東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

アンテナ設置工事を業者任せにしない!アンテナ知識の広場

アンテナについて、どれくらい知識がありますか?地デジアンテナはどんな役割りをしているのか、テレビを見るためにアンテナ以外に何が必要なのか、きちんと理解しているという方は意外に少ないのではないでしょうか。

自分の家にアンテナを付ける時に、業者に全て任せてしまうのは少し心配ですよね。自信をもって、アンテナ工事の選択ができるように最低限の知識は持っておきましょう。


そもそも地デジアンテナとはどんな役割をするのか

地上デジタル放送を見るために、絶対欠かすことのできないものが地デジ対応アンテナです。地上波テレビ放送の受信に使用するには、UHFアンテナとVHFアンテナの2種類があります。2つのうち、地上デジタル放送を受信するための電波の波長や特性に合わせられているのは、UHFアンテナです。

UHFとは、極超短波と呼ばれる300MHzから3GHzまでの電波で、この電波を受信することができるのがUHFアンテナです。テレビの放送では、470MHzから770MHzまでの帯域を使用しており、これを受信するためにはUHFアンテナが必要なのです。電波をきちんと受信できなければ、映像をみることは絶対にできませんので、地デジアンテナは、非常に重要な役割りをしているのです。


地デジ放送を観るための仕組みと必要な物とは?

テレビ局は、制作した番組を電波信号に変えて、電波塔に送信します。その後電波塔から各家庭に送信していきます。家庭では、送信されてきた電波をアンテナなどを使って受信します。受信した電波をテレビにつながり、制作した番組が映るという仕組みです。

テレビを観るためには、まず地デジを受信するためのアンテナを設置します。次に、地デジチューナーか、内蔵されている対応テレビが必要になります。放送電波、それを受信するアンテナ、それを映し出すチューナーとテレビ、これらが全てそろうことで、視聴が可能になります。


アンテナ設置工事の流れは?

アンテナの設置工事を実際に行う前に、基本的な工事の流れと必要な器具を知っておきましょう。基本的な工事の流れは、地デジ対応のものを屋根に設置後、アンテナから出ている配線を家の中まで持ってきて、テレビを見ようとしている部屋に繋ぎます。

必要な機器は、その環境によって変わりますが、すでにある場合には、その配線と新しいものの配線を混合器につなぎ、同時に使用できるようにします。そして、電波が弱い場合にはブースターと呼ばれる増幅器を使用して、安定して電波を供給できるようにします。その他にも、複数の部屋でテレビを見たい場合にはそれぞれのところに電波を行き渡らせるために分配器を使用します。

設置がすべて完了したら、テレビを視聴できるかどうかを実際に確認します。これできちんと各部屋で視聴できれば、工事完了となります。


まとめ

アンテナや、工事に関する基本的な知識について、少しはお分かりいただけたでしょうか?これらを知っているだけでも業者の方の説明や、工事の内容をきちんと理解することができますので、安心して業者にお願いすることができます。

そして万が一、疑問に思うことがあればきちんと進言することもできるのです。知らなければ、何も分からないまま全てが進み、上手くいかなかったとしてもどうしようもありません。ここで得た知識を少しでも活用していただければと思います。