東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

地上波デジタルに対応する専用アンテナの種類について調べてみた

テレビを購入することで番組が視聴できるようになると思っているのだとしたら、それは間違いです。専用のアンテナで地上波デジタルを受信することから始まって、その情報をケーブルを経由してテレビに画面に映し出すというのが地上デジタル放送の仕組みです。
地上波デジタルが一般化した現在では色々な種類のものが流通しています。ここでは地上波デジタルを受信するための専用アンテナの種類やその違いについて比較していきたいと思います。


まずはここから!アンテナの基本と仕組み

東京でのアンテナ工事について考える前に、まずはアンテナの仕組みを簡単に把握しておきましょう。アンテナの役割は大ざっぱに言えば、「電波を電気信号に変換して利用可能なかたちにする」ことです。電波という目に見えないものを電気に変えているからこそ、私たちはテレビや携帯電話を使うことができるのです。

アンテナの機能には、電波の送受信・増幅・拡散があります。受信した電波は、そのままのかたちでは利用できません。受け取った電波をアンテナ内部で増幅することで充分なエネルギーを確保しているのです。

アンテナには指向性と非指向性があります。指向性は電波を受信できる方向が限定されるアンテナのことで、地デジのUHFアンテナやBSデジタルに使われるパラボラアンテナなどがここに分類されます。衛星放送用のアンテナの位置を少しでもずらすと画面が映らなくなるのはこのためですね。非指向性は逆にどの方向に対しても均等な感度で受信できるアンテナのことで、携帯電話に使われるロッドアンテナがこちらに入ります。

アンテナの種類には屋外用・屋内用・屋外屋内兼用とある

一般的に地上波デジタルを受信するための電波の感度で比較するなら、遮るものがほとんどない屋根の上に設置する屋外用の専用アンテナが一番効果的と言えるでしょう。しかし屋根の上の工事となるとやっぱり専門家に依頼することになりますので設置に費用が掛かってしまうという難点もあります。台風や雪の影響で方向が変わってテレビが映らなくなってしまったり、ひどい時には折れてしまう可能性もあり、こういった場合は、修理費用がかかるのが一般的です。
反対に屋内に設置するアンテナの場合は設置の費用もかからず、アンテナ自体の価格も良心的です。しかし、鉄筋やガス管、水道管などの金属類によって電波が遮られる可能性が高くなり、きちんと映像をテレビまで届けることができないことが多く、電波の強い地域でなければ、お勧めできない欠点があります。
屋外屋内兼用のタイプの場合多くは屋根裏などに設置することになるようですが、やはりこれも屋外に設置するものよりは電波が弱くなってしまうのは否めません。


電波とアンテナの関係とは

アンテナには、電波を発信するものと受信するものがあります。発信するほうは、高周波の電流を空中に電波として多く放射させるのがその役割で、受信するほうはその放射された電波を出来るだけ多く取り込むことが役割となっています。

電波の放射はアンテナの長さに大きく関係があるため、高層ビルが林立した都心では、その影で電波が届きにくいところがあるようです。そのためにテレビ塔として東京タワーよりもさらに高いスカイツリーを建設することで、ワンセグやマルチメディアといった携帯機器での快適な視聴も望めるようになりました。

目には見えないけれど、私達の周りには多くの電波が飛び交っているようですが、それぞれが定められた周波数の電波をきちんと受信して、私達の日々の生活に情報や娯楽を届けてくれているのです。


UHFだけじゃない!アンテナの種類いろいろ

一般的にアンテナといってまず思い浮かべるのはテレビ用アンテナでしょう。現在、地上波放送受信用でもっとも広く使われているのは、八木・宇田アンテナです。これは日本の研究者によって開発されたもので、シンプルで画期的な構造であることから今もなお東京を中心に多くのテレビ用アンテナとして採用されています。

地上波放送用としてアンテナ工事でも主流な八木アンテナですが、現在ではまったく新しい見た目のデザインアンテナが注目されています。八木アンテナは安定した性能をもつものの、魚の骨にも似たぶっきらぼうな見た目が弱点といえば弱点でした。その弱点を補ってくれるのが、デザインアンテナです。デザインアンテナは平面の薄型タイプなので、まわりから見てもほとんど目立ちません。性能そのものは八木アンテナと変わらないので、家そのもののオシャレさにこだわりたい人にはおすすめです。

強電界地域・弱電界地域によって使えるアンテナが違う

何のためにアンテナを設置するのか?その答えは至ってシンプルです。地上波デジタルを受信して地デジが視聴できるようにするためです。電波は障害物などによって乱反射し、まっすぐに届くとは限りません。そのため利用するエリアが電波の強い強電界地域なのか、受信しずらい弱電界地域なのかを知ることによって選択するべきアンテナの種類は必然的に決まってきます。
「八木式」と呼ばれる屋外設置専用のものなら電波の強弱に関わらず使用できますが、電波の弱い地域においては屋内専用のもので地デジを見ることは不可能です。同じ屋外専用でもデザイン性を重視して建物の壁面などに設置するタイプのものは電波感度が少々劣るといいますから選択する際には注意が必要です。


付けるアンテナによって観られるものも変わってくる?

では取り付けるアンテナの種類によって視聴できる番組に違いは出てくるのでしょうか?地上波デジタル専用のUHFアンテナを設置したら、あとは地デジに対応しているテレビにつなぐことで視聴は可能となり、その内容に違いはありません。
どのようなUHFアンテナを設置するかということで視聴できる番組が違ってくるということはなく、電波を受信できるのであればその地域で放送されている番組すべてが視聴可能になるということです。もしこれとは別にパラボラアンテナというものを設置するのであればBSやCS放送も視聴可能です。別途設置が必要になる理由は地上波デジタル放送とBSやCS放送の周波数帯が同じではないということが関係しています。


まとめ

このように地上波デジタル専用のアンテナには大きく分けて3つのタイプがあります。そのうちのどれを選ぶのかは電波の状況によってある程度決まってきます。テレビ電波の状況に合わせて住居を選んだりすることはほぼないと思いますが、稀に自分で手配しなければならないという物件もあるようなので、この機会に少し勉強しておくと役に立つかもしれません。