東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

地デジアンテナ、メーカーの実力が知りたい!

日本には現在、3社の地デジアンテナメーカーがあります。製品づくりにおいて重視するポイントはメーカーごとに異なり、それがそのまま各メーカーの特色となっています。ひたすらデザインで勝負するメーカー、使いやすさを追求するメーカー、生産コストを下げ価格の安さでユーザーに還元するメーカー。

それぞれに工夫をこらした製品を提供しています。いざという時になって迷わないように、今のうちからメーカーの情報を仕入れておきましょう。アンテナの買い替えを考えている方も御参考になさってください。


地デジアンテナを作っているメーカーは3社ある

地デジアンテナを生産している国内メーカーには、マスプロ電工、DXアンテナ、日本アンテナの3社があります。もちろんこれ以外にも東芝など、メーカーは多数ありますが、代表的な企業はこの3つであると言っていいでしょう。各社ともに従来型と平面型の両方を取り扱っています。結論から言うと、従来型のほうではメーカーによる違いはほとんどありません。もちろん素子数の違いによって電波利得などが多少変わってきますが、大きな意味での性能や価格はほぼ同じと言えるレベルです。他のメーカーも同じような状況のため、従来型に関してはメーカーを気にせずに選んでもよさそうです。

メーカーの特色が色濃く表れるのはむしろデザインアンテナです。性能を評価する指標となる電波感度はDXアンテナと日本アンテナのもので26素子相当、マスプロ電工が20素子相当となっています。価格で比べてみるとDXアンテナが若干安く、性能面でも価格面でも頭ひとつ抜けている印象があります。ほかにも細かい条件を比較したうえで現在の住まいに合ったメーカーを選びましょう。


各社のアンテナの製品情報と特徴やメリット・デメリット

日本を代表するメーカーとして、マスプロ電工、日本アンテナ、DXアンテナを挙げました。実際、この3社は国内のシェアの多くを占めています。業界トップのシェアを誇るマスプロ電工の特色は、商品ラインナップの幅広さです。スタンダードな従来型はもちろん、一般家庭用のものやコンパクトサイズの軽量型、ラジオ用のAMFM対応まで、小規模メーカーでは実現できない豊富な品ぞろえが最大の強みです。

日本アンテナのセールスポイントは、豊富な商品ジャンルに対応していることです。主力商品である地デジ受信用関連機器はもちろんのこと、CATV用周辺機器や無線関連用受信機器にいたるまで、通常の家電メーカーではなかなか見られない製品づくりでユーザーのシェアを獲得しています。ウェブページの見やすさも魅力のひとつで、まるでページをめくるように読み進められるデジタルカタログは何度でも見たくなります。

DXアンテナもまた、他社とは違った品ぞろえに活路を見出している企業のひとつです。一番の特色は介護分野に力を入れていることで、「ハイビジョンみまもりシステム」や「ワイヤレストーク」など、高齢化社会で必要とされる電子機器を積極的に開発しています。もちろんテレビ関連の商品も充実しており、アンテナやその周辺機器はもちろんのこと、高画質液晶テレビや高性能DVDレコーダーなど本業を忘れない品ぞろえで着実にシェアをのばしています。


4K8K放送に地デジアンテナはどう対応していくのか

テレビ放送は今や4K時代に突入し、8K時代の幕開けも近いと言われています。しかしながら、現在の放送規格では、有料CS放送以外には4Kの画像配信に対応できていないのです。つまり、せっかく送られてきた4K用の画像データを解析できる受像機が今のところ開発されておらず、CSに加入している一部の家庭以外はたとえ4K対応のテレビを買ったとしても実際に4K放送を楽しむことはできないのです。

いち早く4K用放送データの配信に踏み切ったのはCSで、つづいてBSが試験的な4K放送開始をひかえています。一般家庭に最もなじみの深い地デジに関しては総務省が当面は4K対応を行わないと公言しており、画質にこだわる家電ファンの期待を裏切る結果となりました。

現時点で家庭内で4K放送を見る方法としては、有料CS放送に加入する、4K対応用に加工されたネット動画を視聴する、などがあります。選択肢がかぎられていることが日本国内で4K放送がそれほど普及しない要因と言われています。だからといって現在購入している4K対応テレビがまったくの無駄かというとそうではなく、テレビ内部に搭載されたセンサーが画面の細かいノイズなどを修正してくれるためある程度は従来よりもきれいな映像で放送を楽しめるそうです。