももちろん大切ですが、肝心のアンテナが粗悪品だったり、設置工事を粗雑に行われたりしたのでは意味がありません。そういう意味での追加コストは無駄になるばかりなので、ここで、アンテナ業者を選ぶ際の注意点を見ていきましょう。

1.見積もりの際に現地調査を行うか確認

現地調査では、専用の機械を使って電波状況を調べます。これは、アンテナ設置は、各家庭で電波状況が変わってくるためです。この現地調査を全く行わない、また、電波状況の調査を行わず、ヒアリングのみで見積もりを出そうとした場合は要注意です。

万が一そういった業者に依頼した場合、いざテレビを見ようとしても見られないというトラブルにつながりますので、必ず現地調査を行うか確認してください。


2.地デジアンテナ工事の見積が詳細に記載されているか確認

地デジアンテナの工事を依頼する際、まずは見積書をだしてもらってから比較検討し、実際にお願いするかどうかを決めるという方がほとんどなのではないでしょうか。しかし、あまり見たこともないものなので見積書の内容がよくわからないという方も多いと思います。

見積書に含まれている内容としては、まず設置するアンテナの金額が記載されています。そして、設置するために行う工事にかかる費用、ケーブルや支持材の金額、環境や必要に応じて使用することになる分配器やブースターの金額が加算されてきます。

この他にも、記載される項目はいくつかありますが、細かく記載されていない場合は不信感が残ってしまうので業者に確認することが必要になってくるでしょう。工事の仕方や、設置場所の環境によって必要なものはそれぞれの住宅によって変わってくるので、一つ一つ確認していくことが必要になります。


3.アフターフォローがあるか確認

保証制度の有無の確認です。アンテナ工事を行っている業者の中には工事だけ行って、アフターフォローがないところもあります。万が一保証がない業者に依頼してしまうと、施工後に問題が発生した時に、自腹で修理するなど余計な費用がかかってしまいます。保証期間の長さも含めて保証が付いているかどうかを確認しましょう。


東京エリアのアンテナ工事業者の評判を調べる方法

どの工事業者も最低限のアンテナ設置スキルと商品のクオリティをもっていますが、細かいところで見るとどの業者も同じというわけではありません。下調べを行わずに偶然見つけた業者に工事を依頼するのは一見手軽なようにも思えますが、グレーゾーン業者にひっかかる危険性が大変高く、アフターサービスの面を考えても得策とは言えません。

テレビアンテナは耐用年数が長く定期的なメンテナンスが必要な製品であり、業者とも長い付き合いになることをおさえておきましょう。工事業者の評判を知る最も手軽なツールはインターネットです。ネットのクチコミには東京都内の工事業者の長所と短所がコンパクトにまとめられているため、お住まいの状況と予算に合った業者を選ぶことができます。

しかし、クチコミの欠点は匿名性と、主観性の強さですね。ほんの一部ではありますが実際のデータに即していない不正確なクチコミも流れており、確認もせず鵜のみにするのは大変危険です。クチコミを参考にする際は管理の行き届いた大手のクチコミサイトにかぎるなど、自分なりの防衛手段を工夫しましょう。

まとめ

以上のように、東京には非常に多くの業者がありますが、きちんと細部までわかりやすい見積もりを出してくれるのか、アフターフォローをしてくれるのか、工事の際の技術はどうなのかなど自分なりの基準をしっかりもって事前にしっかりと調査をしてから業者を決めることで、満足のいく地デジアンテナ工事をすることができます。