デザインアンテナって何?東京エリアで実力発揮できるのはどこ?

従来型とデザインアンテナのおもな比較ポイントは、受信感度と価格、設置場所の幅広さです。それ以外にも設置費用やオプション料金、セルフメンテナンスのしやすさなども考慮に入れるべきでしょう。建物の構造上、デザインアンテナがどうしても設置できない場合もあるため、取付を依頼する際には工事業者にお住まいのエリアと状況をできるだけ細かく伝えましょう。平面アンテナの性能を最大限に引き出せる条件がわかれば、それに合わせて住まいを設計することも可能になります。

デザインアンテナってどんなもの?メリットやデメリットは?

テレビ用のデザインアンテナは平面アンテナともよばれ、コンパクトで薄型の見た目が特徴です。従来型と比較して軽量なのが大きなメリットで、持ち運びも容易なためセルフメンテナンスも比較的容易です。従来型とは異なり壁面設置が基本のため、強い風雨にさらされることが少なく、家電製品につきものの水気による劣化が起こりにくいのもユーザーにとっては注目ポイントです。

また、デザインアンテナは、色の選択によっては壁面と同化して目立たないものにすることが可能で、外壁や建物の雰囲気に合わせることができます。家の外観や雰囲気を壊さないように開発されたアンテナは、ただ電波を受信する存在から家の一部として一緒に選択できる、デザインに特化したものなのです。

真夏の強い陽射しに照らされる時間も短いため、外気温によって本体内部の温度が急激に上昇することも防げます。従来型よりも受信感度が弱いことがデメリットとして指摘されていましたが、ここ数年はブースター内蔵型も主流になりつつあり、これまでは設置に適さなかった電波レベルの低いエリアでもテレビ放送を受信できるようになってきています。

価格がやや割高なのも難点と言われていましたが、これからさらにニーズが増えて幅広いエリアに普及していけば適正価格も自然に下がっていくと思われます。

デザインアンテナを取り付けることが可能な住宅条件とは

デザインアンテナが設置できるかどうかを見きわめる条件としては、物理的なものと電波的なものがあります。物理的条件とはすなわち建物の構造のことで、デザインアンテナはどうしてもデフォルトでの受信感度が弱くなってしまうため、電波が遮蔽されやすい構造の建物では現地調査の段階で設置不可と判断される場合があります。

また、電波の指向性が弱いため微妙な角度調整がいらない反面、家の近くに強烈な電波を発する工場などがあるとノイズをたびたび拾いやすくなります。電波的な条件としては住宅周辺の電波レベルを調べればよく、曇りの日に一定の電波レベルが確保できなければ設置を見送るように業者からアドバイスされる場合があります。

最近ではブースター内蔵型のデザインアンテナが開発され、当初からの弱点であった感度の弱さはかなり克服されつつありますが、それでもやはり従来型に比べて電波状況の面で設置場所が限られるのは変わりません。これらをまとめると、周辺の電波環境が恒常的に良好で、なおかつ建物が電波を遮りにくい構造の場合にはデザインアンテナが有力な選択肢となります。

東京エリアでデザインアンテナがつけられるのはどんなところ?

デザインアンテナは基本的に、通常の電波レベルが高くなおかつ高層ビルなどの遮蔽物が少ないエリアで設置されます。また、エリアそのものの電波レベルは良好でも建物の構造によって電波が拾いにくいことがあるため、住宅の状況も含めて依頼時に業者に細かく伝えるようにしましょう。東京都では遮蔽物の少ない郊外エリアや、都市部でも電波ノイズが入りにくい地域では比較的設置しやすく、商品としても長持ちすると言われています。東京エリアでも、沿岸部では、潮風による劣化がどうしても激しくなり、商品としての寿命が短くなってしまいます。デザインアンテナには室内用の小型タイプもあるため、劣化を防ぎたい方にはそちらがおすすめです。

まとめ

太陽光発電パネルの普及で屋根のスペースを邪魔しないものとして注目されてきた、このデザインアンテナですが、実際の評判はというと見た目の良さ、取り付け、修理のしやすさや悪天候に左右されにくいということで評価され、数を増やしてきました。家の雰囲気と一緒にカスタマイズできるのは今までになかった新しい選択要素です。

外壁に色を合わせたり、ワンポイントとして雨どいなどに色を合わせてわざと目立たせるなど、家の一部として扱われるのが当然になる日がそこまで来ています。現在低い位置での設置がマイナスになっていますが、より性能の良いデザインアンテナが出てきているのでその心配も解消されるのではないでしょうか。

評判よりも、自身の目で確かめて最適なものを設置したいものです。