東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

引き込み工事に違いはあるの?アンテナ工事するなら必見!

引き込みという言葉を別に表現すれば、アンテナに接続されたケーブルを住宅の各部屋(テレビ視聴をする部屋)にどのように、通して配するかということになります。対象の部屋の壁には、出力端子も設けられます。この引き込みが事前(既に建物全体で配線された状態)なのか、まったくされていない状態なのかで工事して対応する内容が変わってくるのです。その点についてみてみることにしましょう。


テレビ視聴のために引き込み工事を依頼したい

テレビ視聴のためには、アンテナに接続したケーブルを部屋まで引き込む必要があります。アンテナ設置場所から対象の部屋までの距離も関係してきます。工事するに当たり業者への依頼が必要になりますが、ここで考慮すべき点は、引き込むには、住宅に対しても何かしらの施行処置を講じる必要が出てくるので、単にアンテナ設置だけに特化した業者への依頼は避ける必要が出てきます。そうなると建築的な知識や資格を有する業者への依頼が必須となります。場合によっては、外壁や室内の壁に穴をあけるなど、住宅自体への工事も発生してきます。工事をする上で、既に引き込まれていて、室内に対しては各部屋にテレビ用の出力端子が設置されていれば、アンテナ設置をしてケーブルを最初の分配器などに接続することで、簡単に視聴が可能になります。この違いを先ずは見極めて欲しいと思います。


アンテナ工事から視聴までの流れとは

基本的にアンテナ工事から視聴可能になるまでの流れは、次のようなものとなります。業者選択では、見積書作成により明瞭な業者を選定します。見積書に基づいて設置に要するアンテナや必要機材の準備が行われ、工事日程などを調整して確定します。工事日に実際の設置工事が行われますが、アンテナの設置場所への取り付け、ケーブを分配器やブースターを介しての屋内に引き込みを行い、視聴する部屋に出力端子の設置もします。一通りの工事が完了すると、アンテナの向きや受信信号の状態、チャンネル毎の信号状態をチェックし、各チェンネルで良好な受信状態であることを確認します。このような流れで工事を行い視聴ができるようになります。設置以上に調整はしっかりと行いますので、時間も必要になってきます。


工事の際に気をつけるポイント

工事の際の注意点としては、やはり建物に対してアンテナをしっかりと設置固定することになります。特に屋外設置では、休風などの絶えうるように対策が必須となります。地デジなどはアンテナ方向が少しでも変わってしまうと、視聴に影響が出てきてしまいます。また、アンテナで受信した信号をどの程度の距離、引き回すかによって受信信号の損失が出てきますので、ブースターなどで受信信号を増幅した後に、各部屋へ引き込むようにしないと、やはり視聴に影響が出てきます。デジタル信号は、アナログと違い、一定の信号を受信できなければ全く視聴ができなくなります。画面が乱れつつもどうにか見られるアナログとは、ここが違うところになります。ですので、受信信号の損失を減らす対策は、特に注意が必要です。そうなると、良質なケーブルも必要になってきます。このような点をポイントにして工事をするのが良いでしょう。


まとめ

工事をする際の引き込みについてはいくつもあるわけではなく、前提として建物自体に既に引き込みが行われていて、アンテナ設置のみで済む場合と、アンテナ設置と同時に引き込みも行わない場合とに区別されるわけです。その点を確認して、工事に際して必要な機材を準備することで、工事自体をスムーズに進められ視聴が可能となります。設置後の電波受信状態には、特に注意をして確認することが大切になります。