東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

ケーブルからアンテナへ!地上デジタルテレビで出来ること

ケーブルテレビと地デジ。どちらもアンテナを立てることで視聴が可能になりますが、データの送受信の方式には違いがあります。費用の面でも違いが生じるので、新築の購入や引っ越しによる新規工事を検討している方はコスト面も慎重に比較する必要があります。また、ケーブルテレビから地デジに切り替えた場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

実際に切り替え工事を依頼する際の注意点や工事費用、両者が現在でもシェアを分け合っている理由などについて簡潔にまとめています。


ケーブルテレビの罠とは、費用の問題が浮上

地上デジタル放送とケーブルテレビの決定的な違いは、月々の視聴コストです。地上デジタル放送は基本的にアンテナの設置費用だけで視聴できますが、ケーブルテレビは個々の提供業者との契約となるため、毎月の視聴料金が必要になります。料金は業者によってばらつきがありますが、おおよそ2000円から4000円の幅でおさまるようです。

新築ではこれにアンテナの設置費用が加算されるため、実際には1万円弱の導入コストということになります。集合住宅ではあらかじめ管理者との間で視聴契約が結ばれている場合があり、その場合は個別にアンテナを立てなくても入居したその日からケーブルテレビを見ることができます。

視聴契約の中には地デジも含まれているため自動的に視聴可能ですが、単純に民放のみを見ている場合は月々の視聴料を捨てている計算になるため、契約を見直す必要があります。民放にはない多チャンネルを楽しみつつ地デジも見たいという方にはケーブルテレビが有力な選択肢となります。


ケーブルからアンテナに変えることで出てくる変化とは

ケーブルテレビにあって地デジにはないメリットは多彩なチャンネルですが、逆に地デジにしかない良さと言えば画質の高さがあげられます。それまではアナログ方式だった電気信号の処理方法をデジタルに変えることにより、よりシャープで美しい画像表現が可能となりました。

地デジならではのもうひとつの特性は、双方向性です。放送を視聴者へ一方的に届けるだけだった従来のアナログ放送から双方向性をもたせたデジタル放送に切り替えることによって、たとえば視聴者のほうから番組に参加できたり、暮らしに役立つ情報を手軽に受信できたりするようになります。

地デジの最大の利点はやはり、視聴コストの低さです。視聴料が月々発生するケーブルテレビとは違い、初期工事費用をのぞけば実質無料で見られる地デジは、多チャンネル化を望まない視聴者にとってはお得な選択肢と言えるでしょう。

もちろん、地デジ、BS、CSと一括で契約できるケーブルテレビに入っておいて少しずつ見たいチャンネルを増やす、という判断も有力ではあります。


ケーブルからアンテナへ切り替える際の注意点

引っ越しや一戸建ての購入にともない、ケーブルテレビから地デジアンテナに切り替える方も多いのではないでしょうか。切り替え工事そのものはどの業者も請け負っているため手軽に依頼できますが、切り替えにあたってはいくつかのポイントに注意する必要があります。

工事前に必ず確認しておくべき事柄としては、契約内容と現在の視聴状況が挙げられます。視聴契約の中にBS放送が含まれている場合には切り替えにともなってBS放送が観られなくなり、新規のアンテナを立てる必要が出てきますので注意が必要です。切り替え前にはまず、現在の状況で地デジとケーブルテレビどちらがより需要が高いかということを慎重に比較しましょう。

たくさんのチャンネルから趣味に合うものを選びたいという方にはケーブルテレビがおすすめですし、限られたチャンネルしか見ないかわりにきれいな画像と双方向性を楽しみたい方は地デジに乗り換えたほうがメリットが大きくなるでしょう。