東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

埼玉県と東京で比較!アンテナ工事を依頼する前に要チェック

アンテナを設置するにあたり、選択条件に強電波値域か中または弱電波地域かで機器の選択や設置方法なども変わります。当然のことですが東京スカイツリーという電波塔のお膝元である東京は電波が強く、それにくらべれば埼玉は弱くなります。この電波の強弱でアンテナ設置機器類の選択肢が変わってきますし、費用にも大きく影響してくることになります。電波の強い東京では、その点が顕著になってきます。


見積もりや電波調査に費用はかかるのか

地上デジタルテレビのアンテナ工事を始める前に、必ず行っておきたいことは、かかる費用の見積もりを出してもらうことと現地での電波調査です。見積もりを出してもらわないで契約し、工事に入ってしまうと実際に工事に入ってから必要な機器がでてきた、予定のものは使えなかったなどと理由を付けてどんどん値段が跳ね上がっていってしまうことがあります。

実際に請求されたのが、予定していたものとは全くかけ離れている高額なものになってしまった、なんていうこともあるのです。そうならないためにも、必ず現地での電波状況の調査をしてもらうようにします。そして、必要な機器やアンテナの種類を決めてから見積もりを出してもらいます。これらの工程には費用がかからない場合が多いですが、電波調査をせずに見積もりを出しているところもありますので、確認することが必要です。


どんな工事をしてくれるのか

基本的にアンテナは一定の指向性をもっています。設置をした場合に送信局や中継局に向けた設置をすることになります。また、送信局や中継局に向けた設置をしますが、その前に遮へい物となる建物などがあれば、それも考慮して設置位置を調整したりします。電波の飛んでくる方向に対して、できるだけ隔てるものがないような設置位置を調査することになるのです。

電波が弱い場合や引き込み距離や分配数が増えれば、ブースター(電波の増幅器)を取り付け、視聴品質を高める処置をします。なので工事自体も設置環境の調査をしっかりとすることで、ベストな位置にアンテナ工事で設置してくれるのです。アンテナ自体も電波の強弱を考慮し、最適な選択をします。


アンテナ設置だけじゃない?詳しい仕事内容とは

地デジを視聴するのにアンテナが当然のように必要なります。工事により設置をするのですが、単純にアンテナさえ設置すれば見られるから終わりというものではありません。先ずは、設置環境の調査が重要で、送信局の位置や距離、方向などがどのような状態なのかを確認します。

最も重要なのが設置しようとしている場所の電波レベルです。これによって設置する機器類が変わってきますし、設置方法などにも影響が出て来ます。アンテナ設置をすることで利用する部屋への引き込みから部屋の端子設置、電波状態の計測と調整はとても重要になります。設置しても肝心の電波レベルが一定量、確保出来なければ地デジの画面はブロックノイズ化したり静止したり、最悪は映りません。設置以外に大くの計測と調整が必要になってきます。


豊富なアンテナを提供!埼玉県よりも東京がお得?

アンテナの種類は色々とあり、電波の強さによっても選択肢があります。電波の強い東京では、低性能でも十分なので、幅広いアンテナ製品の選択ができるのです。東京に比べて埼玉は、電波が弱くなるので、東京で設置可能だった低性能アンテナは利用できなくなり、高性能寄りのものになります。

結果として東京の方が埼玉より選べるアンテナの種類は多くなります。そういう意味で東京の方が選べるアンテナは豊富になるのです。電波の強さで見れば、強電波値域は東京になり、中低電波値域が埼玉というザックリですがイメージできると思います。特に性能がやや低めなデザインアンテナを設置するとなると、埼玉より東京の方が格段に設置可能数は増えることになります。


まとめ

東京都と埼玉、比較すると設置する機器類が電波の強弱により変わってくるということが分かります。東京など強い電波値域では、全てのアンテナが設置可能なのに対して、埼玉など電波の弱い値域では、中から高性能なアンテナ設置が必須となり、その分が費用面に現れます。

逆に都道府県自治体で制定されている建設業積算単価(規準人経費)は、東京が全国で一番高く、埼玉などは、数千円程度も低くなるのです。トータルの工事費を見れば、東京と埼玉では一長一短があり、相殺されてしまい差があまりでないともいえます。但し、アンテナ選択の豊富さは東京に分がありそうです。