東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

地デジのサポーター役、ブースターについて知ろう

地デジのチャンネルを視聴するために、アンテナと併せて欠かせないのがブースターです。アンテナが電波を受信しても、その電波が弱い場合や、複数のテレビを視聴する際の必須アイテムです。まさに、地デジの頼れるサポーター!そんな心強い味方、ブースターはどんな働きをするのか?どうやって設置したらよいのか?また、選ぶ時の注意点などについて考えてみましょう。


ブースターが必要なのはどういう時?

地デジの番組を視聴する際に欠かせない機器のひとつ、ブースター。ブースターとは、弱い電波や、何らかの理由で微弱になってしまった電波を増幅し、視聴できるレベルまで補強します。電波が弱くなる原因としては、電波の発信所からの距離が遠い、発信所との間にある高層ビルや山に阻まれて電波が届かない、アンテナとテレビまでの配線が長い、複数のテレビで視聴するため電波を分配している、などが考えられます。

受信する地デジの電波が弱くなると、受信レベルが低くなり、テレビを視聴できなくなったり、画面や音声が静止したり、モザイクのような模様が画面に現れたりします。これは、受信している電波が弱いことで起こる現象で、これらの弱くなった電波を増幅させるのがブースターの働きです。

地デジブースターの効果は、主に2つあります。まず一つ目の効果は、分配損失の補てんです。複数のテレビを視聴するためには、分配器を使って電波を複数に分けるのですが、電波は分けると弱くなります。つまり、入力した電波と出力される電波とでは、出力される電波の信号の大きさが減衰してしまうのです。この損失した値を、分配損失といいます。分配損失によって、アンテナレベルが低くなり、地デジ放送が正常に表示できなくなってしまいます。そこで、ブースターによって弱くなった電波を増幅させ、地デジ放送を視聴できるレベルまで補強するのです。

ブースターの効果の二つ目は、ケーブル損失の補てんです。アンテナにケーブルが接続されている場合、ケーブルの長さが10m以上になると電波の損失が起こります。さらに長いケーブルを使用している場合は、それだけ失われる電波も多くなります。そこで、ブースターによって電波を増幅させるのです。


ブースターの設置方法

それでは、ブースターはどのように設置したらよいでしょうか。設置方法についても確認してみましょう。

基本的に、ブースターはアンテナに近い場所に設置する、ということが重要です。ブースターは電波を増幅させる働きをしますが、電波そのものの質を向上させることはできません。ノイズの含まれる電波を増幅すると、ノイズ自体も増幅させてしまいます。そのため、電波の質を落としてしまう可能性のある機器や端末よりもアンテナに近い場所に設置する必要があります。アンテナに近い場所に設置することによって、よりノイズの少ない電波を増幅させることができ、結果的に質の良い電波を増幅させることになるのです。

ブースターの効果の確認として、総雑音指数を見る方法があります。これは、電波強度とは異なります。総雑音指数は受信する電波の質と関係があるので、総雑音指数が改善されると受信する電波の強度も改善することになります。

このような理由から、アンテナにより近い場所に設置すると良いのですが、分配器を使用する場合でも、電波を分配させてから増幅させるのではなく、ブースターで電波を増幅、補強してから分配すると良いのです。ブースターの効果を最大限に発揮します。できるだけアンテナの近くで一番良い設置場所はどこでしょうか。

それは、アンテナの真下です。しかし、この場所だと風雪の影響を受けるので、防水タイプのブースターを選択する必要があります。ブースターにはいろいろなタイプや種類があり、中には卓上型のブースターなど、室内に設置できるものもあります。しかし、アンテナに近いところに設置した方が効果が大きいので、アンテナの真下に設置できる屋外用のブースターの方が良いでしょう。


ブースターを選ぶときの注意点

ブースターには、いろいろな種類のものがあります。どんなものがあるのでしょうか。まず、屋内用と室内用の二つに分けられます。これは、現在の電波の受信状態によって使い分けましょう。

基本的に、ブースターはアンテナに近い場所に設置するのが最も効果が大きいため、屋外用のものをアンテナ真下に設置するのがベストです。現在の電波の受信レベルがかなり低いという時には、迷わず屋外用を選びできるだけアンテナの近くに設置しましょう。

電波の受信レベルはそれほど低くなく、ちょっとだけ補強したい程度、というような場合には屋内用でも良いでしょう。複数のテレビに電波を分配するという時にも、室内用の卓上型のものを分配器よりもアンテナ側の場所に設置する、という選択肢もあります。

卓上型には、工事費もかからず経済的に設置できるという魅力もあります。では、実際にブースターを選ぶときの、着目すべきポイントはどこにあるでしょうか。ポイントは、次の4つです。まず、雑音指数の少ないもの。次に、利得の多いもの。利得とは、信号を大きくする能力のことです。さらに、定格出力の大きいもの。定格出力とは、指定された条件のもと安全に達成できる最大出力のことをいいます。そして、最後のポイントは、BSやCSにも対応しているかどうか。以上の4つのポイントを参考に、選んでみてください。

そして、購入前のそもそもの確認点となりますが、ブースターの購入を検討されるということは、電波の受信状況に何らかの不安があるということだと思います。電波が弱い原因がどこかにないか、それは対処できないかを一通り確認しましょう。まずはアンテナとテレビの接続状況を確認してみてください。アンテナの方向の調整やケーブルの交換などで解決するかもしれません。


まとめ

電波の受信レベルを補強してくれるブースター。ファミリー世帯では複数のテレビがあることも当たり前になっているので、お世話になる方は多いでしょう。ただ、やみくもにどこにでも設置しても良いわけではなく、最大の効果を得られる場所、できるだけアンテナに近い場所に設置して、質の良い電波を増幅できるようにしましょう。様々な種類があるので、設置を検討されたら事前にしっかりリサーチして、最適なものを選ぶようにしてくださいね。