東京にお住まいでアンテナ工事でお悩み方はぜひ見てください!

アンテナの寿命?そろそろ替え時かなと思ったらここをチェック!

ご自宅のアンテナを取り付けたのはいつ頃で、どこに設置されていて、どんな形状でしょうか?意外ときちんと把握している方は少ないのではないでしょうか。TVアンテナにも「寿命」とされる年数があります。その時期を迎える頃には、少なくとも1度業者に点検してもらうことをおすすめします。アンテナの寿命と替え時の見極め方、さらに工事費用の目安や失敗しない業者選びについて、徹底解説したいと思います。


寿命はズバリ何年?!

アンテナの寿命とは、何年なのでしょうか?ズバリ答えるとするならば、「設置工事後10年」です。もちろん、外的要因をはじめとした様々な条件によって、その年は前後します。ただ安全面や画質について考えるならば、やはり設置から10年前後で1度、点検・メンテナンスを検討すべきです。寿命を迎える前に業者に点検してもらい、メンテナンスで済むのであれば新たに設置するよりも費用を抑えることも可能です。 10年という時期よりも早く寿命を迎えることも当然あるのですが、特に次のような条件に該当する場合にはこまめな点検をしておいたほうが良いでしょう。主に自宅の立地条件なのですが、たとえば自然災害の被害を受けやすい地域、海沿いのエリアなどです。アンテナは屋根の上や壁面に取り付けるのが一般的な方法ですので、必然的に天候的な要因は大きく影響します。積雪量や雨量の多い地域、台風の被害を受けやすいエリアなどは要注意です。また、アンテナを固定するための材料として金属が多く用いられることことから、海沿いだと錆びやすく早く傷んでしまうことが考えられます。 特にTVを視聴する際に問題がなければ、ついアンテナの状態、寿命などは見逃しがちです。しかし、いざ壊れてから慌てて対応するよりも、少し意識して早めの点検をしておきましょう。依頼する業者についても、余裕を持って考えておいた方が得策です。


素人でもわかる!アンテナの替え時

テレビを視聴するのに不具合を感じた場合は、やはりアンテナの劣化や故障を疑うべきでしょう。すぐにでも業者に依頼すべきかどうかの見極めポイントを解説したいと思います。もし設置工事からすでに10年以上経過しているのであれば、いずれにせよ点検を依頼すべきですが、知識として替え時の判断基準をご確認ください。 TVが映らない、もしくは画質が悪くなっているというケースですぐに確認すべきなのが、次の2点です。まず1つのチャンネルのみなのか、それとも複数のチャンネルで同様の現象が起きているのかです。もしTVの買い替え、設定のリセットをしたタイミングであれば、追加でチャンネル登録する必要があるケースも考えられます。次に、複数のTVで同じように不具合が生じているかどうかです。家庭内のTVどれか1台でも正常なのであれば、アンテナ以外が原因の可能性が高いでしょう。たとえば、TV自体の故障、ケーブル接触不良、抜けてしまっていることなどが考えられます。 上記の2点を確認して、やはりアンテナが影響していそうであれば、状態を確認してみましょう。具体的には、アンテナの方向き、本体の破損の有無についてです。落雷、大雪、台風などの自然災害が起きた後、TV視聴に不具合が生じている場合には特に、アンテナの状態を確認すべきです。もちろん経年劣化により傾きや破損につながることもあります。見た目にすぐ分かるようなレベルであればその状態を業者へ伝え、またそうでない場合には、自ら確認するのではなく業者に任せましょう。落下事故につながる恐れがありますので、素人がむやみに屋根などに上がって確認しようとしないことです。


アンテナ工事にかかる費用

一般的に用いられるTVアンテナは、その,ほとんどが国内メーカーの製品で、その価格自体は割とリーズナブルです。従来型の八木式アンテナであれば、3,000円~6,000円程度となります。壁面等への設置が可能なデザインアンテナは少し割高にはなりますが、それでもごく一般的なタイプなら1万円前後です。見て目にこだわらず、費用を抑えたいのであれば八木式にしておくと良いでしょう。ただ、設置するには工事費用が必要となり、他の家電等の設置工事よりも高額になります。それはやはり、専門の資格は必要ないものの、設置工事には危険が伴うためです。基本的には高所作業となりますので、その分やはり工事費は割高です。 資格が不要なため、費用を抑えるためにDIYで取り付けを行おうとする方もいるようですが、おすすめできません。他の家電等の設置工事よりも高額となることからも伺えるように、やはり危険性が高いですし、専門的な知識も必要となる作業なのです。危ないだけでなく、いざアンテナを設置してもうまく接続できておらずTV視聴ができないといったケースもあるようです。それから業者に依頼するとなると、逆に費用がかさんでしまうというリスクにもつながります。 業者に依頼した際の費用相場は、3万円~8万円程度だと言われます。アンテナ本体の寿命を迎える前にメンテナンスしておけば、長持ちさせることも可能ですので、やはり「アンテナの寿命」についてはきちんと意識しておき、早めの点検をするのが良いでしょう。


業者の選び方

寿命を迎えたアンテナはなるべく早く取り替えるのがおすすめですが、慎重な業者選びは欠かせません。設置工事を依頼した業者の保証期間内であれば同じ業者に依頼することとなるかと思いますが、そうでない場合には、改めて検討されると良いでしょう。 まずホームページを確認して施工実績や施工事例などを確認しましょう。料金システムがある程度明確に記載されているところが良いでしょう。また、実際に業者へ問い合わせをしてみることです。説明の丁寧さ、質問に対する応対から優良業者を見極めましょう。料金トラブルを避けるためにも、追加料金の有無については十分確認しておきましょう。そのためにも、訪問見積もりを行ってくれるところを選択するのも1つです。 さらに重要なポイントは、保証サービスについてです。工事自体は適切に行われていたとしても、様々な要因でアンテナが不具合を起こすことがあります。そういったときに、どれ位の期間、どの程度保証されるかは非常に重要です。また保証をしっかりとしてくれる業者は信頼できるかどうかの1つの目安ともなります。見積もり依頼をする前にも要確認ですが、契約する前には、特に追加料金の有無と保証内容については改めて業者に確認しておいたほうが良いでしょう。




まとめ

アンテナの寿命は約10年程度と言われています。自宅の立地条件や天候によって左右されますが、この年数を目安にして、早めの点検・メンテナンスをされた方が良いでしょう。それは安全を守るため、時には費用を抑えることにもつながります。また、工事業者も様々ですので、きちんと選んで優良業者に依頼したいものです。業者の実績、費用面や保証内容を中心に、比較検討してみてください。しっかりと業者選びをするためにも、やはりアンテナが寿命を迎えてしまう前に点検などを検討されてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする